「北見けんいち」とは?

関連ニュース

「釣りバカ日誌」Pに最終話直前インタビュー!『泣かせる気はなかった。でも…』 - 06月16日(金)06:00 

6月16日(金)夜8時から最終話が放送される「金曜8時のドラマ『釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助』」(テレビ東京系ほか)。 【写真を見る】藤岡(浦井健治)に手を握られるみち子(広瀬アリス)。果たしてどんな結末となるのか!?/(C)やまさき十三・北見けんいち・小学館/テレビ東京/松竹 国民的人気シリーズの連ドラ第2弾がどんな終わりを迎えるのか、浅野太プロデューサーを直撃! シーズン2から登場した浦井健治の存在感や、現場の雰囲気、また意外な最終話の見どころを教えてくれた。 ――シーズン2は、より笑いの要素が増えている印象があります。 シーズン1が終わった後に、お子さんがたくさん見てくれたといううれしい誤算があったんです。このドラマを通して“お茶の間にテレビを復活させること”が理想だったんですが、3世代でそろって見てくださる家庭が多かったと聞いて、思い描いていた“ドラマ版釣りバカ像”に近い形で終えられたと感じました。 そこでシーズン2はさらに子どもが面白く感じる作品にという思いが強くなったんです。だから必然的にコメディー要素が増えました。 ――出演者の皆さんも楽しんでいるように見えましたが、現場はどうだったのでしょうか? まさに、出演陣とスタッフの遊び心がすごくて、「こんな台本だったっけ?」というシーンになることも多かったんですよ(笑)。言いだしっぺがスーさん役の西田敏行...more
カテゴリー:

「北見けんいち」の画像

もっと見る

「北見けんいち」の動画

Wikipedia

北見 けんいち(きたみ けんいち、本名、北見健一〈読み同じ〉、1940年12月11日 - )は、日本漫画家、青年コミック誌を中心に活動している。満州新京出身。代表作に釣りバカ日誌(原作:やまさき十三)。多摩美術大学付属芸術学園卒業。

経歴

手塚治虫関谷ひさしに憧れて漫画を描き始める。1959年東京都立化学工業高等学校(2001年閉校)を卒業後、日本ゼオンに入社するも「家一軒建つ額の失敗」ビッグコミック2016年4月25日号北見けんいちの昭和トラベラー第103回するなどして3か月で退社。多摩美術大学付属芸術学園写真科卒業後、写真店経営を経て、1964年1月、少年サンデー編集部樺島の紹介で赤塚不二夫のアシスタントになる。1979年に週刊少年キング(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる