「勝又清和」とは?

関連ニュース

修学旅行より将棋の大会を優先――永瀬拓矢七段の小学生時代のエピソードを佐々木勇気六段が語る - 04月10日(火)17:30 

 3月30日(金)のニコニコ生放送「第43期棋王戦 五番勝負 第5局」にて、解説として佐々木勇気六段が、聞き手として和田あき女流初段が登場。  永瀬拓矢七段と小学生の頃から付き合いがある佐々木六段に対して、視聴者から「奨励会時代入会前などのエピソードがあれば聞きたいです」というお便りが届きました。佐々木六段は「私も永瀬さんは(子どものときから)あまり変わっていないと思うんです」と前置きをして、永瀬七段の小学生時代のエピソードを語りました。 左から、聞き手を務める和田あき女流初段、解説を務める佐々木勇気六段 ■関連記事・永瀬拓矢七段の将棋メシ事情。定跡だった“にぎり特上”から“にぎり上”に変えたワケ「特上を頼んだら対局中で……」 修学旅行より将棋の大会を優先 和田: 東京都の女性からいただきました。「佐々木先生は永瀬先生とは奨励会入会前からの付き合いだと思いますが、お二人はどんな子供でしたか? 奨励会時代入会前などのエピソードがあれば聞きたいです」というメールです。 佐々木: これは永瀬さんのファンの方でしょうね(笑)。子供のときから永瀬さんも私も大きくは変わっていないと思います。永瀬さんは私のことをよく「全然変わってない」っていうふうに言っていると思うんですけど、私も永瀬さんは(子どものときから)あまり変わっていないと思うんです。 ここで11年前の写真など。 pic....more
カテゴリー:

「勝又清和」の画像

もっと見る

「勝又清和」の動画

Wikipedia

勝又 清和(かつまた きよかず、1969年3月21日 - )は、将棋棋士。石田和雄九段門下。棋士番号は215。神奈川県座間市出身。東海大学理学部数学科卒。

棋歴

1983年に第8回中学生名人戦で優勝第8回中学生名人戦には勝又のほか、中川大輔、畠山成幸・鎮兄弟も出場していた(「将棋世界」2000年1月号付録より)。。その年に奨励会に入会。

1級までは順調に昇級したが、そこからの各昇段に2年以上ずつかかり、22歳でようやく三段に昇段する。しかし、三段リーグでも昇段のチャンスをつかめず、一時は退会も考えた「将棋世界」2000年1月号付録。年齢制限(26歳)も迫っていた。

転機となったのは、第52期(1994年度)名人戦の七番勝負を戦う米長邦雄名人と羽生善治四冠の闘志あふれる姿を見たことだった。勝又は同年度4月 - 9月の第15回三段リーグでは昇級を逃すも、リーグ表順位で勝又より下の近藤正和と同星の12勝6敗の成績を収める。これが結果的に大きかった(次回のリーグ表で、勝又は3位、近藤は4位)。勝又は次の第16回三段リーグ(1994年度10月 - 3月...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる