「動詞」とは?

関連ニュース

謎は解けた!イギリス英語が苦手だった理由 - 06月29日(木)12:00 

一口に英語と言っても、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語など、国・地域によって発音の仕方や言い回しなどはかなり違います。英語のスペシャリストで、無料メルマガ「カリスマ英語ナレーターユッキーがお届けする!週間ラジオ英会話♪」の著者ユッキーさんは、メルマガの中で、イギリスが大好きなのに、実はイギリス人との対面会話がずっと苦手だったことを明かし、なぜ苦手だったのかという理由について独自に考察しています。 実は、イギリス人との会話が苦手だった 実を言うと私、イギリスが大好きなのにイギリス人との会話が苦手なんです。苦手というのはイギリス人が苦手なのではなく、対面で話す時の、【生のリスニング】がとっっっっても苦手なんです。 リスニングにはかなり自信もあるし、テストでイギリス英語が出る時もすごく点数がいいのにな・・・。でもなぜか、イギリス人と対面で話すと何度も聞き返さなきゃいけなかったりとにかく速すぎてあっぷあっぷしてしまう、、、と、イギリス人と話す度に毎回絶望していました。 ですがつい先日、一体なぜ自分が“あっぷあっぷ”していたのか。その謎がやっと、解けたんです!…ということで今週のテーマはずばり、イギリス英語!英語動詞の音の違いなんて意識するのはまだ早い、イギリスなんてあまり関係ないしなぁ・・・とは思わずに、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。 【英☆英語の驚き1】「〜?」...more
カテゴリー:

TOEICテストで要注意 抑えておきたいイディオムのひっかけ問題 - 06月26日(月)12:37 

 TOEICテストのスコアアップにボキャブラリー強化は欠かせない。単語帳やフレーズブックを眺めてひたすら覚えようとする人も少なくないだろう。そこで大切なのは、ボキャブラリーを覚える際に、いくつかの例文から異なるパターンを学んでおくことだ。 1日5分からでOK! 効率的に英語が身につく“TOEIC学習法”とは?  例えば、「in order to~(~するために)」という、中級レベルの人なら知っているイディオム。覚えやすいが、ひっかけ問題にも使われやすい。「in order」のあとは「to」が続くと反射的に思ってしまうのだが、必ずしもそうではない。  そこで今回は、『TOEIC TEST 文法・語彙出るとこだけ! 問題集』(アルク社)で紹介されているTOEICテスト例文を抜粋しよう。「・・・」に入る単語をA~Dから選ぶ4択問題だ。 <問題> In order ・・・ their tickets to be refunded, ticket holders have to visit the stadium. <選択肢> (A)to (B)on (C)for (D)that <訳> チケットが払い戻されるためには持ち主は球場まで出向かねばならない。  すでに「to」ではないことは、これまでの流れでおわかりだろう。「in order to」に続くのは動詞の原形だが、この問題...more
カテゴリー:

「動詞」の画像

もっと見る

「動詞」の動画

Wikipedia

動詞(どうし)とは、品詞の一つで、主に動作や状態を表し、項として主語目的語などの名詞句をとるである。時制がある言語では、一般に動詞が時制を示す。

動詞の一般的性質

動詞は名詞とならんでほぼ全ての自然言語が持つとされる基本的な品詞である。「走る」「消える」のように動作や変化を表すほか、「ある」「違う」「匹敵する」のように存在や状態を表すものも含まれる。

通常、動詞は主語目的語などの項を伴ってを形成する。多くの言語で動詞は(ヴォイス)、相(アスペクト)、時制(テンス)などによって形態が変化する。また、主語の性・数・人称などとの一致現象を見せる言語も多い。

動詞の分類 結合価による分類

動詞はそれがとる項の数によって分類される。

このほか項をまったく取らない動詞(たとえば「雨が降る」を意味する...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる