「勝ち組」とは?

関連ニュース

「春日部市」のマンションは“買い”なのか? 20代の働き盛りが越谷市、草加市などに移動し、 不動産価格は「ピーク比半減」でも底値は見えず - マンション価格が値下がりしにくい勝ち組エリア - 04月19日(木)12:05 

かつて人気の郊外ベッドタウンだった「埼玉県春日部市」の「厳しい現状」と、将来予測される事態をレポートする。春日部市は人口減少に悩んでおり、不動産価格もピーク比で半減している。新築マンションなどを購入する際に、きちんと「自治体選び」をしなければ将来、不動産の価値が大きく下落してしまう可能性もある。
カテゴリー:

投資銀行業界の新たな勝ち組と負け組 - 04月16日(月)17:47 

 グローバル投資銀行の勝ち組と負け組がくっきりと分かれつつある。勝ち組はおおむね米国の大小の投資銀行、負け組はそのはざまで身動きの取れない欧州の投資銀行である。
カテゴリー:

北九州のソウルフード「資さんうどん」は、「しさんうどん」とは読まないぞ! 正しくは... - 04月11日(水)11:00 

2018年4月10日、ツイッターのトレンド欄に、突如として「資さんうどん」なる単語が現れた。その名もズバリ、「株式会社資さん」が運営する外食チェーン店で、福岡県北九州市を中心に40店舗近くを展開している。この「資さん」を半年ほど前に初めて食べた、東京出身のJタウンネット記者。関東でも食べられる「ウエスト」もそうだが、福岡うどんが持つ独特の「ノド越し」に魅了されたものだ。多くの店舗で24時間営業しているため、いつでも「補給」できるのも、資さんの特徴だ。そんな北九州のソウルフードに、いったい何が?「ずっと『しさん』だと思っていた」とのツイートも話題になったきっかけは、4月10日朝に西日本新聞から配信された記事だ。そこには、投資ファンド「ユニゾン・キャピタル」(東京都千代田区。以下、ユニゾン社)が、資さんの全株式を取得したとわかったとし、「今後、本州や海外での店舗展開に乗り出すとみられる」と伝えている。株式の取得については、具体的な取得割合こそ書かれていないが、ユニゾン社の公式サイトでも3月30日付で発表されている。なお、この発表文では、店舗展開について「資さんが今後店舗展開をさらに拡大させていくことで、九州の広い地域でお客様に愛されるよう全力でサポートしていきます」といった表現に留められている。西日本新聞の記事は10日朝、Yahoo!ニュースのトピックスで「資さんうどん、全国展開へ」と...more
カテゴリー:

藤原紀香、ネットの批判に「面白い」/平愛梨インスタの勝ち組感…<今週の見逃しニュース> - 04月07日(土)15:45 

 各地で入社式が行われた今週。人手不足の売り手市場なので、タレントを招いたりして新入社員を手厚くもてなす式が多かったんだとか。就職氷河期世代にはどう映ったでしょう。  それでは今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュ […]
カテゴリー:

あのフェイスブックとアマゾンという 世界的勝ち組企業に迫りつつある「不吉な兆候」 - 闇株新聞 - 04月06日(金)17:00 

世界の株式市場を牽引してきた時価総額上位企業に、変調の兆しが見えます。なかでもアマゾン(世界時価総額4位)とフェイスブック(同8位)は不吉な悪材料に見舞われ、直近でも時価総額が8兆円ずつ目減りしています。「超勝ち組企業」であるはずの2社にいったい何が起こっているのか!?
カテゴリー:

中国の現実。少子化で子供に捨てられる老人が「1億人」の衝撃 - 04月18日(水)04:45 

少子高齢化が問題となって久しい日本ですが、お隣中国では現在、子供に面倒を見てもらえず孤独に暮らす老人が1億人以上存在するなど、深刻度は我が国の比ではないようです。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者でマンション管理士の廣田信子さんが、中国の「421社会」と呼ばれる現象を紹介、日本社会に対しても早急の少子化対策が必要だと警鐘を鳴らしています。 中国「421社会」の実態 昨年、「クローズアップ現代+」で放映された中国の高齢社会の現状です。中国の人口構成を象徴する言葉が「421社会」すなわち、4人の老人(祖父母)と2人の夫婦を1人の子ども(孫)が支えるというものです。 少し前は、大切な一人っ子を両親2人と、そのそれぞれの親(祖父母)4人が、大切にお金を掛けて育てる…というように取り上げられていましたが、高齢化とともに、これが逆になるのです。 そして、中国では最近、「未富先老」ということばをよく聞きます。「国が豊かになる前に先に老いる」、つまり、経済成長の果実を手にする前に高齢社会を迎えるという意味です。 そして、2015年に一人っ子政策は廃止されましたが、2人目は産まないという夫婦が多いといいます。37年続いた一人っ子政策の廃止によって、少子化には歯止めがかかると見られていました。 予想に反して出生率が上がらない理由の1つが、教育コストの高騰だといいます。一...more
カテゴリー:

保阪尚希、年商10億円の陰に「事実婚14年」の女性 - 04月13日(金)09:30 

 4月6日放送の『今夜解禁!ザ・因縁』(TBS系)に俳優の保阪尚希(50)が出演。14年間隠し続けた事実婚の女性が、保阪との関係に決着をつけるべく、顔出しでスタジオに登場した。  20代の頃はトップ俳優としての地位に昇りつめたものの、2度の離婚を経験。今は「保阪流」という通販サイトのコンサルタントとして年商10億円をかせぐ保阪が、14年前から事実婚であることを隠し続けている“因縁美女”の存在について、「(彼女の存在を)知ってもらえたらいいな」と番組で告白した。  保阪は「“勝ち組ですよね”とよく言われるが、何一つ埋まってなかった」と過去の自分を回想し、そんなときに出会った12歳年下の“因縁美女”こと石川加奈子さんに「完全に一目惚れだった」と激白。加奈子さんは当時レースクイーンで、写真集を出すほどの人気だったが、保阪の“結婚宣言”を受け入れて芸能界から引退し、同棲をスタートさせた。しかし、保阪は加奈子さんに完璧な女性像を求めており、常に自分に同行させ、電話のかけ方、あいさつの仕方、メールの送り方などあらゆる礼儀作法を徹底的に叩き込んだことで、“男女の関係”というより“師匠と弟子”のようないびつな関係を作り出してしまったと反省した。  さらに保阪は、「加奈子がいなかったら今の僕はいない」「(加奈子を)一番信用している」と断言し、結婚についても「いつでもしようかなって思ってま...more
カテゴリー:

シェアハウス「かぼちゃの馬車」のスマートデイズ、民事再生を申請 - 04月09日(月)19:45 

シェアハウスを展開するスマートデイズは、2018年4月9日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、監督命令を受けた。同社は2001年10月の創業。12年8月に法人改組された投資用不動産販売業者。「クラウドアパート」のブランド名で宿舎型シェアハウスの販売やサブリース、管理などを手がけ、女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」ほか、男性や外国人向けの「ステップクラウド」、シングルマザー向けの「シングルマザーハウス」を展開していた。 シェアハウス賃料未払いで社会問題化 信用調査の帝国データバンクによると、スマートデイズ(旧スマートライフ)はシェアハウスのサブリース事業では草分け的な存在で、近年はシェアハウスの入居者を対象とした人材派遣事業も開始するなど、若者支援を目的とする住まいと仕事の両面での支援事業を活発化。2017年3月期の売上高は約316億9600万円だった。 しかし、昨秋から提携金融機関との契約状況などが大きく変わり、新たな寄宿舎型シェアハウスの販売が難しくなったことから、信用不安が拡散。サブリース事業から撤退するなど、大幅な業容転換を余儀なくされた。 2018年1月には、シェアハウスの物件オーナーに対する賃料の支払いをストップ。その後、一部のオーナーが損害賠償請求訴訟を起こすなど、事態が悪化していた。 負債は、債権者約911人に対して約60億3500万円(2018年3月末時点)...more
カテゴリー:

藤原紀香、ネットの批判に「面白い」/平愛梨インスタの勝ち組感…<今週の見逃しニュース> - 04月07日(土)15:45 

 各地で入社式が行われた今週。人手不足の売り手市場なので、タレントを招いたりして新入社員を手厚くもてなす式が多かったんだとか。就職氷河期世代にはどう映ったでしょう。  それでは今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。 ◆①水卜アナ、新入社員へのあいさつ「やり直したい」 日刊スポーツ 4/3(火)ほか  3日放送の『スッキリ』(日本テレビ系列)で、水卜麻美アナウンサー(30)が新入社員からあいさつをされるとクールを装ってカッコつけてしまうことを反省していました。  加藤浩次(48)から「でも、新入社員の子たちはそういうの見てますよ。そして一生覚えてますよ」とツッコまれた水卜さんは「うわー、昨日のあいさつ、やり直したいよー」と後悔しきりの様子でした。  確かに意外と人見知りっぽい雰囲気はありますよね。 ◆②藤原紀香、匿名の批判に対して「心がゆがんでんなって…言ったらアカンやつや」 デイリースポーツ 4/3(火)ほか  藤原紀香(45)が『かんさい情報ネットten.』(読売テレビ)に出演し、ネット上の批判に対して持論を展開しました。ブログを更新すると批判されてしまうことの多い紀香さん。でも“みんなに好かれたい”と思わなくなってからは、気にならなくなったのだそう。  何をしても否定的な受け取り方しかしない人には、「あ、面白い、人ってこうとるんや、心ゆがんでんな...more
カテゴリー:

【宝くじ】キスマイの二階堂高嗣 ロト6で100万円を超える高額当せんを果たす(500枚=10万円購入) 20年以上ぶりの快挙 - 04月05日(木)11:58  mnewsplus

アイドルグループ・Kis-My-Ft2の二階堂高嗣が、6日放送のテレビ朝日系『10万円でできるかな』1時間スペシャル(後11:15~深0:15※一部地域を除く)で、「ロト6」で100万円を超える高額当せんしていたことがわかった。テレビの宝くじ企画で出演者が100万円以上当せんするのは、20年以上ぶりの快挙となる。  番組は、10万円で人はどれだけのことができるのか。その可能性をサンドウィッチマンとKis-My-Ft2が調査、検証していく実験バラエティー(通常は、毎週火曜 深0:15~0:45※一部地域を除く)。  昨年10月に放送開始以来、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「勝ち組」の画像

もっと見る

「勝ち組」の動画

Wikipedia

勝ち組(かちぐみ)とは、1945年8月のポツダム宣言受諾後も、日本の敗北を信ぜず、「日本は戦争に勝った」と信じていた在外日本人のグループのこと。1945年8月に日本がポツダム宣言を受諾して太平洋戦争が終結した後も、ブラジルを主とした南米諸国や米国ハワイ州などの日系人社会および外国で抑留されていた日本人の中には、敗戦という現実を受け入れられずに、「日本が連合国に勝った」と信じていた人々がいた。こうした人々は「勝ち組」、戦勝派などと呼ばれた。一方で、敗戦の事実を認識し、戦勝派を納得させようとした人たちは、認識派負け組などと呼ばれた。

ブラジル

ブラジルでは、1946年3月以降、戦勝派の過激分子・特行隊では、日本からの短波放送で「トッコウタイ」という音を聞いて漢字を当てたとしている。は、「フルネーム」は「特別行動隊」としている。による、認識派を狙ったテロ事件が頻発、同年7月末には日本人とブラジル人の間に騒乱事件...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる