「医師法違反」とは?

関連ニュース

【社会】フジテレビ情報番組「とくダネ!」BPO審議入り……一般人男性を容疑者扱い - 10月14日(土)07:09  newsplus

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長=川端和治弁護士)は13日、事件と関係のない一般男性を容疑者として放送するなどしたフジテレビの情報番組「とくダネ!」について審議入りすることを決めた。  同番組は、7月27日に医師法違反容疑で松山市の男が逮捕された事件を伝えた際、系列局が過去に取材した一般男性のインタビュー映像を容疑者として放送。8月28日には、京都府議と妻とのトラブルを扱った特集で、同府議が23日に妻への傷害容疑で書類送検されたと伝えたが、実際に書類送検されたのは...
»続きを読む
カテゴリー:

【大阪地裁】「入れ墨は医療行為」彫り師に罰金15万円判決 被告「医師免許がないと施術できないのは納得できない」★3 - 09月28日(木)03:50  newsplus

 客にタトゥー(入れ墨)を施すのが医療行為に当たるかどうかが争われた医師法違反事件で、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は27日、「医療行為に当たる」との判断を示し、医師法違反に問われた大阪府吹田市の彫り師・増田太輝被告(29)に罰金15万円(求刑・罰金30万円)の有罪判決を言い渡した。  判決によると、増田被告は2014~15年、吹田市内のタトゥー施術店で女性客3人にタトゥーを施した。  増田被告は15年9月、吹田簡裁で罰金30万円の略式命令を受けたが、「医師免許が必要とされるのは納得できない」と...
»続きを読む
カテゴリー:

大阪地裁「入れ墨は医療行為、医師免許が必要」 - 09月27日(水)16:21  news

 客にタトゥー(入れ墨)を施すのが医療行為に当たるかどうかが争われた医師法違反事件で、 大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は27日、「医療行為に当たる」との判断を示し、医師法違反に 問われた大阪府吹田市の彫り師・増田太輝被告(29)に罰金15万円(求刑・罰金30万円)の 有罪判決を言い渡した。  判決によると、増田被告は2014~15年、吹田市内のタトゥー施術店で女性客3人に タトゥーを施した。  増田被告は15年9月、吹田簡裁で罰金30万円の略式命令を受けたが、「医師免許が 必要とされるのは納得...
»続きを読む
カテゴリー:

【裁判】彫師に有罪判決、タトゥー(入れ墨)施術は「医療行為に該当」 大阪地裁 - 09月27日(水)15:24  newsplus

医師免許なしに客にタトゥー(入れ墨)を入れたとして、 医師法違反の罪に問われた彫師、増田太輝(たいき)被告(29)の判決公判が27日、大阪地裁で開かれた。 長瀬敬昭(たかあき)裁判長は、入れ墨は医師が行うべき「医業(医療行為)」に当たるとして、 罰金15万円(求刑罰金30万円)を言い渡した。 増田被告は「彫師の仕事が、医師でなければできないとされることに納得できない。 タトゥーを彫ることは私の人生そのもの」と一貫して無罪を主張。 弁護側は「彫師に医師免許を求めるのは職業選択の自由や表現の自由の...
»続きを読む
カテゴリー:

フジ「とくダネ!」審議入り=BPO検証委 - 10月13日(金)22:40 

 放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会は13日、フジテレビの情報番組「とくダネ!」で、容疑者映像として別人を放送するなど確認ミスが続いたことについて審議入りすることを決めた。 番組は7月27日、医師法違反事件で逮捕された容疑者として別の男性のインタビュー映像を放送。8月28日には京都府議が傷害容疑で書類送検されたと確認を取らないまま放送した。 川端和治委員長は「刑事事件の情報はセンシティブに扱わなければならない」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【大阪地裁】「入れ墨は医療行為」彫り師に罰金15万円判決 被告「医師免許がないと施術できないのは納得できない」★2 - 09月27日(水)18:23  newsplus

 客にタトゥー(入れ墨)を施すのが医療行為に当たるかどうかが争われた医師法違反事件で、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は27日、「医療行為に当たる」との判断を示し、医師法違反に問われた大阪府吹田市の彫り師・増田太輝被告(29)に罰金15万円(求刑・罰金30万円)の有罪判決を言い渡した。  判決によると、増田被告は2014~15年、吹田市内のタトゥー施術店で女性客3人にタトゥーを施した。  増田被告は15年9月、吹田簡裁で罰金30万円の略式命令を受けたが、「医師免許が必要とされるのは納得できない」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【大阪地裁】「入れ墨は医療行為」彫り師に罰金15万円判決 被告「医師免許がないと施術できないのは納得できない」 - 09月27日(水)15:28  newsplus

 客にタトゥー(入れ墨)を施すのが医療行為に当たるかどうかが争われた医師法違反事件で、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は27日、「医療行為に当たる」との判断を示し、医師法違反に問われた大阪府吹田市の彫り師・増田太輝被告(29)に罰金15万円(求刑・罰金30万円)の有罪判決を言い渡した。  判決によると、増田被告は2014~15年、吹田市内のタトゥー施術店で女性客3人にタトゥーを施した。  増田被告は15年9月、吹田簡裁で罰金30万円の略式命令を受けたが、「医師免許が必要とされるのは納得できない」と...
»続きを読む
カテゴリー:

「医師法違反」の画像

もっと見る

「医師法違反」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる