「北海道神宮」とは?

関連ニュース

「開拓の父」島義勇を讃える - 04月14日(土)18:36 

明治時代に、札幌のマチの基礎を築いた開拓判官、島義勇の業績をたたえる顕彰祭が北海道神宮で開かれました。HBCニュースで放送2018年04月14日(土) 18時00分 更新
カテゴリー:

「北海道神宮」の画像

もっと見る

「北海道神宮」の動画

Wikipedia

北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)は、北海道札幌市中央区にある神社。円山公園に隣接する。1964年(昭和39年)までは札幌神社。旧官幣大社であり、現在は神社本庁別表神社。また、全国一の宮会より蝦夷国新一の宮に認定されている。

概要

北海道の開拓当時樺太・千島に進出を進めていたロシア帝国に対する守りということで、大鳥居が北東を向いている。末社である開拓神社には間宮林蔵などの北海道開拓の功労者が数多く祀られている。

北海道神宮崇敬奉賛会がある。

北の志づめという小冊子が社務所から発行されている。 File:Hokkaido-jingū, torii.jpg南東側の鳥居 File:Hokkaido-jingū, approach 03.jpg|春の表参道

祭神
  • [[大国魂神(おおくにたまのかみ)
  • 大那牟遅神(おおなむちのかみ、大国主命〈おおくにぬしのみこと〉の別名)
  • 少彦名神(すくなひこなのかみ)
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる