「化学物質」とは?

関連ニュース

電気自動車による絶望的な環境汚染、リチウムイオン電池の薄汚い真実 - 04月26日(木)16:05  news

この記事を読むと心が痛むかもしれない。携帯電話やノートPC、ハイブリッドカー、電気自動車。 どれかを持っているなら、座ってじっくり読むべきだ。 地域紛争の資金源獲得のため、ダイヤモンドや鉱物資源が採掘されている話は聞いたことがあるだろう。 また、アップルなど、大手テック会社が消費者向の自社製品に使われる原材料の産出地を選別しようと している(政府に命令される場合もあるが)ことも多少は耳にしているかもしれない。 だが「グローバリゼーション」や「サプライチェーン」、「劣悪な労働環境」といった話は...
»続きを読む
カテゴリー:

仮想通貨がピンチ? 「育成」から「規制」へ 金融行政を転換か(鷲尾香一) - 04月23日(月)07:00 

仮想通貨交換業の「コインチェック」による580億円の仮想通貨流出事件はあったものの、引き続き仮想通貨熱は冷めることがない。 しかし、仮想通貨はその最大の特長である「匿名性」について、ピンチを迎えつつある。仮想通貨は、投資家自身の保有残高や取引記録が他人に知られることがなく、プライバシーが保護される。その半面、違法取引にまつわるマネーロンダリング(資金洗浄)に利用されるなどの可能性がある。犯罪に使われるリスクを抑えようと、各国の金融当局だけではなく、国際機関が「規制」に乗り出した。仮想通貨業者の登録や本人確認作業がより厳しくなる 日本ではほとんど報道されなかったが、2017年7月、仮想通貨にとって大きな影響のある出来事が米国で起きた。米国の闇サイト「アルファベイ」が閉鎖に追い込まれたのだ。 アルファベイはインターネット上で最大の犯罪市場サイトといわれ、違法薬物や銃器、化学物質などを世界中に販売していた。その資金決額は10億ドル(1000億円)以上とみられ、仮想通貨を利用していた。この「アルファベイ」閉鎖には、世界各国の当局が連携した。 「これが、仮想通貨を規制するうえでの教訓となった」と、金融庁関係者は言う。その教訓とは、「消費者保護には、仮想通貨のようなデジタルの取引も、これまでのアナログな通常の取引と同じ規制が適用されるべきだ」ということ。 こうした考え方は、2018年3月19~...more
カテゴリー:

もう終わったはずなのに…ダラダラ続く花粉症の鼻水とサヨナラしませんか? - 04月21日(土)10:00 

ピーク時よりだいぶ楽になってきた印象も強い花粉症、それでも「まだ鼻水はときどき出る」という方も多いのではないでしょうか。 特に今年から花粉症の症状が出るようになった方は、どう対処していいかわからず苦しんだり、とりあえず時期が終わるまで「耐えるしかない」と我慢していらっしゃるかもしれません。 今回はそんな花粉症による鼻水・鼻づまりについて、原因からわかりやすく医師に解説してもらいました。 花粉症で鼻水が出るメカニズム テレビでも今年の花粉飛散量は例年以上というニュースもあり、花粉症の症状に悩まされていた人も多いでしょう。 一見すると風邪とも似ている花粉症の症状ですが、そのメカニズムは風邪とは異なります。 花粉症は免疫反応によるもの  花粉症の症状の中でも、最も一般的なものはくしゃみ・鼻水・鼻づまりですが、これらはいずれも花粉が体の中に入ることによる「免疫反応」が原因です。 空気中にある、スギやヒノキといった花粉が体内に入ると、私たちの体はそれを“異物”として認識し、体の中から排除しようとします。 こうした反応を引き起こす原因となる物質を抗原(アレルゲン)といいます。 抗原によって抗体が作られる 抗原を体の中から排除しようとする働きによって抗体と呼ばれる物質が作られ、これは体内...more
カテゴリー:

コーヒーばかりかブロッコリーやディズニーランドにもがんの恐れが!? カリフォルニアのトンデモ州法とは - 04月17日(火)14:00 

先月末、カリフォルニア州の裁判所がスターバックスなどのコーヒー販売業者に対し「コーヒーにがんを引き起こす可能性のあることを示す警告文の表示」を命じた。判決の根拠については、コーヒー豆を焙煎する時に発生し、コーヒー中にも含まれるアクリルアミドの量が“州法”に照らして低水準であることを証明できなかったためとしているが、この“州法”が実はとんでもない法律らしい。 “Prop65”と呼ばれるその州法は、がんまたは生殖障害を引き起こす恐れのある化学物質を規定し、企業が飲料水源や個人に対して有害物質を曝露しないように定めたもので、1986年に州民投票を経て成立した。ディーゼル排気ガス、タバコの煙、アルコールなど施行当初30種類ほどだった規定物質リストは、毎年更新されるたびに新たな有害物質が追加されていき、現在ではおよそ1000種類もの化学物質が規定されている。そして、それら有害化学物質に接触する恐れのあるものには警告を表示するように求めているのだが、指定有害物質が広範に渡るため対応の難しいことで知られている。なんせ世界保健機関(WHO)が“安全宣言”したコーヒーのアクリルアミドについても訴訟を起こされてしまうのだから、よく分からない。 そのややこしさと、違反した場合には“1日あたり”2500ドル以下という高額の罰金が科せられることから、“Prop65”対策の甘い企業を狙い撃ちする法律事務所もあ...more
カテゴリー:

ではここで残留農薬ランキングを御覧ください。最悪だったのは・・・・ - 04月16日(月)23:01  news

(CNN) 環境保護団体が行った果物と野菜の残留農薬調査で、最も残留量が多い農産物として、前年までに続いて今年もイチゴが筆頭に挙がった。 非営利の環境保護団体、環境ワーキンググループ(EWG)は2004年以来毎年、消費量の多い果物と野菜47品目の残留農薬を調べ、ランキングをまとめている。 農薬の成分には、殺虫剤や除草剤、防かび剤、殺鼠(さっそ)剤といったさまざまな化学物質が含まれる。 残留農薬が多いワースト12品目の今年のランキングは、 イチゴを筆頭に、 ホウレンソウ、 ネクタリン、 リンゴ...
»続きを読む
カテゴリー:

水100%なのに油汚れが落ちるフシギ - 04月26日(木)06:00 

合成洗剤が日本でも使われるようになり、早80年。第一次世界大戦時、動植物性油脂の不足を補うためにドイツで開発され、その洗浄力の高さから、いまではさまざまな種類の合成洗剤が登場、私たちの暮らしに寄り添った存在になっていますよね。しかし普及とともに、海や川など自然環境への影響が世界的に危惧されるようになったのも事実。各メーカーは環境に優しい洗剤の開発に注力しています。でも、そもそも水だけじゃ汚れは落ちきらないの?こう質問すれば、多くの人が「水じゃ汚れが残っちゃうのは当然でしょ」と答えるかと。快感!油汚れがズズッと取れる多くの人が、自然環境を守ることに意識はあっても、日常生活を送っているとこの問題に直面する、もしくは実感することはあまりない。けれどサーファーなど生活に海が不可欠な人々は、つねにこの問題を目の当たりに。そんななか、多くのサーファーに愛される湘南の地で生まれたのが、化学物質や界面活性剤を一切使っていない、正真正銘100%水の洗浄スプレー「クラスアッシュ ウォータークリーナー」。水を電気分解した、マイナスイオンを多く含むアルカリイオン洗浄水で、酸性汚れならどんな汚れもお手の物(したがって水アカ汚れなどアルカリ性汚れには対応していないので悪しからず)。実際に使ってみると、「ひと噴き」そして「ひと拭き」で、気持ちいいくらいゴソっと油汚れが取れる取れる。ちなみにオススメの「気持ちいい...more
カテゴリー:

敵が巣に侵入すると自爆して毒を散乱する新種のアリが発見される その名も「自爆アリ」 - 04月21日(土)13:29  news

オーストリアのウィーン自然史博物館など国際研究チームは、マレー諸島ボルネオ島で、 最近新たに発見された新種のアリを発表。 このアリは変わった特徴を持っており「自爆アリ」と呼ばれている。自爆アリは自分たちの巣に 蜘蛛などの敵が侵入してきた際に、自分の体を爆発し犠牲にして敵を傷付けたりまたは殺して 巣を守るという特徴を持っている種類。 今回発見された新種の自爆アリは巣に侵入者が入って来て脅威を感じたら、腹部の筋肉が著しく収縮する。 これはこれは外皮が破れ爆発するまでの準備段階である。 この爆発...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境】ハングル表記のポリタンク、山陰に大量漂着…中に強酸性液体、韓国側の違法行為のツケ回される - 04月19日(木)08:11  newsplus

2018.4.19 06:30  島根県の日本海沿岸に3月、ポリタンクが大量に漂着した。その大半にハングル表記がみられ、一部には強酸性液体の内容物が確認された。ポリタンクの漂着は近年、日本海沿岸を中心に増えており、同県では昨年2~3月にも約3千個が流れ着いた。歓迎されざる“冬の風物詩”となりつつある状況に、沿岸自治体は困惑している。  3月2日午後2時ごろ、同県出雲市の海岸部をパトロールしていた県出雲県土整備事務所の職員が、湊原海岸にポリタンクが21個漂着しているのを発見。周辺を巡視した結果、約17キロの範囲...
»続きを読む
カテゴリー:

チョウ:アサギマダラ雄、蜜が交尾を刺激 ユニークな生態 - 04月17日(火)12:54 

広島大・玉川大研究チーム発表  海を渡って旅するチョウとして知られる「アサギマダラ」の雄は、植物の蜜や汁から特定の化学物質を摂取しないと交尾しないことを発見したと、広島大と玉川大(東京都)の研究チームが発表した。物質は中枢神経に働きかけ、刺激薬のような役割を果たす。交尾に不可欠な物質を外から得る動物
カテゴリー:

【食】残留農薬ランキング 最悪はイチゴ、安全の筆頭はアボカド - 04月16日(月)20:35  newsplus

(CNN) 環境保護団体が行った果物と野菜の残留農薬調査で、最も残留量が多い農産物として、前年までに続いて今年もイチゴが筆頭に挙がった。 非営利の環境保護団体、環境ワーキンググループ(EWG)は2004年以来毎年、消費量の多い果物と野菜47品目の残留農薬を調べ、ランキングをまとめている。 農薬の成分には、殺虫剤や除草剤、防かび剤、殺鼠(さっそ)剤といったさまざまな化学物質が含まれる。 残留農薬が多いワースト12品目の今年のランキングは、イチゴを筆頭に、ホウレンソウ、ネクタリン、リンゴ、ブドウ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「化学物質」の画像

もっと見る

「化学物質」の動画

Wikipedia

化学物質(かがくぶっしつ、chemical substance)とは、分野や文脈に応じて以下のような様々な意味で用いられている言葉である。

  • 原子、分子および分子の集合体や高分子重合体のような、独立かつ純粋な物質。混合物不純物が多いものは除外される。特に化学が研究対象とするような物質岩波書店広辞苑 第六版。
  • 元素または化合物に化学反応を起こさせることにより得られる化合物(化審法における定義)。
  • 人工的、あるいは工業的に合成した物質。天然物に対する概念として用いられる。なお広辞苑は、この意味の存在に言及した上で「元々このような意味はない」と指摘している。
  • アメリカ化学会が発行している Chemical Abstracts 誌で使用される化合物番号(CAS登録番号)が付与された物質の数は約3000万種であり、うち工業的に生産されているもの(すなわち上記3に該当する物質)は約10万種、世界で年間1000トン以上生産されるものは5000種程度とされ...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる