「勧善懲悪」とは?

関連ニュース

『小さな巨人』長谷川博己の手・岡田将生の唇…パーツの魅力がネットで話題! - 05月28日(日)09:02 

 警察版『半沢直樹』と呼ばれ、毎回、劇的な展開を見せる『小さな巨人』(TBS系列)の前半・芝署編がいったん終結しました。豊洲署に異動となった香坂(長谷川博己)の出世は絶望的とも言われてますが…。  本当のラスボスとの対決までもう一波乱といった中ですので、「半沢~」のような反撃からのスカッと感を味わっていません。そのため、煮え切らないままややこしい第2章となり、脱落しそうになる視聴者もそろそろ出てきたかと思います。  そんな時には、いっそのこと見どころを切り替えて、目の保養ポイントを模索してみてはいかがでしょう? というのも、ドラマが放送されるたびにネットでは『小さな巨人』俳優陣のパーツへの賞賛の声が上がっているのです。 『半沢~』のスタッフたちと同じということで、人物の表情の変化が分かる長回しやキメや見せ場はど正面と、ザッツ勧善懲悪SHOWな見せ場が随所にあります。男臭い世界なだけに、若干疲れてしまった女性のみなさんのために、この俳優の魅力パーツを挙げていきたいと思います。 ◆香坂真一郎(長谷川博己)=指先まで美しい手  長谷川さんは『MOZU』でのぶっとんだ役や『シン・ゴジラ』でのかっこいい役まで振り幅が広いのですが、今回は後者に近いでしょう。  TPOに合わせた身なりを気にするところもある香坂は、基本はスーツをビシっと着こなしています。背が高く、背筋もピンとしている...more
カテゴリー:

【ドラマ】<TBS日曜劇場/小さな巨人>好調の理由は?「半沢直樹」と似て非なる魅力 - 05月16日(火)18:58 

俳優の長谷川博己さんが主演を務めるTBS系の日曜劇場「小さな巨人」(毎週日曜午後9時)の第5話が14日に放送され、平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録。初回でマークした13.7%を上回り、自己最高を更新した。数々のヒット作を生み出してきた同局の人気ドラマ枠「日曜劇場」で、プロデューサーは「半沢直樹」「下町ロケット」の伊與田英徳さんが務めていることから放送前から注目度が高かった今作。これまで視聴率が13%を下回ったのは4月30日に放送された第3話のみと好調をキープしている。その理由に迫...
»続きを読む
カテゴリー:

「勧善懲悪」の画像

もっと見る

「勧善懲悪」の動画

Wikipedia

勧善懲悪(かんぜんちょうあく)は、「を勧め、を懲しめる」ことを主題とする物語の類型の一つ。勧懲(かんちょう)とも略す。

物語類型

善を勧め、悪を戒める倫理規範や、因果応報を説く思想はさまざまな社会集団や宗教でみられるが、本項では物語の類型としての「勧善懲悪」を中心に扱う。

勧善懲悪の文学様式は、時代劇や多くのハリウッド映画、ヒーロー戦隊番組に於けるシナリオにおける典型的パターンである。これは善玉(正義若しくは善人)と、悪玉(悪役悪党・搾取する権力者など)が明確に分かれており、最後には悪玉が善玉に打ち倒され、滅ぼされたり悔恨するという形で終結する。一般にはハッピーエンドとされる形で物語は終幕を迎えるパターンである。悪としてよく扱われるのが、一般に強大な力を保持し、平和を乱し、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる