「匠」とは?

関連ニュース

【相撲】出ては休んで…横綱の“覚悟”に欠けた稀勢の里は再起絶望、「あれではまるでおっぱい。」 - 01月21日(日)12:33  mnewsplus

1/21(日) 9:26配信 出ては休んで…横綱の“覚悟”に欠けた稀勢の里は再起絶望 「体に張りがなく、土俵入りのときも胸がぶらぶらと揺れている。そりゃ、お相撲さんだから普通の男性より胸はありますが……あれではまるでおっぱい。不摂生をさらけ出している」  相撲評論家の中澤潔氏もため息をつく。  左胸の古傷を理由に、6日目から休場となった横綱稀勢の里(31)。5日目は嘉風に敗れ、1勝5敗という不甲斐ない成績で今場所を終えた。横綱の5場所連続休場は2002~03年に6場所を休んだ武蔵丸(現武蔵川親方)以来、14...
»続きを読む
カテゴリー:

昭和の灯がまたひとつ... 京阪・石坂線の「ツートーンカラー車両」に惜別の声が止まらない - 01月21日(日)11:00 

関西の私鉄・京阪電車のシンボルカラーとして親しまれてきた、若草色(ライト・グリーン)と青緑色(ダーク・グリーン)のツートーンカラーが消え去ろうとしている。京都と大阪を結ぶ京阪線のカラーリングは、2008年から2013年にかけ一新された。しかし昭和レトロの香り漂うツートーンカラーの車両は、滋賀県大津市を走る石山坂本線(石坂線)で存続してきたのだ。その姿の見納めも、いよいよ2020年度末までとなった。この話題を京都新聞(WEB版)が18年1月16日に取り上げたため、ツイッターには、「昭和グリーン」への惜別の声が寄せられている。「子供の頃から憧れがまた終わります」「寂しいなぁ」 やっぱり この色がしっくりくるやんかさらば京阪「昭和グリーン」 石坂線も塗り替えへ https://t.co/1mv7OF5jeb- やんか師匠 (@GM_YANKA) 2018年1月16日 今般、東海道本線の沿線人口が急増して多くの滋賀府民を生んだように、京阪の大津線は開発の余地がまだ多くあるような気がするから、京阪には頑張ってほしいなあ / さらば京阪「昭和グリーン」 石坂線も塗り替えへ - 京都新聞 https://t.co/eT7wTz4nrp- 小川裕夫 (@ogawahiro) 2018年1月16日 昭和時代に京都を去った自分としては、京阪と言えばこれ以外あり得なかった。まだ残ってたのか、もう消えるの...more
カテゴリー:

小金沢昇司、30周年イヤー「全力で歌っていくぞ」 - 01月21日(日)09:03 

 演歌歌手小金沢昇司(59)が20日、都内で、新曲「おぼえていますか」の発売記念イベントを行った。  今年は30周年イヤーで8月には60歳になる。「ファンに支えられての30年は早かった。でも、北島(三郎)師匠の付き人をしていた5年は長か…
カテゴリー:

仏料理の巨匠 ポール・ボキューズ氏が死去 1/21 7:54更新 - 01月21日(日)07:54 

世界的に知られるフランス料理の巨匠、ポール・ボキューズ氏が亡くなった。91歳だった。長年パーキンソン病を患っていたという。
カテゴリー:

【訃報】ポール・ボキューズ氏死去 91歳 仏料理の巨匠 日本の仏料理界にも多数の弟子 - 01月20日(土)23:56  newsplus

ポール・ボキューズ氏(AFP時事)  【パリ=作田総輝】AFP通信によると、フランス料理の巨匠で、ヌーベル・キュイジーヌの旗手として世界的に知られたポール・ボキューズ氏が20日、死去した。91歳だった。  リヨン近郊の料理人一家に生まれ、修業の後、1959年に生家の料理店「ポール・ボキューズ」を継いだ。  仏料理界への功績が認められ、料理人として初めて仏国家勲章のレジオン・ドヌール勲章を75年に受けた。 日本に本格的な仏料理を紹介した辻静雄氏(故人)らと親交を持った。来日時に日本の懐石料理...
»続きを読む
カテゴリー:

口の中でじゅわる『フォアグラ大根焼き稲荷』! 焼肉寿司×全日本いなり寿司協会のコラボ稲荷登場 - 01月21日(日)12:00 

「焼肉寿司」と「日本いなり寿司協会」がコラボレーションし、新しい「いなり寿司」が開発されました! その名も『フォアグラ大根焼き稲荷』。口の中で繰り広げられる目くるめく、甘味、うま味が交差する至極の味を期間限定で堪能することができます。 【ギャラリー】至極の味『フォアグラ大根焼き稲荷』を写真で見る 和食の「フォアグラ大根」と「いなり寿司」を組み合わせ完成した『フォアグラ大根焼き稲荷(1貫480円)』は、口に含んだとたんフォアグラの甘味・お揚げの甘味・タレの甘味、そしてお出汁を含んだ大根がじゅわっと広がります。1貫あたりシャリと大根の比率は黄金バランスとなっていて、シャリの存在感もありつつ、大根の存在感、出汁のジューシー感も感じられ、“口福な味”に思わずうなる一品です。 2月最初の初午の日(2018年は2月11日)は、1年で最も運気が高まる日と言われており、稲荷神社では「初午(はつうま)」という大祭が行われます。稲荷神社のお使いである狐の大好物「お揚げ」を、いなり寿司として食べることで、商売繁昌・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達・病気平癒など、様々な幸を願うそうです。 焼肉寿司では、2月9日~11日に『初午いなり祭り』を開催。2月11日初午いなりの日は「稲荷を食べて運気アップ!」を願って至極の『フォアグラ大根焼き稲荷』を味わってみてはいかがでしょうか? 【店舗概要】 ...more
カテゴリー:

鈴木亮平『西郷どん』主役の苦悩を救った渡辺謙の言葉 - 01月21日(日)11:00 

「クランクイン当初は慣れない薩摩言葉にNGを出すことがよくありましたが、ロケの合間に自腹でタクシーに乗っては運転手に話しかけ、マンツーマンで言葉を勉強していました。おかげで今では薩摩言葉でのアドリブまで飛び出すほどです」(NHK関係者) 今月7日にスタートしたNHK大河ドラマ『西郷どん』。主人公・西郷隆盛を演じる鈴木亮平(34)は、初の大河主演に試行錯誤しながらも座長として現場を切り盛りしている。 『西郷どん』フィーバーで湧く鹿児島。本誌記者は第1話のロケ地となった知覧を訪れてみた。「知覧の里」という観光施設の一角を出演者たちは控え室として使用していたという。 「みなさんここでメークしたり甲冑を着たりしていました。間近で見る鈴木さんはすごく体が大きくて、話したら大学の相撲部で鍛えたそうです。撮影前には必ず腕立て伏せをして、体を“パンプアップ”させてから撮影に臨んでました(笑)。真夏のロケではエキストラの子供たちにかき氷を差し入れたり、とても気さくな方でしたね」(案内所のスタッフ) 鈴木は現場スタッフにも気軽に話しかけてはその場を盛り上げ、何より“西郷どん”チームの一体感を高めることを大事にしているという。そんな鈴木を支えているのが、ベテラン俳優たちの存在だ。 「当初、鈴木さんは薩摩言葉だけでなく、初の大役にカメラが回るとどこ...more
カテゴリー:

ポール・ボキューズ氏死去 - 01月21日(日)08:57 

フランス料理界の巨匠、ポール・ボキューズ氏が20日、リヨン郊外にある自身のレストランで死去した。91歳。仏メディアが一斉に伝えた。死因は明かされていないが、晩年はパーキンソン病を患っていたという。
カテゴリー:

フランス料理の巨匠、ポール・ボキューズ氏死去 - 01月21日(日)05:28 

 フランス料理界の巨匠として世界的に知られるポール・ボキューズ氏が20日、死去しました。91歳でした。
カテゴリー:

ポール・ボキューズ氏死去=仏料理界の巨匠、91歳 - 01月20日(土)23:42 

 フランス料理界の巨匠、ポール・ボキューズ氏が20日、仏南東部リヨン郊外にある自身のレストランで死去した。91歳。仏メディアが一斉に伝えた。死因は明かされていないが、晩年はパーキンソン病を患っていたという。 リヨン郊外で料理人の家庭に生まれる。少年時代から料理の研さんを積み、第2次世界大戦では仏解放軍に参加した。戦後からフランス各地の料理店で腕を振るい、1959年に生家のレストランを継承。65年に仏レストラン格付け本の「ミシュランガイド」で最高級の三つ星を獲得し、50年超にわたって維持した。 ぜいを尽くした伝統的な仏料理に比べ、食材本来の持ち味を生かすことを重視した「ヌーベル・キュイジーヌ(新しい料理)」の旗手として知られ、影響を受けたシェフも多い。マクロン大統領は「伝統への敬意と斬新さを併せ持ち、フランスの美食を体現した」と追悼する声明を出した。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「匠」の画像

もっと見る

「匠」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる