「北島三郎」とは?

関連ニュース

サンド富澤「チャンネル変えて」発言に、安藤優子が激怒!? - 03月18日(土)06:05 

 3月14日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に、サンドウィッチマンの富澤たけし(42)が出演し、“禁断のフレーズ”を口にして、スタジオが騒然となる場面があった。  この日、番組の終盤で司会者の坂上忍(49)に、貴乃花親方のものまねを振られた富澤は、「あのねー、僕ねー」と挑戦。しかし、あまりの出来の悪さに、小籔千豊(43)から、「別もんや、それは」とツッコまれ、相方の伊達みきお(42)からも、「自分でなんとかしてくれ」と、見放されてしまった。  すると、富澤は、「もうチャンネル変えていいっすよ」と口走ってしまったのだ。  この発言に共演者たちは大慌て。坂上は「おい! ダメダメ! まだやりますよ!」と大急ぎで訂正し、榎並大二郎アナウンサー(31)も「(チャンネルは)このままでお願いします」とフォローし、CMに突入した。  CMが明けると、次の番組である『直撃LIVEグッディ!』に移る前の、坂上と安藤優子(58)アナ、高橋克実(55)のクロストークが始まった。安藤は「はい、今日もよろしくお願いいたします。なんか“チャンネル変えろ”とかって言った方がいらっしゃるって……」と、富澤を批判。坂上が「サンドウィッチマンの富澤が深く反省しております」とコメントし、ヒロミ(52)が富澤の首をつかんで謝罪させたが、安藤は「本当に(チャンネル)変えた方がいたら、どうするんですか?」「根に持つタイプな...more
in English
カテゴリー:

安達祐実、強いお父さん渡瀬恒彦さん死去に沈痛「すごくショック、寂しい」 - 03月16日(木)15:40 

 俳優の松平健が主演するNHK・BSプレミアムの連続ドラマ「PTAグランパ!」の第1話の試写と会見が3月16日、東京・渋谷区の同局で行われた。 ・【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら  松平は、大手企業を定年退職した元サラリーマンで、多忙な娘の代わりに孫のために小学校のPTA副会長になるという役どころ。ホームドラマは初挑戦だが、前妻の故松本友里さんとの間の長男が4月から小学5年生ということもあり、「役員になったことはないが、学校に行く機会もあるし、やりながら勉強させてもらっている。アトホームな現場で楽しくやらせてもらっています」と充実感をにじませた。  家では妻役の浅田美代子に煙たがられるという設定で、「毎回、浅田さんにお尻を叩かれながら頑張っています」と苦笑い。今後、さまざまなトラブルに立ち向かっていく展開で、「子供を思う気持ちは、親は皆一緒。不器用だが頑張っていくことで、2回、3回とパワーアップしていきますので、楽しみにしていてください」と自信のほどをうかがわせた。  浅田は、実際に松平の尻をグーパンチするパフォーマンスを見せ、「殿のイメージが強いので怖い人かなと思っていたけれど、すごく優しい。ぼくとつとした理想のお父さんです」と絶賛。同じPTA役員役で出演の安達祐実も、長女が松平の長男と同い年で、「私も怖い方だったらどうしようと思っていたけれど、撮影...more
in English
カテゴリー:

【話題】原口あきまさのものまねにGACKTが激怒「殴っていい?」 - 03月01日(水)20:07 

1日放送の日本テレビ系「1周回って知らない話」(水曜・後7時)に、ものまねタレントのコロッケ(56)がゲスト出演した。  コロッケは悪ノリが過ぎるものまねを得意としているが、ものまねをしている本人たちからは怒られたことがないという。大御所・北島三郎(80)からは「コロッケちゃんはそれで食べているからいい。お客さんを喜ばせるエンターテインメントをしなきゃだめだ」と逆に激励されたことを明かした。  しかし、ものまね芸人の後輩たちは、直接本人からダメ出しされた声が出た。原口あきまさ(41)はミュー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【訃報】作曲家の船村徹さんが死去84歳「王将」「矢切の渡し」などのヒット曲生む - 02月17日(金)11:58 

作曲家の船村徹さんが死去84歳 「王将」「矢切の渡し」などのヒット曲生む 2017.2.17 11:42  「王将」「矢切の渡し」などのヒット曲を生んだ作曲家で文化勲章受章者の船村徹(ふなむら・とおる、本名・福田博郎=ふくだ・ひろお)さんが16日、神奈川県藤沢市の自宅で死去した。84歳だった。  昭和7年、栃木県生まれ。「船村」の名は出身地の旧船生村に由来している。  代表作に「矢切の渡し」「兄弟船」「宗谷岬」「みだれ髪」など。北島三郎、鳥羽一郎、香田晋の各氏ら多くの歌手を育てたことでも知られる。作曲作品...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

節分で嫁に「鬼嫁~は外っ」って豆投げたら口きいてくれなくなったワロタ・・・今日もご飯ない - 02月06日(月)21:20 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000008-nkgendai-ent 演歌歌手・北島三郎(80)はそんな引退プランを周囲に語っているようだ。節分の3日、高尾山での豆まきで「年のせいか、1つ改善されると次がくる。年明けにも目まいや貧血がありましてね」と語り、昨年9月に頚椎症性脊髄症の手術を受けた後も体調を崩していることを打ち明けた。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

三田佳子、「放送文化賞」受賞 松坂慶子に8年遅れの理由は - 03月17日(金)05:59 

 第68回(2016年度)日本放送協会放送文化賞が発表された。といってもご存じない方が多いかも。 「放送事業の発展、放送文化の向上に功績のあった方々に贈呈しています」  とはNHK広報局の弁。  で、受賞者は、緊急地震速報の実用化を推進した東大名誉教授の阿部勝征氏(故人)、8K放送の送受信方式の構築に貢献した東京工業大学理事・副学長の安藤真氏(65)らに並んでタレントのタモリ(71)と女優の三田佳子(75)といった総勢6名である。  かつて「長い間NHKに出られなかった」と明かしたこともあるタモリも「ブラタモリ」などが功績として認められたわけである。 「でもね、選考委員会では“タモリはまだ『笑っていいとも!』のイメージが強い”なんて声も上がったんですよ。驚いたのは、三田さんがまだだったこと」  とは、とある選考委員。  過去には女優では1958年度に杉村春子(50)=当時、以下同=、83年度に黒柳徹子(50)、2002年度に吉永小百合(58)、03年度に岩下志麻(63)、松坂慶子も08年度に56歳で受賞している。三田は「いのち」「花の乱」と複数の大河で主役を務めた唯一の女優であり、紅白では2年連続で紅組司会を務めた。NHKにとって、これ程の貢献はない。  なぜいまなのかNHKに訊いても冒頭の“功績のあった方”を繰り返すばかり。 「やはり次男の事件のせいじゃないですか。歌手でいえば、...more
in English
カテゴリー:

【芸能】コロッケ ものまね界の裏側を暴露「TV出演は営業のため」 - 03月03日(金)07:03 

ものまねタレントのコロッケ(56)が3月1日、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に出演。 ものまねをしてきた大御所有名人達との知られざるエピソードや、ものまね業界の暗黙のルール、 ビジネス形態など、業界の裏話を赤裸々に告白した。   1980年に日本テレビの『お笑いスター誕生』で業界デビュー。番組の同期に「とんねるず」などがおり グランプリこそ獲れなかったが、“岩崎宏美”や“ちあきなおみ”のものまねで瞬く間に大ブレーク。 以来今日までものまね業界を牽引し、現在のレパートリーは1000種類を超えている。  ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【音楽】小沢健二の最新シングルが20年5か月ぶりオリコンTOP10入り - 02月28日(火)04:44 

 歌手の小沢健二(48)の、22日に発売した19年ぶりCDシングル「流動体について」が、20年5か月ぶりにオリコン週間ランキングTOP10入りした。  同作は、昨年5~6月に行った6年ぶり全国ツアーで披露した新曲7曲のうちの1曲。発売初週に3・8万枚を売り上げ、3月6日付けオリコン週間ランキング(集計期間20~26日)で2位初登場した。  TOP10入りは、1996年9月に発売した「大人になれば」が同10月14日付で7位を獲得して以来。2位は95年1月発売の「カローラ2に乗って」と並ぶ自己最...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【訃報】作曲家・船村徹氏が急死 「王将」など5000曲 歌謡界から初の文化勲章 - 02月17日(金)11:16 

 「王将」「風雪ながれ旅」「みだれ髪」など5000曲以上を作曲し、戦後歌謡界を 代表する作曲家、船村徹(ふなむら・とおる、本名福田博郎=ふくだ・ひろお)氏が 16日に死去したことが分かった。84歳。栃木県塩谷郡船生村(現塩谷町)出身。 日本音楽著作権協会(JASRAC)名誉会長、日本作曲家協会最高顧問。  昨年5月に心臓弁置き換え手術を受け、誕生日の同年6月12日に毎年行う「歌供養」も 取りやめていたが、その後4カ月半ぶりに仕事復帰。今年1月18日には、 都内のホテルで開催された文化勲章受章を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「北島三郎」の画像

もっと見る

「北島三郎」の動画

Wikipedia

北島 三郎きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本演歌歌手俳優作詞家作曲家馬主

函館の女に始まる「」シリーズ、兄弟仁義などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。

一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく、自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供など、マルチな活動を精力的に行っている。

作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。

来歴 デビューまで

北海道上磯郡知内村(現:知内町)出身。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる