「北澤豪」とは?

関連ニュース

【サッカー】<中村俊輔>サッカー史に残る“日韓W杯落選” 39歳の告白!「落ちるのは当然だった」 天才レフティーの思考 - 11月19日(日)19:05  mnewsplus

◆【天才レフティーの思考|No.6】2002年日韓W杯のメンバーから漏れ、世間の耳目を集めた当時を回想   世界ナンバーワンの国を決める4年に一度の祭典「FIFAワールドカップ」(W杯)は、サッカー界最高峰の大会として知られる。 日本代表は今年8月にロシア行きの切符を手にし、6大会連続6度目のW杯出場を決めた。各大会のW杯メンバー選考は大きな注目を浴びてきたが、 J1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔は「落ちるのは当然だったと思う」と2002年日韓大会に味わった失意の落選を振り返っている。 1998年フランス大会で悲願のW杯...
»続きを読む
カテゴリー:

福田正博、浦和レッズ“青ユニ”からの25年を検証 - 11月18日(土)10:56 

勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)。11月19日は、「検証! Jリーグオリジナル10」の第2弾を放送。ミスターレッズこと福田正博が、その歴史を紐解いていく。「Jリーグオリジナル10」とは、1992年のJリーグ発足時に加盟していた10クラブを指す言葉で、鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド市原、浦和レッドダイヤモンズ、ヴェルディ川崎、横浜マリノス、横浜フリューゲルス、清水エスパルス、名古屋グランパスエイト、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島がこれに該当。(表記は当時の呼称)。第1弾では、Jリーグ初代王者・ヴェルディ川崎を特集した。浦和レッズは、営業収入・観客動員数共にJリーグ全53クラブでナンバーワン。アメリカのFOXスポーツによる「熱狂的なサポーターを持つ世界5クラブ」に選出され、18日深夜には、アジアチャンピオンズリーグ決勝の1stレグでアル・ヒラル(サウジアラビア)とのアウェー戦を控えるなど、国内外で注目を集めている。しかし、今でこそJリーグのビッグクラブと言われるようになった浦和レッズだが、Jリーグ発足直後の93年、94年は2シーズン連続で最下位に沈み、“お荷物クラブ”と揶揄されるなど、決して順風満帆なスタートを切れたわけではない。そんな浦和レッズを、選手やコーチ、解説者として見続けてきた福田が語るクラブの内情...more
カテゴリー:

【話題】ご存知ですか? 11月16日は「ジョホールバルの歓喜」で日本代表がW杯初出場を決めた日です - 11月16日(木)10:09  mnewsplus

来年のFIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、日本代表は去る8月31日、アジア最終予選B組でオーストラリアに勝ち、6大会連続6度目の本大会出場を決めている。 振り返れば、サッカー日本代表が初めてW杯の本大会出場を決めたのは、いまからちょうど20年前のきょう、1997(平成9)年11月16日のことだ。 しかし、そこにいたるまでは苦闘の連続だった。 ジア最終予選において、日本は9月28日の韓国戦で逆転負け、続く10月4日のカザフスタン戦では終了間際の失点で引き分けに終わり、監督の加茂周(57歳=当時、以下同)が更迭され...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】北澤豪が「これだけは許せなかった」という岡田監督の裏切り采配 ★2 - 11月06日(月)17:46  mnewsplus

◆私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第3回 日本初のW杯、衝撃の落選メンバー発表~北澤豪(3) 1998年フランスW杯開幕目前、代表メンバーからの落選を言い渡された北澤豪とカズ(三浦知良)は、 協会スタッフと現地コーディネーターとともにレンタカーに乗って、合宿地であるスイスのニヨンを離れた。だが、行く当てはなかった。 そのため、まずどこから日本に帰るのがいいかを考えた。 イタリアか、ドイツか、それとも同行したコーディネーターが住むフランスか……。 最終的には、かつてカズがプレーしていたイタリアへ...
»続きを読む
カテゴリー:

福田正博、浦和レッズが優勝するために改めて必要なこと - 11月18日(土)11:19 

テレビ東京で11月19日に放送された『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)の人気企画「検証! Jリーグオリジナル10」で浦和レッズを特集。ミスターレッズこと福田正博が、“Jリーグのお荷物”と言われた時代から、“Jリーグのビッグクラブ”と言われるようになった現在に至るまでの歴史を振り返った。「Jリーグオリジナル10」とは、Jリーグ発足時に加盟していた10クラブの総称で、同企画の第1弾では、初代チャンピオンのヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)を特集して好評を博した。Jリーグ開幕当初、ヴェルディの真逆の立場にいたのが浦和レッズ。93年、94年シーズンは2年連続最下位で、その後、J2降格も経験。しかし、近年はJリーグでも好成績を残し、アメリカのFOXスポーツが「熱狂的なサポーターを持つ世界5クラブ」に選出するなど国内外で注目を集めている。福田も「浦和レッズと言えばサポーターですから。クラブを支えてきたのは93年からずっとサポーターですよ」と認め、実際にJリーグでナンバーワンの観客動員数と営業収入(2016年度)を誇っている。そんな浦和レッズが、どうして最初の2シーズンは最悪のスタートになってしまったのか? 福田は「浦和の前身となる三菱は、Jリーグ発足前はプロリーグに参加しないという意向を示していた会社。ヴェルディやマリノス、そして何もないところからジーコを呼んで準備を進めてきた...more
カテゴリー:

福田正博、浦和レッズ青ユニからの25年を検証 - 11月18日(土)10:30 

勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)。11月19日は、「検証! Jリーグオリジナル10」の第2弾を放送。ミスターレッズこと福田正博が、その歴史を紐解いていく。「Jリーグオリジナル10」とは、1992年のJリーグ発足時に加盟していた10クラブを指す言葉で、鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド市原、浦和レッドダイヤモンズ、ヴェルディ川崎、横浜マリノス、横浜フリューゲルス、清水エスパルス、名古屋グランパスエイト、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島がこれに該当。(表記は当時の呼称)。第1弾では、Jリーグ初代王者・ヴェルディ川崎を特集した。浦和レッズは、営業収入・観客動員数共にJリーグ全53クラブでナンバーワン。アメリカのFOXスポーツによる「熱狂的なサポーターを持つ世界5クラブ」に選出され、18日深夜には、アジアチャンピオンズリーグ決勝の1stレグでアル・ヒラル(サウジアラビア)とのアウェー戦を控えるなど、国内外で注目を集めている。しかし、今でこそJリーグのビッグクラブと言われるようになった浦和レッズだが、Jリーグ発足直後の93年、94年は2シーズン連続で最下位に沈み、“お荷物クラブ”と揶揄されるなど、決して順風満帆なスタートを切れたわけではない。そんな浦和レッズを、選手やコーチ、解説者として見続けてきた福田が語るクラブの内情...more
カテゴリー:

【サッカー】北澤豪が「これだけは許せなかった」という岡田監督の裏切り采配 ★3 - 11月08日(水)08:23  mnewsplus

◆私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第3回 日本初のW杯、衝撃の落選メンバー発表~北澤豪(3) 1998年フランスW杯開幕目前、代表メンバーからの落選を言い渡された北澤豪とカズ(三浦知良)は、 協会スタッフと現地コーディネーターとともにレンタカーに乗って、合宿地であるスイスのニヨンを離れた。だが、行く当てはなかった。 そのため、まずどこから日本に帰るのがいいかを考えた。 イタリアか、ドイツか、それとも同行したコーディネーターが住むフランスか……。 最終的には、かつてカズがプレーしていたイタリアへ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】北澤豪が「これだけは許せなかった」という岡田監督の裏切り采配 - 11月06日(月)03:43  mnewsplus

◆私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第3回 日本初のW杯、衝撃の落選メンバー発表~北澤豪(3) 1998年フランスW杯開幕目前、代表メンバーからの落選を言い渡された北澤豪とカズ(三浦知良)は、 協会スタッフと現地コーディネーターとともにレンタカーに乗って、合宿地であるスイスのニヨンを離れた。だが、行く当てはなかった。 そのため、まずどこから日本に帰るのがいいかを考えた。 イタリアか、ドイツか、それとも同行したコーディネーターが住むフランスか……。 最終的には、かつてカズがプレーしていたイタリアへ...
»続きを読む
カテゴリー:

「北澤豪」の画像

もっと見る

「北澤豪」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる