「動物愛護協会」とは?

関連ニュース

大森山動物園イヌワシに功労動物賞 繁殖への貢献評価 - 03月23日(木)09:21 

 秋田市浜田の「あきぎんオモリンの森」(大森山動物園、小松守園長)で飼育されている国内最高齢のニホンイヌワシ「鳥海」が22日、イヌワシの繁殖・保全研究に貢献したとして、日本動物愛護協会(東京)の「日本…
in English
カテゴリー:

死にかけたチワワを蘇らせた愛の力 - 03月22日(水)17:16 

これは、シェルターで死にかけていたあるチワワの実話ー。米国動物愛護協会によると、アメリカでは一年間で390万匹の犬猫がシェルターに連れてこられるようですが、新しい飼い主に引き取られるのは120万匹と言われています。でも、そのほとんどは、年齢が若い犬猫。年老いた犬猫の里親は、なかなか見つからないのが現状なのです。この物語の主人公である年老いて心臓に病を持ったチワワも同じ宿命でした。誰に見向きされることもなく、弱っていく姿にシェルターの従業員たちも気が気じゃなかったそうです。そんな老チワワを偶然にも見つけたのは、シェルターに新マネージャーとして赴任してきたヘザー・ ヘイズさん。目があった瞬間、老チワワは怯えて身震いしていたそうですが、ヘザーさんはためうことなく近づいたのです。そして、この老チワワに触れた瞬間、あまりにも衰弱していたので、一日だけ自宅で面倒を見ることに決めました。しかし、正直なところヘザーさんは、おそらく一晩もたないと感じていたそうです。愛を感じて安心して天国に帰宅したへザーさんは、老チワワを自分の腕の中で看取ろうと腹をくくります。なぜなら、誰からも見放されたこの小さな命が少しでも愛を感じて、安心して天国へ旅立てるように。自分の腕の中で、老チワワが咳をして息切れをしている様子から、もう長くはないのだろうと察します。そして、一晩中、腕の中で抱きしめたのです。いつ息絶えたとし...more
in English
カテゴリー:

愛媛銀行が「日本動物大賞」グランプリ受賞 - 03月22日(水)22:16 

 愛媛銀行(松山市)は22日、動物愛護活動で功績があった企業や団体などを表彰する日本動物大賞(日本動物愛護協会主催)のグランプリを受賞したと発表した。社会貢献活動の一環として続けてきた取り組みが評価された。同行は平成23年10月に愛媛県と「動物愛護推進連携協定」を締結。年2回、本店で犬や猫の新しい飼い主を探す譲渡会を行ったり、動物病院への募金箱設置といった活動を行ってきた。
in English
カテゴリー:

母親に見捨てられた幼いトラたち…彼らを救ったのは、我が子を亡くした犬だった - 03月19日(日)21:07 

上野動物園[公式] (@UenoZooGardens)さんが、園のトラにまつわる、知られざるエピソードを紹介してくれました。 昭和33(1958)年5月に上海動物園から来園したワン(オス)とシュフ(メス)は仲が良く、1960~1970年に12回・43頭という多産記録を作りました。これが上野動物園の初繁殖ペアで、トラの繁殖にはオスとメスの相性が重要なことがわかりました。 #トラ130年 pic.twitter.com/XSFQtJjPF3— 上野動物園[公式] (@UenoZooGardens) 2017年3月15日 たくさんの子を残した母トラ・シュフですが、最初の何回かは子育てをしませんでした。当時、動物用の粉ミルクは開発されておらず、牛乳やヤギの乳ではトラが育つための栄養が足りません。そこで、同じ肉食動物であるイヌに乳母を頼むことになりました。 #トラ130年— 上野動物園[公式] (@UenoZooGardens) 2017年3月15日 出産直後に子を亡くし、動物愛護協会に保護された元・野良犬のビンゴは、授乳だけではなく体をなめるなど、献身的にトラの子を育てました。みるみるビンゴより大きくなったトラの子も、何かあるとビンゴの背に隠れて頼っていたそうです。 #トラ130年 pic.twitter.com/2MlVROwU1h— 上野動...more
in English
カテゴリー:

「動物愛護協会」の画像

もっと見る

「動物愛護協会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる