「十二回」とは?

関連ニュース

【高校野球】(甲子園)2018年春の第90回選抜高校野球よりタイブレーク制の導入が決定 - 09月19日(火)18:08  news

高校野球「来春センバツからタイブレーク制導入決定」 延長十三回から https://www.daily.co.jp/baseball/2017/09/19/0010568268.shtml  日本高野連は19日、大阪市内で来春の第90回 選抜高校野球大会の運営委員会を開き、同大会から延長戦での タイブレーク制導入を決めた。延長十二回までは通常の試合を行い、 決着が着かない場合は延長十三回からタイブレーク制とする。 走者など状況は今後協議される。  甲子園でのタイブレーク制導入は、選手の健康を管理するために、 以前から何度も議論されてきた。  しかし...
»続きを読む
カテゴリー:

【高校野球】来春センバツからタイブレーク制導入決定 延長十三回から - 09月19日(火)16:32  mnewsplus

 日本高野連は19日、大阪市内で来春の第90回選抜高校野球大会の運営委員会を開き、 同大会から延長戦でのタイブレーク制導入を決めた。延長十二回までは通常の試合を行い、 決着が着かない場合は延長十三回からタイブレーク制とする。走者など状況は今後協議される。  甲子園でのタイブレーク制導入は、選手の健康を管理するために、以前から何度も 議論されてきた。  しかし、「人為的な形で3年間の高校野球生活の決着をつけるのはどうなのか」、 「延長戦での名勝負がなくなる」などの意見が多く、保留されてきた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

広島、優勝マジック1=ソフトバンクも-プロ野球 - 09月14日(木)22:20 

 プロ野球は14日、各地で6試合が行われ、セ・リーグ首位の広島はDeNAに5-4で競り勝ったが、2位阪神が巨人と延長十二回の末、2-2で引き分けたため、優勝へのマジックナンバーは一つ減って「1」となった。2年連続8度目の優勝決定は16日のヤクルト戦以降に持ち越された。 パ・リーグでは、ソフトバンクがオリックスに7-4で勝ち、楽天が西武に1-2で敗れたため、マジックを二つ減らして「1」とした。 [時事通信社]
カテゴリー:

青木は無安打=イチローは代打で四球-米大リーグ - 09月13日(水)12:59 

 【シカゴ時事】米大リーグは12日、各地で行われ、メッツの青木はカブス戦に2番左翼で出場し、4打数無安打、1打点1得点だった。五回は死球で出塁して後続の犠飛で生還し、九回は二ゴロで打点を挙げた。メッツは3-8で敗れた。 マーリンズのイチローはフィリーズ戦の延長十回、代打で四球を選び、守備には就かず退いた。同僚の田沢は延長十二回から6番手で登板し、2回を無失点に抑えた。 [時事通信社]
カテゴリー:

明大、延長戦制し勝ち点=東京六大学野球 - 09月11日(月)18:53 

 東京六大学野球秋季リーグ戦第1週第3日は11日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が早大を延長十二回の末3-2で下し、2勝1敗で勝ち点を挙げた。 明大は2-2で迎えた延長十二回に途中出場の高瀬(3年、長崎西)の適時打で勝ち越した。先発の斉藤(4年、桐蔭学園)が10回3分の2を2失点(自責点1)と力投し、2番手の高橋(3年、向上)がリーグ戦初勝利。 [時事通信社]
カテゴリー:

13回でタイブレーク、近年の甲子園なら延長戦の1割台 - 09月19日(火)16:42 

 高校野球で延長戦の回数制限が十八回から十五回に短縮されたのは2000年から。以降の18年間で、春夏の甲子園で延長戦は計131試合あった。そのうち十二回までに決着がつかなかったのは、21試合。十三回か…
カテゴリー:

プロ野球:巨人引き分け 6年連続の対阪神勝ち越し - 09月14日(木)22:30 

 △阪神2-2巨人△(延長十二回 甲子園・14日)  巨人が引き分けに持ち込み、6年連続の阪神戦の勝ち越しを決めた。0-2の八回に陽岱鋼の適時打で1点を返し、九回に長野の適時打で追い付いた。
カテゴリー:

巨人が追い付く=プロ野球・阪神-巨人 - 09月14日(木)22:11 

 巨人が九回に追い付き、延長十二回の末引き分けた。阪神は一回に大山の左前打で2点先制。秋山が6回無失点と好投したが、救援陣がリードを守れなかった。巨人は八回に陽岱鋼の中前打で追い上げ、九回に長野の左前打で追い付いた。 [時事通信社]
カテゴリー:

プロ野球:巨人が九回に追いつき、引き分けに - 09月12日(火)22:35 

 ▽阪神5-5巨人▽(延長十二回、12日・甲子園)  巨人が九回に橋本到の左前打と相手の悪送球で追いつき、引き分けた。  阪神は一回、福留の中前打で2点先取、二回には4連打などで3点を追加したが、先発・藤浪が四回途中4失点と安定せず。延長戦に持ち込まれた。
カテゴリー:

東京六大学野球:明大、延長制し勝ち点 早大に2勝1敗 - 09月11日(月)18:10 

 東京六大学野球リーグ第1週第3日は11日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が延長十二回で早大を3-2で破り、2勝1敗として勝ち点1を挙げた。  明大は先発の斉藤(4年・桐蔭学園)が十一回途中まで投げ、7安打2失点(自責点1)と粘った。十二回に高瀬(3年・長崎西)の適時打で勝ち越した。(共同)
カテゴリー:

もっと見る

「十二回」の画像

もっと見る

「十二回」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる