「勧善懲悪」とは?

関連ニュース

結局何も出てこなかった加計問題 識者の間で「朝日新聞による改憲阻止工作」だったとの見方が強まる - 07月24日(月)20:26  news

池田信夫@ikedanob 加計学園は結局、何も出てこなかった。昔からいろんなスキャンダルがあるが、リクルート事件は最初は大疑獄事件になると(マスコミは)思った。 最初から違法性の疑いがなく検察も動かない話で、ここまで騒いだのは前代未聞。野党とマスコミの劣化を示す歴史的な事件だ。 池田信夫@ikedanob 文科省の怪文書が出てきたのが、安倍首相の憲法改正案の直後だったことも偶然ではないだろう。 2020年に国民投票で可決するには、今年中に改正案を国会に出さなければならない。あらゆる方法で改正を阻止しようという朝...
»続きを読む
カテゴリー:

日本の夏、おっさんの夏。ドラマ『『三匹のおっさん3』キャストが語る「人生の心の拠り所」 - 07月20日(木)00:00 

北大路欣也さん、泉谷しげるさん、志賀廣太郎さんが、普通のおっさんに扮して町内にはびこる悪をぶった斬る痛快&勧善懲悪ドラマ『三匹のおっさん』シリーズ。 『三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~』のDVD-BOXがリリース中ですが、キヨ(北大路欣也)、シゲ(泉谷しげる)、ノリ(志賀廣太郎)によるファンへの応援メッセージが到着しました。 本作は、還暦オーバーのかつての悪ガキ3人組、キヨ、シゲ、ノリの“三匹のおっさん”が私設自警団を組み、町内トラブルの数々を解決していく痛快人情ドラマ。民泊詐欺、モンスターペアレント、オレオレ詐欺など誰にでも身近な悪を扱い、視聴者のハートをワシづかみ! 高い人気でシリーズ化となっています。 多彩な特典映像が収録予定のDVDですが、「三匹のおっさん 座談会トーク」では、3作目を迎えた“三匹のおっさん”が今の心境をはじめ、それぞれのキャラクター、ドラマの魅力を素で語り合っているファン垂涎の内容に。撮影が始まった当初から現在まで、“三匹のおっさん”への想いをしみじみと回想する3人の本音は、この特典でなければ楽しめないレア映像です。 キヨ役の北大路さんは、「我々の周りには問題はたくさんあります。全部が全部自分で対応することはできないけれど、一番身近で何か気になることがあったら、キヨとしての正義感をもって、そのテーマにぶつかっていきたいと思う」と、キヨに教わった教...more
カテゴリー:

竹内力、芸能界を生き抜くコツ「誰かと同じことをやってもダメなんだ」 - 07月12日(水)10:00 

 芸能人が所属事務所を辞めるどうかをめぐる騒動やトラブルがたびたび起こる中、20年前にある決断をしていた男がいた。竹内力(53)。1985年にデビューし、映画やドラマで活躍していたが、97年に芸能事務所および映像製作会社「RIKIプロジェクト」を設立し、独立。昨年、芸能生活30年を迎え、唯一無二の存在として活躍し続けている。その秘けつは「誰かと同じことをやってもダメなんだよ」と、実に明確だ。 【写真】『闇の法執行人』『大馬鹿代』対照的なビジュアル  「芸能界というのは甘くない世界ですから、自分の仕事は自分で生み出していこうと30代前半で(独立を)決心しました。俳優には、向いている人と向いていない人がいて、俺はどちらかと言えば向いていないと思ったし、でもモノを作ることは子どもの頃から得意だった。中学の時は、技術の授業で作った木工作品が九州大会で銀賞に選ばれくらいだからね(笑)。その頃は、まさか自分が映像を作る会社をおこすとは思ってもいなかったけど…ただ、自分の思い描いたものを形にする点では一緒だなって思う」。  独立してからは、自分の個性を生かせる作品、役柄にこだわった。いわゆるVシネマ、ビデオストレートの作品を主戦場とし、『難波金融伝・ミナミの帝王』などに主演し、ヒット作を連発。「独立して15年くらいはテレビの仕事はあえて出演しないという方針でした。テレビでは、自分とは真逆の...more
カテゴリー:

北大路、泉谷、志賀の三匹のおっさんが語る 「おっさんたちの人生のよりどころ」とは - 07月21日(金)16:31 

 還暦オーバーの、キヨ(北大路欣也)、シゲ(泉谷しげる)、ノリ(志賀廣太郎)のおっさん3人組が、町内にはびこる悪をぶった斬るという痛快&勧善懲悪ドラマ「三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~」のDVD-BOXがポニーキャニオンから発売された。  特典映像に収録予定の座談会トークで北大路は「われわれの周りには問題はたくさんあります。全部が全部、自分で対応することはできないけれど、一番身近で何か気になることがあったら、キヨとしての正義感をもって、そのテーマにぶつかっていきたいと思う」と、キヨから学んだ教訓について語った。  また、泉谷は「恐らく仕事的にも人生的にも人がほしいものは、もしかしたらよりどころじゃないかと思うんだよね。そういうよりどころの1個になっていればいいかなって」と作品の魅力を語った。  志賀も「よりどころという意味では、友情もあるでしょう。多くの人たちとの付き合いが、今の僕を作っています。人を大事にする、その気持ちだけは忘れないようにしようと思っています」とコメントしている。  本編以外にも、撮影現場の裏側に潜入する「メイキング映像集」、「三匹ファミリーツーショットインタビュー」など特典映像が盛りだくさんだ。【関連記事】 ・泉谷しげる「最後までパンク親父でいたい」45周年特別公演でまさかの出禁!? 客席へ乗り込んでいく69歳の凄み
カテゴリー:

お決まりなし「らしくない」時代劇 三宅唱監督に聞く - 07月15日(土)11:16 

 日本映画界の俊英・三宅唱監督(32)が撮った衛星放送チャンネルのドラマ作品「密使と番人」は、これまでになかった新種の時代劇だ。派手な殺陣もなく、悪党を懲らしめる勧善懲悪の話でもない。劇伴もヒップホッ…
カテゴリー:

「勧善懲悪」の画像

もっと見る

「勧善懲悪」の動画

Wikipedia

勧善懲悪(かんぜんちょうあく)は、「を勧め、を懲しめる」ことを主題とする物語の類型の一つ。勧懲(かんちょう)とも略す。

物語類型

善を勧め、悪を戒める倫理規範や、因果応報を説く思想はさまざまな社会集団や宗教でみられるが、本項では物語の類型としての「勧善懲悪」を中心に扱う。

勧善懲悪の文学様式は、時代劇や多くのハリウッド映画、ヒーロー戦隊番組に於けるシナリオにおける典型的パターンである。これは善玉(正義若しくは善人)と、悪玉(悪役悪党・搾取する権力者など)が明確に分かれており、最後には悪玉が善玉に打ち倒され、滅ぼされたり悔恨するという形で終結する。一般にはハッピーエンドとされる形で物語は終幕を迎えるパターンである。悪としてよく扱われるのが、一般に強大な力を保持し、平和を乱し、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる