「医師法違反」とは?

関連ニュース

一番痛くない脱毛は?抜くと剃るどっちがマシ?高須克弥院長に聞く - 06月22日(木)08:45 

 すさまじい猛暑になると予想されている今年の夏。毎年この季節になると気になるのが、ムダ毛問題です。  どんなに可愛い水着もノースリーブも、ムダ毛がチラ見えしていたら、台無し。意外と誤解が多い「ムダ毛処理の鉄則」を、美容外科・高須クリニックの高須克弥院長に聞きました。教えて、かっちゃん! ◆脱毛サロンと医療脱毛は別もの 「ムダ毛処理」とひと口に言っても、脱毛サロンに医療レーザー脱毛、「剃る」「抜く」などの自己処理まで、方法はさまざま。  まず、サロン脱毛と医療レーザー脱毛は何が違うんでしょうか? 「全然別ものですよ。使うマシンも違う。  医療レーザー脱毛は、レーザーを当てて毛根にダメージを与えて、生えてこないようにする『永久脱毛』(※編集部注:永久脱毛とは、<最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下であること>と定義づけられている)。これは医療行為だから、やっていいのは医師や看護師だけです。  一方でエステやサロンは医療行為をしてはいけないから、生えてこないほどの効果を出してはいけない。もし、エステティシャンが永久脱毛を施術したら、医師法違反で逮捕されちゃうよ。  だから、脱毛サロンはレーザーより弱い光を当てて、脱毛してもまた生えてくる。生えてくるから、当局から大目に見てもらえているんです」(高須院長、以下同じ)  いまだに「サロンで永久脱毛してきた」と言う芸能...more
カテゴリー:

【愛知】「血液ドロドロ」と診断=医師法違反容疑で2人逮捕 - 05月29日(月)21:47 

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052901002&g=soc  医師でないのに血液検査を行ったなどとして、愛知県警港署は29日、医師法や医薬品医療機器法違反などの疑いで名古屋市北区若鶴町、自営業吉原正登(51)と同県春日井市前並町、同江崎純代(50)両容疑者を逮捕した。吉原容疑者は容疑を認め、江崎容疑者は否認しているという。  逮捕容疑は2016年4~10月、医師免許なしに春日井市内で、50~60代の女性4人から計6回採血して「赤血球が連鎖していて血液がドロドロ」と診断するなどの医療行為を行い、同...
»続きを読む
カテゴリー:

脱毛トラブル急増中! エステでの「永久脱毛」は禁止だった? - 06月12日(月)06:00 

5月、消費者トラブルに関する研究、情報提供をしている独立行政法人「国民生活センター」は、2012年以降の約5年間で脱毛施術よる被害の報告が964件寄せられたことを発表した。 被害件数は13年度以降減っていたが、16年からは再び増加傾向にあるとのこと。脱毛トラブルにおいて、被害者の多くは女性だ。しかし、メンズエステや男性の永久脱毛を取り扱う医療機関が増えているのに伴い、“男の脱毛トラブル”も続発している! * * * 脱毛トラブルは「医療機関」と「エステ」の両方で報告されているが、そもそも、両者の違いは? 稲見医師はこう説明する。 「医療機関とは、病院やクリニックのことです。永久脱毛は毛を作る細胞をレーザー光線などで破壊することで達成されますが、医師法はこれを医療行為としている。つまり法律上、永久脱毛ができるのは、医師免許を持った医師や医師の指導を受けた看護師がいる医療機関だけということになるんです」 では、エステは? 「公的な資格を持たないエステティシャンが施術をします。医療機関で使われる医療レーザーより照射パワーが弱い光脱毛(美容ライト脱毛)を扱うのが一般的です。エステでは永久脱毛をすると医師法違反になるため、施術効果は一時的な除毛・減毛にとどまります」 先述した国民生活セン...more
カテゴリー:

「医師法違反」の画像

もっと見る

「医師法違反」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる