「北アフリカ」とは?

関連ニュース

テキーラが骨阻粗鬆症の治療に効果的【メキシコ 研究】 - 05月19日(金)21:00 

アルコール度数の高いテキーラは場を盛り上げてくれるお酒です。 ショットドリンクとしてもカクテルドリンクとしても楽しめるテキーラが骨粗鬆症に効果的という、メキシコの最新研究が2017年5月8日に報告されました。 テキーラのどのような成分が骨粗鬆症に効果的なのか、医師に解説していただきました。 テキーラとは 蒸留酒の一種 蒸留酒とは作物をアルコール発酵させた液を加熱してアルコール度数を上げるという作業を行って作る酒で、焼酎・ウォッカ・ラム酒・ブランデーなどがあります。 原料 テキーラの原料は竜舌蘭(アガベ)という乾燥地帯に生える植物で、茎に溜まった液は甘みがあり甘味料として使用され、血糖値が上がりにくいために健康食品にもなっています。 アルコール度数 テキーラのアルコール度数は40%程度と高めで、そのまま飲むほか、マルガリータなどのカクテルにも利用されます。 メキシコの最新研究 研究内容 骨粗鬆症のあるネズミに、竜舌蘭から採取したフルクタンを8週間食べさせ、骨を調べました。 研究結果 新しい骨の形成を反映するタンパク質が50%増加し、骨の直径が増加していることが分かりました。 フルクタンは腸内で腸内細菌の働きにより脂肪酸に変化し、カルシウムやマグネシウムといったミネラルをとらえて細胞に運び込み、骨の再生を促す...more
カテゴリー:

中東・北アフリカ:子どもの貧困、2,900万人【プレスリリース】 - 05月16日(火)17:14 

[公益財団法人日本ユニセフ協会] 【2017年5月15日 ラバト(モロッコ)発】 [画像1: https://prtimes.jp/i/5176/920/resize/d5176-920-894045-0.jpg ] ユニセフ(国連児童基金)は、最近実施した中東・北アフリカ地域11カ国(*)の分析調査に...
カテゴリー:

米航空会社と国土安保省が会合、機内パソコン規制の適用拡大巡り - 05月12日(金)16:39 

[ワシントン 11日 ロイター] - 米国土安全保障省の当局者は11日、米主要航空会社の幹部や業界団体と会合を開き、中東・北アフリカ地域発の航空便を対象にパソコンなどの電子機器の機内持ち込みを禁止する措置について、欧州の空港も対象に含める可能性の影響を協議した。関係筋3人が明らかにした。
カテゴリー:

アメリカ政府、機内への電子機器持ち込み禁止措置をヨーロッパ各国へ拡大検討 - 05月11日(木)15:20 

ロイター通信によると、アメリカ政府は機内へのパソコンなどの電子機器の持ち込み禁止措置を、ヨーロッパ各国にも拡大することを検討していることがわかった。 アメリカとイギリス政府は、中東と北アフリカからアメリカとイギリスに向かう直行便を対象に、携帯電話より大きな電子機器の機内持ち込みを禁止すると3月21日に発表。アメリカ政府はトルコ、ヨルダン、エジプト、クウェート、カタール、モロッコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦の8ヶ国、イギリス政府はトルコ、レバノン、ヨルダン、エジプト、チュニジア、サウジアラビアの6ヶ国からの直行便を対象としている。 機内へバッテリーに偽装したプラスチック爆弾を持ち込み、爆発させるテロを未然に防ぐための措置。国土安全保障省のデビット・ラパン報道官は、「決定している事項はないが、旅行者の安全を保つために必要な変更は行う。」とコメントしている。 ■関連記事 アメリカとイギリス政府、中東などからの直行便でPCやタブレットなどの機内持ち込み禁止 ロイヤル・ヨルダン航空、パソコンなしで機内で過ごす方法を発表 「テーブルでキーボードを装う」など12個
カテゴリー:

米、パソコン機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用の公算=当局者 - 05月11日(木)10:03 

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米政権は中東・北アフリカ地域発の航空便を対象にパソコンなど電子機器の機内持ち込みを禁止する措置について、複数の欧州諸国にも適用を拡大する公算が大きい。事情に詳しい欧米の政府当局者らが明らかにした。
カテゴリー:

荳ュ譚ア繝サ蛹励い繝輔Μ繧ォ縺ョ蟄舌←繧ゅ?雋ァ蝗ー縺ッ2,900荳?ココ?昴Θ繝九そ繝戊ェソ譟サ - 05月17日(水)11:37 

11カ国とは、アルジェリア、コモロ、エジプト、イラク、ヨルダン、モーリタニア、モロッコ、パレスチナ、スーダン、チュニジアおよびイエメン。これらの国々の人口は、中東・北アフリカ地域全体の4分の3を占める。 ユニセフ(国連児童基金)は、最近実施した中東・北アフリカ地域11カ国の分析調査で、この地域の子どもの4人に1人に相当する少なくとも2,900万人が貧困の影響を受けていると報告した。
カテゴリー:

米国土安保省、業界と協議 欧州発便にも機内持ち込み規制検討 - 05月13日(土)05:00 

 米国土安全保障省(DHS)のケリー長官は11日、米国に向かう航空機機内へのノート型パソコンやタブレット端末などの電子機器の持ち込み禁止対象を、現在の中東・北アフリカ発の便に加え、欧州発の便にも拡大することを検討している件で、米航空業界と協議を行った。関係者によると11日の協議には、米大手のデルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空が出席。国土安全保障省は、禁止措置の拡大は検討中であり、決定はしていないという。
カテゴリー:

マクロン仏大統領が選ばれたことで日本にどんな影響があるのか? - 05月11日(木)20:00 

極右政党のルペン氏を破り、見事フランスの新大統領に選ばれたマクロン氏。これまで2回に渡り同氏を分析してきた無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんですが、今回はマクロン氏率いるフランス政府に変わることで、世界にどのような影響が出るのかについて考察しています。気になる日本への影響は…? フランス・マクロン大統領誕生で、世界はどう変わる? 皆さんご存知のように、フランス大統領選挙で、ナショナリストのルペンさんが負け、グローバリストのマクロンさんが勝ちました。マクロンさんについては、これまで2回記事を出しました。 ● 経歴(歳の差略奪婚で、逆に人気者に。ロスチャイルド系エリート)→「略奪婚で逆に人気上昇。フランス大統領候補・マクロン氏の素顔」 ● 今回の選挙の意味(ナショナリスト対グローバリスト)→「極右敗北。仏大統領選マクロン勝利で始まるグローバリズムの逆襲」 まだの方は、こちらをまずお読みください。理解が深まります。 EU崩壊の危機は、ひとまず回避された ルペンさんは、「大統領になったらEU離脱の是非を問う国民投票を行う!」と宣言していました。つまり、彼女が大統領になったらEUは事実上崩壊する可能性があった。しかし、マクロンさんが勝ったことで、EUは救われました。 そうはいっても、EUの未来は、あまり明るくありません。中東・北アフリカ、つまりイスラム圏から大量難民...more
カテゴリー:

テロ対策としてのノートPCの機内持ち込み禁止措置がイスラム圏からヨーロッパにまで拡大か - 05月11日(木)13:00 

アメリカ国土安全保障省(DHS)は2017年3月から、北アフリカと中東の8カ国の航空会社9社に対し、携帯電話より大きい電子機器の機内持ち込みを禁じる措置を取ってきましたが、この措置がヨーロッパ地域に拡大されるという臆測が広がっています。続きを読む...
カテゴリー:

【航空】米、パソコン機内持ち込み禁止を欧州諸国にも適用の公算=当局者 - 05月11日(木)08:44 

http://jp.mobile.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N1IC686 [ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米政権は中東・北アフリカ地域発の航空便を対象にパソコンなど電子機器の機内持ち込みを禁止する措置について、複数の欧州諸国にも適用を拡大する公算が大きい。事情に詳しい欧米の政府当局者らが明らかにした。 当局者らによると、米政府はまた、貨物室で電子機器のリチウム電池が発火するリスクについて、対策を再検討しているという。 対象国の拡大はユナイテッド航空やデルタ航空、アメリカン航空など米航空会社...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「北アフリカ」の画像

もっと見る

「北アフリカ」の動画

Wikipedia

北アフリカ(きたアフリカ)は、アフリカのうちサハラ砂漠より北の地域を指す。また、狭義には西端部のマグリブ地域のみを指す場合もある。エジプトリビアを中心に中東の一部として定義されることも多い。サハラ砂漠をはじめとした砂漠地帯やステップが大部分を占めるが、地中海を挟んでEU諸国と対しており、モロッコチュニジアのように経済が比較的発達している国が多い。住民にはアラブ系のコーカソイドが多いため、ホワイトアフリカともよばれる。

国家・地域

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる