「勧善懲悪」とは?

関連ニュース

ジャッキー・チェンが「マイ・アイドル」「サインがほしい」という日本人は? - 01月18日(木)09:14 

ジャッキー・チェンといえば、言わずと知れた世界的スター。そんなジャッキーが、「オー! マイ・アイドル!」と思わず興奮してしまう日本人。それが俳優の小林旭です。『ポリス・ストーリー レジェンド』のプロモーションで日本の情報番組のインタビューに登場した際には、今、一番ほしいものを聞かれて、「アキラ・コバヤシのサインがほしい」と答えたほどの大ファンなのです。 ジャッキー以外にも香港映画界には小林にあこがれている著名人は多く、映画監督のジョン・ウーや俳優のチョウ・ユンファも敬愛していることが知られています。しかし小林旭の日本におけるイメージは昭和の大スター。それがなぜ、今も香港の映画人たちにこれほど愛されているのでしょうか。 実は小林旭が映画俳優として全盛期だった1960年代、日本映画は東南アジアの各国でブームになっていました。特に日活が得意とした無国籍アクション映画(日本のようで日本でない架空の場所を舞台にした作品群。和製西部劇ともいわれた)は、アジア映画のみならず、フランスのヌーベルバーグにさえも影響を与えたといわれています。しかも、日本の映画会社のアジアマーケットにおける当時の拠点は香港にあり、正確なデータは残っていないものの、かなりの本数が公開され、多くの観客を集めたとか。 その頃、小林は日活の看板俳優でした。主演の『渡り鳥』シリーズや『流れ者』シリーズは、わかりやすい勧善懲悪のス...more
カテゴリー:

『マジンガーZ / INFINITY』の森久保祥太郎、兜甲児の決め台詞に酔いしれる - 01月11日(木)19:30 

漫画家・永井豪の画業50周年プロジェクトの中でも、ひと際ファンたちを興奮させたのが、巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」の復活劇だ。本作『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』( 1月13日公開)で主人公・兜甲児役を務めた声優・森久保祥太郎を直撃!森久保は、マジンガーZに乗り込む際の決め台詞「パイルダーオン!」を叫んだ時、緊張感よりも高揚感に酔いしれたそうだ。 【写真を見る】悩殺!豊満バディのマジンガールズ/[c]永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 本作の時間軸は、兜甲児の活躍により、平和な時を取り戻してから10年後。科学者となった兜甲児が、超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇すると時を同じくし、謎の復活を遂げた宿敵Dr.ヘルを迎え、再び人類の未来を背負ってマジンガーZに乗り込む。「マジンガーZ」が誕生したのは1972年で、1974年生まれの森久保はテレビアニメを再放送で観た世代だ。「リアルタイムでは観てないけど、超合金などのおもちゃで遊んだ記憶があるので、今回出演できると決まった時はすごくうれしかったです」。 森久保はオーディションで兜甲児役を勝ち取ったが、「パイルダーオン!」や必殺技を叫ぶシーンは、オリジナルキャストである石丸博也が当時演じていた感じをトレースしてほしいというオーダーが入ったそうだ。ちなみに石丸は、本作に統合軍指令役で参加している。 「ラッキーなことに今回...more
カテゴリー:

アニメ「3月のライオン」いじめ解決編~2期34、35話「国分先生」の登場と、その反響 - Togetter - 01月17日(水)07:15 

アニメ「3月のライオン」いじめ解決編~2期34、35話「国分先生」の登場と、その反響 - Togetter原作通りの展開ですが、アニメ「3月のライオン」で二期目の重要なテーマとなった『学校のいじめ』が、一応の解決を迎えました(解決なんて永久にない、ともいえますが…) そこで大きな役割を果たす学年主任・国分先生の行動は、ドラマ的にも勧善懲悪のカタルシスをもたらし、教育論的にも考えさせられる発言や振る舞いが多く、反響が大だったようです。 以前も何本か「3月のライオン/いじめ」に特化したまとめを作らせて 続...
カテゴリー:

【テレビ】「ドクターX」「陸王」…2017年に愛された「連続ドラマ」BEST5 - 12月27日(水)18:23  mnewsplus

【1位】米倉涼子主演「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)=全話平均視聴率20.7%、【2位】役所広司主演「陸王」(TBS系)=同16.0%、【3位】水谷豊主演「相棒シーズン15、シーズン16」(テレ朝系)=同15.2%、14.7%、【4位】山下智久主演「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」(フジテレビ系)=同14.6%、【5位】木村拓哉主演「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)=同14.5%。  本年度、上位ドラマの特徴は「陸王」を除いては、原作のないオリジナル作品であること。また、「ドクターX」「相棒」「コード・ブ...
»続きを読む
カテゴリー:

「勧善懲悪」の画像

もっと見る

「勧善懲悪」の動画

Wikipedia

勧善懲悪(かんぜんちょうあく)は、「を勧め、を懲しめる」ことを主題とする物語の類型の一つ。勧懲(かんちょう)とも略す。

物語類型

善を勧め、悪を戒める倫理規範や、因果応報を説く思想はさまざまな社会集団や宗教でみられるが、本項では物語の類型としての「勧善懲悪」を中心に扱う。

勧善懲悪の文学様式は、時代劇や多くのハリウッド映画、ヒーロー戦隊番組に於けるシナリオにおける典型的パターンである。これは善玉(正義若しくは善人)と、悪玉(悪役悪党・搾取する権力者など)が明確に分かれており、最後には悪玉が善玉に打ち倒され、滅ぼされたり悔恨するという形で終結する。一般にはハッピーエンドとされる形で物語は終幕を迎えるパターンである。悪としてよく扱われるのが、一般に強大な力を保持し、平和を乱し、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる