「北陸線」とは?

関連ニュース

【福井】知事、JR西日本の雪対応に苦言 福井 除雪完了区間から再開を - 02月17日(土)04:44  newsplus

知事、JR西日本の雪対応に苦言 福井 除雪完了区間から再開を 2018年2月16日 午後0時00分 http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/295059  福井県の西川一誠知事は15日の大雪災害対策本部会議で、北陸線や越美北線を運行するJR西日本の対応に苦言を呈した。大雪時は全線を運休するのではなく、除雪が完了した区間から順次再開するよう県として要請する考えを示した。  西川知事は会合で「JR西の特急は12、13日も終日運休し、普通列車も福井―敦賀間で運休した。(南越前町の)今庄では雪が多かったようだが、県民に...
»続きを読む
カテゴリー:

東北や北陸など大雪=夜まで警戒、雪崩注意-4日以降死者10人、負傷180人 - 02月13日(火)08:10 

 日本列島は13日午前、東北南部や北陸を中心に大雪となった。強烈な上空の寒気と強い冬型気圧配置の影響は夜にかけて続く見通しで、気象庁は北海道と東北の日本海側、北陸などで大雪に警戒し、雪崩や路面の凍結、交通の乱れ、除雪作業中の事故に注意するよう呼び掛けた。 総務省消防庁の13日朝の発表によると、4日からの大雪による死者は新潟県4人、富山県1人、福井県5人の計10人となった。東北と北陸の負傷者は重傷52人、軽傷128人の計180人に上った。 山形県大蔵村・肘折では13日午前7時の積雪が4メートル30センチとなり、全国で現在観測を続けている地点中、3番目に多くなった。福島県只見町では同7時までの24時間降雪量が83センチで積雪2メートル90センチ、新潟県魚沼市・守門では同降雪量が62センチで積雪3メートル25センチとなった。 JR東日本は奥羽線や信越線などの一部区間の運転を見合わせ、JR西日本は北陸線の敦賀(福井県)-福井間で全列車運休、福井-金沢間で一部運休とした。全日空は新潟、富山、小松(石川県)の各空港出発便の一部が欠航。高速道路は中国自動車道や九州自動車道の一部区間、徳島自動車道などが通行止めとなった。 14日午前6時までの24時間降雪量は多い所で、北陸70センチ、東北60センチ、北海道と東海30センチ、関東甲信25センチ、近畿20センチと予想される。 【時事通信社】
カテゴリー:

【大雪】福井で再び積雪増=日本海側、13日まで大雪警戒-交通の乱れも注意・気象庁 - 02月12日(月)07:31  newsplus

 日本列島の日本海側では11日午後、雪が降り風が強まった。8日まで大雪だった福井市では再び積雪が増え始めた。気象庁は13日にかけて上空に寒気が入り、強い冬型の気圧配置が続くとして、日本海側を中心に大雪に警戒するよう呼び掛けた。車の立ち往生や除雪作業中の事故、雪崩、落雪にも注意が必要。  福井地方気象台(福井市)の積雪は7日午後に1メートル47センチを観測した後、11日午後に79センチまで減ったが、午後10時には85センチと増えた。同10時までの24時間降雪量は、山形県大蔵村と兵庫県豊岡市で34...
»続きを読む
カテゴリー:

北陸豪雪:立ち往生320台に JR北陸線の一部運転再開 - 02月08日(木)11:35 

 北陸地方の記録的な豪雪の影響で、福井県と石川県を結ぶ国道8号では、8日も車両の立ち往生を解消するため除雪作業が続いた。立ち往生は6日朝から始まり、一時は1500台に上ったが、8日午前8時時点では約320台に減った。降雪はピークを過ぎたとみられるが、8日以降も断続的に降る見通しで、気象庁は警戒を呼びかけている。
カテゴリー:

線路に大量の雪、電車が発車できず 北陸線・余呉駅 - 02月07日(水)20:04 

 7日午後4時10分ごろ、JR北陸線余呉(よご)駅(滋賀県長浜市)で、線路上に大量の雪が積もり、近江塩津発米原行きの新快速電車(4両編成)が発車できなくなった。このため、JR西日本は約60人の乗客をバ…
カテゴリー:

除雪車「はい。南福井駅の線路融雪機ぶっ壊した!貴重な灯油700リットル川に流出させた!すまんな!」 - 02月13日(火)17:57  news

融雪装置燃料の灯油が川へ流出 JR南福井駅 2018年2月13日 十一日午後五時十五分ごろ、福井市月見一のJR北陸線南福井駅で、 列車の進行方向を変えるレールの分岐器に熱風を当てて雪を溶かす装置の配管が折れ、 近くの川に燃料の灯油が流出しているのをJR西日本金沢支社社員が見つけた。 支社によると、流出量は推定約七百リットル。 同日午前八時半ごろ、JR貨物の社員が、装置の灯油タンクの残量がなくなっていることに気づき、 支社社員が現地を確認して流出が分かった。 九日午後の除雪作業で、除雪車の先頭にあ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本海側中心に大雪警戒=13日まで強い冬型-鉄道運休、高速通行止め - 02月12日(月)07:46 

 日本列島は12日、日本海側を中心に再び大雪となった。北海道から北陸の上空には強烈な寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が13日にかけて続く見込み。気象庁は大雪に警戒し、路面の凍結や雪崩、交通の乱れに注意するよう呼び掛けた。北海道は猛吹雪、北陸は高波にも注意が必要。 12日午前7時までの24時間降雪量は、山形県大蔵村で75センチ、福井県大野市・九頭竜と滋賀県長浜市で46センチ、兵庫県豊岡市で43センチ、岐阜県白川村で41センチを観測。同7時の福井市の積雪は88センチとなった。 JR東日本は奥羽線など、JR西日本は北陸線などのそれぞれ一部区間の運転を見合わせた。岐阜県内では東海北陸自動車道の一部区間、四国では徳島自動車道や松山自動車道の大半など、九州では九州自動車道や長崎自動車道などの一部区間が通行止めとなった。 13日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸と東海70センチ、東北60センチ、近畿50センチ、北海道と中国40センチ、関東甲信と四国、九州北部30センチ。12日の北陸の波の高さは6メートルの見込み。 【時事通信社】
カテゴリー:

北陸線の特急82本運休へ JR西日本、大雪予想で - 02月11日(日)19:04 

JR西日本金沢支社は11日、北陸地方で大雪が予想されることから、12日の北陸線の特急計82本について終日運転を取り...
カテゴリー:

日本海側、昼まで大雪警戒=交通への影響続く-気象庁 - 02月08日(木)08:50 

 上空の強い寒気の影響で、日本列島の日本海側は8日、断続的に雪が降った。気象庁は、同日昼すぎまで大雪の所があるとして、雪崩や路面・水道管の凍結、交通の乱れに注意を呼び掛けた。 福井市は8日午前5時までの24時間降雪量が20センチで、積雪は139センチとなった。大雪は峠を越したが、同日朝時点も国道8号で車の立ち往生が続いた。 JR西日本は8日、北陸線福井-金沢間で終日運休を決定。日本航空と全日空は同日午前の小松空港(石川県)発着便を欠航させるなど、交通への影響は残った。 総務省消防庁によると、4日からの大雪で新潟、富山、福井各県で計5人が死亡。8県で計74人が重軽傷を負った。 8日午前7時までの24時間降雪量は京都府京丹後市で36センチ、松江市で33センチ、福井県敦賀市で31センチを観測。同日朝は冷え込みも厳しく、山口市で氷点下16度、島根県吉賀町と愛媛県西予市で氷点下12度となり、観測史上最低記録を更新した。 9日午前6時までの24時間降雪量は多い所で、北陸40センチ、東北30センチ、近畿20センチと予想される。 【時事通信社】
カテゴリー:

JR北陸線、8日朝は半分の本数で運行 特急は午前運休 - 02月07日(水)19:18 

 北陸地方の大雪の影響で、福井、石川両県を走る鉄道は7日の始発から多くの列車が運休した。 JR西日本金沢支社によると、特急サンダーバード(大阪―金沢)と特急しらさぎ(名古屋・米原―金沢)が終日運休し、…
カテゴリー:

もっと見る

「北陸線」の画像

もっと見る

「北陸線」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 北陸本線...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる