「医療費」とは?

関連ニュース

フロイント産業、投薬ミスや取り違え防止 錠剤用印刷装置の販売強化 - 04月24日(火)05:35 

医薬品製造機器メーカーのフロイント産業は、錠剤の表面に印刷する装置の販売を強化する。高齢化に伴う医療費の拡大を抑制するため、「スイッチOTC(医療用医薬品から転…
カテゴリー:

健保組合 平均保険料率11年連続増加 1人当たり48万円余 - 04月24日(火)04:37 

大企業の従業員らが加入する健康保険組合の今年度の平均の保険料率は、高齢者の医療費を賄うための負担金が財政を圧迫している影響で11年連続で増え、労使双方の負担を合わせた1人当たりの年間の平均保険料は48万6000円余りとなる見通しです。
カテゴリー:

【保険】保険料は誰のため? 苦境の健保組合、4割は高齢者へ - 04月23日(月)19:57  bizplus

健康保険組合連合会(健保連)は23日、2018年度の予算集計を公表した。健保組合は、多くの会社員が自身の病気やケガへの備えと考えている医療保険制度だが、従業員と企業が負担する8兆円余りの保険料収入のうち、4割強は高齢者の医療費を賄うための「仕送り」に回る。その苦境をみると、誰のために保険料を払っているのか、との疑問も浮かぶ。  「もはや保険とはいえない」。健保組合の関係者はいう。「保険」とは本来、… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29710730T20C18A4EE8000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

介護保険料の計算方法、第1号・第2号被保険者ごとに解説 - 04月23日(月)10:09 

●第1号被保険者の介護保険料はどう決まる? 高齢者になれば、多くの人が介護保険を必要とするだろう(写真と本文は関係ありません) 若い世代にとって介護保険料は、なんとなく理不尽感が否めないかもしれません。しかし、健康保険や介護保険はその名の通り「保険」です。不測の事態に家族が困らないように加入する生命保険の保険料と、基本的には変わりがありません。幸運なことに有事が起きなければ、掛けてきた生命保険料は不運な誰かのために使われます。 介護保険も基本は同じで、社会全体で支えるために介護保険制度が導入されました。そのため、若い世代が高齢者を支える意味合いがあります。しかし、介護保険の保険料を高齢者だけが負担するとなると、自分が高齢者になったときに多大な保険料を負担しなければならないでしょう。年金生活では、とてもまかないきれない額かもしれません。では、具体的に介護保険料はどのようにして計算されるのでしょうか。 厚生労働省が発表している「介護費用と保険料の推移」によると、介護保険の総費用は2000年(3.6兆円)から2012年(8.9兆円)の間に約2.5倍、保険料は約1.7倍となっています。支払う人数などにもよりますので、総費用の上昇率がそのまま保険料の上昇率とはなりませんが、負担者が少なければ、保険料の上昇率の方が高くなる可能性もあります。 ○第1号被保険者の計算方法 第1号被保険者...more
カテゴリー:

【健康保険組合】健保組合2割「解散予備軍」税投入膨らむ恐れ 高齢者医療費の負担増大 - 04月23日(月)07:15  bizplus

日本経済新聞 電子版 2018/4/23 0:00 (この記事は会員限定です。記事元で電子版に登録すると続きをお読みいただけます。) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2970103022042018SHA000/  大企業の社員らが入る健康保険組合の財政が悪化している。全国約1400組合の2018年度予算によると、 平均の保険料率は年収の約9.2%(労使折半)と11年連続で上がる。2割強の300超は、国所管の全国健康保険協会 (協会けんぽ)の保険料率以上になり、存続の利点が少ない「解散予備軍」だ。高齢者の医療費を支える負担が 重いのが原因。...
»続きを読む
カテゴリー:

高齢者をカモにする、居住マンション「リースバック詐欺」の手口 - 04月24日(火)05:00 

以前掲載の記事でも詳しくお伝えした、マンションを売却した後もその部屋に住みながら買い主に家賃を払う「リースバックス方式」ですが、最近この手法を悪用し、高齢者をカモにする業者が増えているそうです。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では、著者でマンション管理士の廣田信子さんが直接耳にしたという「詐欺まがいの手口」を紹介するとともに、そんな悪徳商法の被害に遭わないために消費者サイドが注意すべきことについて記しています。 修繕積立金大幅値上げの不安を利用する「リースバックビジネス」 こんにちは! 廣田信子です。 あるマンションで、「リースバック」について、ちょっとした事件があったとお話を伺いました。「リースバック」については過去記事で紹介しています。 ● 自宅を売却して家賃を払う「リースバック方式」のメリットって? 「リースバック」とは、マンションを売却し、その住戸をそのまま使用しながら買い主に家賃を支払う方式です。高齢者の方が、住み慣れた自宅にそのまま住み続けたいけれど、介護費用や医療費がかさみ、負担し切れない…、認知症と診断された一人暮らしの方が、できるだけ自宅で生活したいけど、今のうちに不動産は売却して現金に換え、子供たちが介護費用に困らないようにしたい…、そんなときに活用が考えられます。でも、これがビジネスとなると、本来の趣旨から外れ、高齢者がカモにされる可...more
カテゴリー:

【健保組合】23%で解散の恐れ…高齢者分の負担増大 - 04月24日(火)01:44  newsplus

◆<健保組合>23%で解散の恐れ 高齢者分の負担増大 健康保険組合連合会(健保連)は23日、大企業の会社員らが加入する健保組合の今年度予算集計を公表した。 赤字になるのは1389組合の6割超。 平均保険料率は前年度比0.051ポイント増の9.215%と11年連続で上昇し、約23%の313組合は中小企業向けの協会けんぽの保険料率(平均10%)を上回って解散してもおかしくない状況にある。 高齢者医療への負担の増大が財政悪化の要因で、解散が広がれば、協会けんぽへの補助金として税金の投入も膨らむ見通し...
»続きを読む
カテゴリー:

【保険】保険料は誰のため? 苦境の健保組合、4割は高齢者へ - 04月23日(月)11:58  bizplus

健康保険組合連合会(健保連)は23日、2018年度の予算集計を公表した。健保組合は、多くの会社員が自身の病気やケガへの備えと考えている医療保険制度だが、従業員と企業が負担する8兆円余りの保険料収入のうち、4割強は高齢者の医療費を賄うための「仕送り」に回る。その苦境をみると、誰のために保険料を払っているのか、との疑問も浮かぶ。 「もはや保険とはいえない」。健保組合の関係者はいう。「保険」とは本来、… 2018/4/23 11:45 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29710730T20C18A4EE8000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【健保】健康保険組合2割「解散予備軍」 高齢者医療費の負担増大 税投入、膨らむ恐れ - 04月23日(月)08:07  newsplus

 大企業の社員らが入る健康保険組合の財政が悪化している。全国約1400組合の2018年度予算によると、平均の保険料率は年収の約9.2%(労使折半)と11年連続で上がる。 2割強の300超は、国所管の全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険料率以上になり、存続の利点が少ない「解散予備軍」だ。高齢者の医療費を支える負担が重いのが原因。 健保組合が国所管に移れば、税金で支える対象者は増える。高齢者の医療支出の抑… 2018/4/23付朝刊 日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます https://www.nikkei.com/article/DGK...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜ米の医療費は世界一高いか?ハーバード大が出した驚きの結果 - 04月23日(月)04:30 

世界でも医療費がとてつもなく高額なことで知られている、アメリカ合衆国。なぜアメリカは日本の何倍も高い医療費がかかるのか、メルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』の著者で現役医師の徳田安春先生は、その原因が最近の研究によって「3つに集約される」ことが判明したといいます。やっと謎が解けたという、アメリカの膨大な医療費の理由とは? 医療費の国際比較でわかるアメリカの膨大な医療費 先進国のなかでアメリカの医療費がダントツに高いことは有名です。GDP当たりでみると、他の先進国の医療費は約11%ですが、アメリカの医療費は約18%です。ちなみに医療費比率のもっとも低いオーストラリアでは約10%。最近出されたハーバード大学の研究結果で、その要因が明らかになりました。 驚くべきことに、アメリカの医療費が高い要因は、これまで考えられていたこととは異なっていたことが、その研究から判明しました。これまで想定されていた要因は、医療機関への受診や入院が多いこと、臓器別専門医が多いために高額な医療手技が多いこと、などでした。 しかしハーバード大学の研究結果ではこのような要因は否定されました。日本を含めた他の先進国10カ国と比べた結果、アメリカでの医療機関への受診や入院は、実際には少ないことがわかりました。 アメリカでは、臓器別専門医が特に多いわけでもなく、他の先進国10カ国の平均と比べて、プライマリケア専門医...more
カテゴリー:

もっと見る

「医療費」の画像

もっと見る

「医療費」の動画

Wikipedia

医療費(いりょうひ, Health expenditures)とは、一年間にその国の国民が保健および医療に投じた費用の合計。公的支出(社会保障支出)と個人支出(自己負担)の両方が含まれる。これはその国の保健医療支出推計 (National Health Accounts, NHAs) として勘定される。

概要 医療資源調達費用

医療施設は医療資源である「人・物・金」を市場から調達する。医療資源は医師・歯科医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師・その他医療スタッフなどの「ひと」、医療機器・検体検査・医薬品・設備や施設などの「もの」、運転資金などをいう。市場原理によってより良い医療資源を確保してより良い医療を提供することが可能になるという考え方にもとづいているが、医師や看護師が条件が良い医療機関・診療科目や都市に集中したり、立ち去りも自由であるため、診療科や地方によっては不足(枯渇も)するなどの現象が起こりうる。

医療資源を集中させて医療の効率や医療機能高度化を図ると同時に、受診の容易さや医療内容の平等性等のためには医療資源の分散化も必要である。医療資源の集中と分散のバランスを保ちながら、医療費増加を制御する必要があり、その舵取りは難しい。

ドクターフィーとホスピタルフィー

医療費を医師による疾病の診断と治療に必要な費用(ドクターフィー的な費用)とそれ以外の費用(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる