「医療保険制度改革」とは?

関連ニュース

共和党強硬派が修正案賛成 オバマケア見直し - 04月27日(木)05:30 

【ワシントン共同】トランプ米大統領が最重要公約に掲げた前政権の医療保険制度改革(オバマケア)見直しを巡り、与党共和...
in English
カテゴリー:

オバマ氏が学生と対話、退任後初の公の場 政治には触れず - 04月25日(火)13:36 

オバマ前米大統領(55)は24日、地域の社会活動などをテーマにしたシカゴ大学主催の対話イベントでステージに上り、学生らと語り合った。政治問題には言及せず、後任のトランプ大統領の名も一切口にしなかった。 トランプ氏はまもなく就任100日目を迎える。しかしオバマ氏の側近によれば、その節目も同氏の眼中にはないようだ。 1時間半近くにわたったイベントでは医療保険制度改革や外交政策についての発言も控え、...
in English
カテゴリー:

週内採決に「最後の仕上げ」 米政権 オバマケア代替案 - 04月25日(火)05:00 

 トランプ米政権は医療保険制度改革(オバマケア)代替法案について、議会下院での週内採決を引き続き目指す方針だ。トランプ大統領は23日、オバマケアが「深刻な問題」を抱えていると指摘した。
in English
カテゴリー:

【為替】北朝鮮危機米軍攻撃なら円は安全資産から脱落 - 04月20日(木)18:23 

 北朝鮮をめぐり、緊張が高まっている。市場はじわりリスク回避に動き、円高が進んだが、従来の構図で片付けるのは早計だ。円はいつ「安全通貨」でなくなるか分からない危うさをはらんでいる。【週刊エコノミスト編集部】  ◇1994年「北朝鮮危機」が語られる不気味  米中首脳会談が開かれた4月6日に米国がシリア攻撃に踏み切った後、次のターゲットとして注目されるのが北朝鮮だ。米国は、核開発を続け、ミサイルの発射実験を繰り返す北朝鮮に対して、友好国である中国が抑え役としての役割を果たすように強く働きかけた。シ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

NYの視点:米利上げ見通し、市場あと1回の利上げに引き下げ - 04月18日(火)07:58 

トランプ米大統領は引き続き税制改革の実施よりも前に、医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃、修正を模索している。
in English
カテゴリー:

【大型税制改革】トランプ米政権、基本方針を公表…法人税35%→15% 、相続税廃止、個人税制は最高税率35%に引き下げなど - 04月27日(木)05:26 

 【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権は26日、大型税制改革の基本方針を公表した。連邦法人税率を35%から15%へと大幅に引き下げることが柱で「過去最大の減税案」(ムニューシン財務長官)となる。 輸出を免税して輸入を課税強化する「法人税の国境調整」は現段階で導入を見送った。税制の立案・決定権がある議会側は財政規律を重視しており、財源確保策などが課題となる。 26日、記者会見で大型税制改革の基本方針を説明するムニューシン米財務長官(ホワイトハウス)=ロイター  ムニューシン財務長官とコーン国家経済会議...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

米国:オバマ氏、討論会で司会 退任後初、政治発言なし - 04月25日(火)10:33 

 【ニューヨーク共同】オバマ前米大統領が24日、シカゴ大で行われた学生たちのパネル討論で司会を務めた。オバマ氏が公の場で発言するのは、1月の退任後初めて。トランプ大統領はオバマ政権の大きな成果と評価される医療保険制度改革(オバマケア)などを覆そうと躍起だが、オバマ氏は現在の米政治には直接言及しなかった。
in English
カテゴリー:

オピニオン:見えてきた「トランプリスク」=武田洋子氏 - 04月21日(金)18:32 

[東京 21日] - 医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の採決見送りはトランプ米政権の政策実行能力に疑問符を投げかけたが、米経済の行方を左右する真の正念場は、夏にかけて本格化するとみられる税制改革議論だと、三菱総合研究所・チーフエコノミストの武田洋子氏は指摘する。
in English
カテゴリー:

コラム:「イエレン・コナンドラム」の正体=永井靖敏氏 - 04月20日(木)13:25 

[東京 20日] - 3月中旬以降、米長期金利は低下傾向をたどっている。低下の主因は、医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の失敗、つまりトランプ政権の政策運営に対する期待の剥落と筆者はみているが、米国の利上げが早すぎたと市場が解釈したためかもしれない。
in English
カテゴリー:

【米国】「トランプ氏、最側近バノン氏の更迭検討」と米報道…「国歌第一」を掲げるバノン氏と穏健志向のクシュナー氏との対立に不満か - 04月09日(日)10:13 

 【パームビーチ=黒瀬悦成】複数の米主要メディアは7日、トランプ米大統領がホワイトハウスの最有力側近とされるバノン首席戦略官兼上級顧問の更迭を検討していると伝えた。 バノン氏と、トランプ氏の娘婿のクシュナー上級顧問が対立を深め、トランプ氏が内紛に不満を募らせているためだ。トランプ氏への影響力の強さから「黒幕」の異名までとったバノン氏が更迭されれば、政権の内政・外交政策は大きく方針転換する可能性もある。 ホワイトハウスでは、バノン氏の下で「米国第一」を掲げる国家主義的な勢力と、より穏健な政策を志...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「医療保険制度改革」の画像

もっと見る

「医療保険制度改革」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる