「医療福祉」とは?

関連ニュース

ビタミンD、コラーゲン、ホルモン療法... 美容効果の研究は進んでいる  日本美容皮膚科学会2017レポート(3) - 08月18日(金)12:00 

大阪市で開かれた日本美容皮膚科学会では、他分野の専門家からの最新情報も報告された。2017年 7月30日のシンポジウムでは食品やホルモンも美容に大きく関係することが明らかになった。 ビタミンDに予想外の効果 大阪大大学院医学研究科の森下竜一教授 (臨床遺伝子治療学) は機能性表示食品を紹介した。企業の責任で届け、有効性を表示できる制度が2015年 4月にできてから約100 成分約1000食品が市販された。肌の水分保持に役立つヒアルロン酸など美容関係でも登場している。医療機関でこうした食品を売ることもできる。 東京慈恵医大分子疫学研究部の浦島充佳教授 (疫学) はビタミンDに予想外の効果が見つかっていることを報告した。比較試験でビタミンDサプリメント投与群のインフルエンザAの発症率は10.8%に対し、プラセボ(有効成分の入っていない偽薬)投与群は18.6%だった。さらにはぜんそく、急性気道感染症などの予防効果も見られた。浦島教授はそのほか多くの病気にもビタミンDが有効と考えている。 京都大大学院農学研究科の佐藤健司教授 (応用生物科学) は生体たんぱく質コラーゲンを小さくしたコラーゲンペプチドの効果に言及した。サプリもあり、 3分の1 はそのまま吸収される。50代超の女性では皮膚の弾力が増加、45歳から50歳女性でシワが減ったとのデータが出ており、床ずれ改善効果もある。 閉経後のホル...more
カテゴリー:

【教育】オープンキャンパス 子どもと一緒に参加する保護者が増加 - 08月16日(水)16:48  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170816/k10011101631000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 夏休みに合わせて各地の大学で開かれているオープンキャンパスには、学生生活の一部を体験しようと多くの高校生が訪れています。最近では、子どもと一緒に進路を考えようと参加する保護者が増えています。 神奈川県小田原市の国際医療福祉大学の小田原キャンパスで、16日に開かれたオープンキャンパスには、多くの高校生が訪れました。 このキャンパスには、看護師や理学療法士、作業療法士の資格を目指す学科があり、...
»続きを読む
カテゴリー:

<東松島市>医療福祉再生や教育振興へ連携 東北文化学園大と協定 - 08月14日(月)09:11 

東日本大震災で被災した東松島市は、東北文化学園大(仙台市)と包括連携協定を結んだ。互いの資源を生かして地域社会発展や人材育成などを目指す。 主な連携内容は(1)保健・医療・福祉の向上(2)教育・研究・
カテゴリー:

妊娠5ヶ月の体験談「胎動を感じた」「泣きたくなるほど辛い」安定期の心境は? - 08月09日(水)19:30 

安定期に入り、少しずつお腹が目立ち始める妊娠5ヶ月。戌の日に安産のお参りをするのもこの時期ですよね。そんな妊娠5ヶ月頃のママたちは、どのような喜びや不安を感じていたのでしょうか。本音を聞いてみました。 妊娠5ヶ月、プレママ・ママたちが嬉しかったエピソード 安産祈願をしたこと ・ようやく少し落ち着き、両親と共に腹帯を持って安産祈願をしに行った。腹帯に印を押してくださり、それを見ると昔からみんなこうして赤ちゃんの誕生心待ちにするんだな。と、命をつないでいく喜びを感じた。(35歳/0歳児・3歳児・5歳児/パート・アルバイト/その他) ・この頃は精神的にも落ち着き、ゆったり過ごしていた。特にご祈祷を受けたりもしなかったが、家族から安産祈願のお守りをもらったのが嬉しかった。(38歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁) ・旦那の実家がしきりに子供の心配をしており、安産祈願をしてくれた。(36歳/1歳児・3歳児/主婦/その他) 妊娠5ヶ月頃は安産祈願をしたというママが多数。戌の日に腹帯を持って神社でお参りをしに行ったり、安産祈願のお守りを買ったり貰ったりしたというエピソードが多く挙がりました。 マタニティーグッズ・赤ちゃん用品の買い出し ・赤ちゃん用品を徐々に揃えなきゃと思い、いろいろなお店に行ったことがとても楽しかったです。(29歳/1歳児/主婦/その他) ・母と久し...more
カテゴリー:

お盆の帰省、子どものために「持って行けばよかった!」と後悔したものは? - 08月09日(水)10:30 

もうすぐお盆シーズン。子連れでの帰省は何かと大変なこともあるだろう。移動中に子どもが飽きてしまわないか、滞在中もご機嫌でいてくれるか……そんなことを考えていると、何を準備すべきか悩んでしまう人も多いのではないだろうか。 そこで今回は、小学生以下の子どもを育てる女性マイナビニュース会員166名に「実家・義実家への帰省時、子どものために『持って行けばよかった!』と後悔したものはあるか」聞いてみた。 Q.実家・義実家への帰省時、子どものために『持って行けばよかった!』と後悔したものはありますか はい 56.0% いいえ 44.0% Q.「はい」と答えた方にお聞きします。持って行かずに後悔した物は何ですか? ○「食べ物・食器など」 ・「お菓子」(27歳/沖縄県/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連) ・「まぐまぐ」(29歳/茨城県/官公庁/事務・企画・経営関連) ・「好きなジュース」(41歳/兵庫県/その他/その他・専業主婦等) ・「スプーン」(29歳/千葉県/医療・福祉・介護サービス/事務・企画・経営関連) ・「離乳食の食器」(36歳/岩手県/その他/その他・専業主婦等) ・「フードカッター」(32歳/大阪府/その他/その他・専業主婦等) ・「ベビーフード」(26歳/東京都/その他/その他・専業主婦等) ○「おもちゃ」 ・「折り紙やお絵かき帳」(46歳/埼玉県/その他...more
カテゴリー:

学研ホールディングス 第3四半期は医療福祉サービス事業が業績下支え - 08月18日(金)08:24 

学研ホールディングス<9470>は10日、2017年9月期第3四半期連結業績を発表した。
カテゴリー:

【大学受験】全私大医学部が参加、国内最大規模「私立医系大入試相談会」9/2 - 08月16日(水)12:45 

 明光ネットワークジャパンの子会社である医学部進学専門予備校の東京医進学院は、9月24日に「2018年度 私立医系大入試相談会」を開催する。会場はホテルグランドヒル市ヶ谷。対象は医系大学への進学を目指す受験生とその保護者などで、定員は300名。入場料は無料だが、事前申込みが必要。 「私立医系大入試相談会」は、全私立大学の医学部をはじめ、全国から36校の大学が参加する国内最大規模の医系大入試相談会。医学部・歯学部・薬学部・獣医学部が一堂に会するため、1日で複数の大学を知ることができる。 相談会は第1部の特別講演と、第2部の大学別個別相談会の2部制。第1部の特別講演では、小山記念病院副院長の池田和穂医師を講師に迎えた講演「次世代の地域医療を担う皆さんへ ~地域医療の現在と求められる人物像~」を開催。現場の医師として、地域医療のやりがいや次世代の担い手に求められることについて講演する。 第2部の大学別個別相談会には、私立医系36大学が参加。大学の入試担当者が来場するため、学校や入試などについて直接質問、相談できる。 参加には電話か東京医進学院のWebサイトからの事前申込みが必要。定員は300人と限りがあるため、東京医進学院は早めの予約を勧めている。相談会への来場者全員には「医系大入試カレンダー」をプレゼントする。◆2018年度医系大入試相談会日時:2017年9月24日(日)12:00~1...more
カテゴリー:

日本人の在日外国人に対する差別は異常 - 08月11日(金)17:06  news

石原経済財政相は7月21日の閣議で提出した2017年度の年次経済財政報告(経済財政白書)の中で、現在の景気回復基調が戦後3番目の長さに達したとしています。 現在の景気拡大局面は、2012年12月から始まって今年7月までで4年8カ月となり、あの「バブル景気」を超え戦後3番目の長さになっています。 また、今回の景気回復では、働き手の生産年齢人口(15~64歳)が年平均で1.2%ずつ減る中、完全失業率が今年2月、22年2カ月ぶりに3%を下回り、有効求人倍率も1.48倍でバブル期の最高値(1.46倍)を上回りました。 新卒の就職も、数年...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】景気拡大が続いて人手不足なのに、なぜ賃金が上がらないの? ←ネトウヨこれどーすんの? - 08月09日(水)18:12  news

景気拡大の長さがバブル期を超え人手不足に 石原経済財政相は7月21日の閣議で提出した2017年度の年次経済財政報告(経済財政白書)の中で、現在の景気回復基調が戦後3番目の長さに達したとしています。 現在の景気拡大局面は、2012年12月から始まって今年7月までで4年8カ月となり、あの「バブル景気」を超え戦後3番目の長さになっています。 また、今回の景気回復では、働き手の生産年齢人口(15~64歳)が年平均で1.2%ずつ減る中、完全失業率が今年2月、22年2カ月ぶりに3%を下回り、有効求人倍率も1.48倍でバブル期の最高値(1...
»続きを読む
カテゴリー:

意外と放任主義? 両親が自分の就活に関与してきたという人は5.8%! - 08月08日(火)16:00 

就活中は両親に選考の結果について心配されることもありますよね。なかには、いちいち選考の状況を聞いてきたり、この企業を受けたらとおすすめされたりと、親が就活に積極的に関与してきたという人もいるはず。では、実際に就活で親の関与を受けていた就活生はどれぐらいいるのでしょうか? 就活を経験した若手社会人に質問しました!■就活時に両親が積極的に就活に関与してきましたか? はい 13人(5.8%) いいえ 212人(94.2%) ■その理由を教えてください <親が積極的に関与してきたと答えた人> ●面接などのアドバイス ・アドバイスをたくさんくれた(女性/27歳/情報・IT) ・面接の練習をしてもらった(女性/32歳/その他) ・アピールの方法を教えてもらった(男性/27歳/自動車関連) ●いろいろ相談した ・いろいろESとか見てくれた(女性/22歳/機械・精密機器) ・相談していた(女性/24歳/学校・教育関連) ・社会人先輩としていろいろ相談した(男性/22歳/機械・精密機器) ・親は経験があるから(男性/34歳/機械・精密機器) <親は関与してこなかったと答えた人> ●無関心だった ・特に無関心だった(女性/30歳/団体・公益法人・官公庁) ・特に関与してこなかった(女性/22歳/その他) ・親は関心を持っていなかったから(女性/2...more
カテゴリー:

もっと見る

「医療福祉」の画像

もっと見る

「医療福祉」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる