「動力源」とは?

関連ニュース

【F1】ホンダに託されたF1人気復活と、モノ作りニッポンの誇り - 10月20日(金)12:01  mnewsplus

三重県鈴鹿サーキットで8日まで行われたF1日本GPで「マクラーレン・ホンダ」は11位と14位に沈んだ。 15年、マクラーレンとのコンビを復活させ、F1に再参戦したホンダは3年連続、母国での入賞(10位以内)を逃し、ポイントを獲得できなかった。 88年に16戦中15勝を挙げ、92年まで黄金期を築いたタッグが無残な姿。 今年限りで契約を解消するため、鈴鹿での集大成を期待した日本のファンもガッカリだった。 なぜ、ここまで苦戦するのか-。ホンダの長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は2つの誤算を挙げた...
»続きを読む
カテゴリー:

【車】2秒で時速100km 日本の派遣会社がEVスーパーカー開発 - 10月17日(火)12:59  newsplus

アスパークの吉田社長とEVスーパーカー「Owl」 9月にドイツで開かれた世界最大級の自動車ショー「フランクフルトモーターショー」。多くの量産自動車メーカーが電気自動車(EV)のコンセプトカーを披露し、EV時代の到来を予感させた。そんな中、日本の人材派遣会社が静止状態から、わずか2秒で時速100キロまで到達するという世界最高加速のEVスーパーカーのコンセプトモデルを初公開し、注目された。 ◇   ◇ EVスーパーカー「Owl(アウル)」の出展者は、開発や設計などの部署へ理系人材を派遣するアスパ...
»続きを読む
カテゴリー:

部品点数は一般車の半分以下でOK。電気自動車が起こす新産業革命 - 10月11日(水)01:31 

最新のテクノロジーとして脚光を浴びているEV(電気自動車)ですが、その誕生はなんと1830年代、今から180年前だとか。無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では著者の嶌さんが、ガソリン車からEVへのシフトが世界的に進み始めた背景と、EV化がもたらす自動車産業構造の大変化について、わかりやすく解説しています。 新産業革命をおこすEV 世界で初めて電気自動車(EV)が走ったのは、何と180年以上前の1830年代とされる。多分、遊園地で走っているゴーカートやゴルフ場のゴルフカートのようなものだったに違いない。電気モーターをのせて動力源にすれば簡単に走れたのだ。ゴーカートやゴルフカートから想像すれば、簡単に作れて早くから利用されてきたことはうなずける。ガソリンエンジンなど内燃機関に比べエネルギー効率も格段に高く、エネルギー費用はガソリンに比べ10分の1程度ですむ。 EVは内燃機関、クラッチ、変速機などが不要なので部品の数も少ない。一般乗用車の部品点数は3万点以上といわれるが、EVでは半数以下。走行時の二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)の排出もないのでエコカーともいえる。しかし充電に時間がかかるほか、同一体積や重量の内燃機関に比べると走行距離が短いという欠点があり、これまで自動車エンジンの主流にはなれなかった。 ところが近年、急速にEVが脚光を浴びてきた。ガソリンエンジ...more
カテゴリー:

太陽光で豪州縦断、「ワールド・ソーラー・チャレンジ」開幕 日本のチームも参戦 - 10月08日(日)18:07 

【10月8日 AFP】太陽光を動力源とするソーラーカーで、オーストラリア大陸を縦断する3000キロのルートを走破する「ワールド・ソーラー・チャレンジ」が8日、開幕した。≫続きを読む
カテゴリー:

世界各地でEVシフトの逆風 それでもマツダが“悪者”ディーゼルで攻める理由 - 10月08日(日)13:09 

 9月14日、マツダは新型SUV「CX-8」を発表した。その動力源はディーゼルエンジンのみ。環境規制の強化などでディーゼル車に逆風が吹くなか、なぜディーゼルのみで勝負するのか。そこには自社開発のエンジンに対する絶対の自信が込められていた--。
カテゴリー:

【高論卓説】EVシフトへの「抵抗力」も必要 - 10月20日(金)06:05 

 世界的に電気自動車(EV)の普及を加速化し、内燃機関の販売禁止を早めようとする動きが顕著となっている。英国、フランスでは2040年をめどに、インドは30年までに内燃機関の販売禁止を方向性として明らかにしている。この流れを加速化させるような政策の検討が中国で開始され、インドネシアでも動きが始まった。インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、化石燃料を動力源とする自動車と二輪車の販売を40年までに禁止する方針だ。
カテゴリー:

豪州縦断の「ワールド・ソーラー・チャレンジ」、オランダのチームが優勝 - 10月13日(金)09:48 

【10月13日 AFP】太陽光を動力源とするソーラーカーで、オーストラリア大陸を縦断する3000キロのルートを走破する「ワールド・ソーラー・チャレンジ」は12日、オランダのヌオン・ソーラー・チームがゴールの南部アデレードに首位で到着し、3大会連続の7回目の優勝を果たした。≫続きを読む
カテゴリー:

東海大チームも快走! 「ワールド・ソーラー・チャレンジ」2日目 - 10月09日(月)17:42 

【10月9日 AFP】太陽光を動力源とするソーラーカーで、オーストラリア大陸を縦断する3000キロのルートを走破する「ワールド・ソーラー・チャレンジ」は、9日に大会2日目を迎え、東海大学チームのソーラーカー「東海チャレンジャー」らがオーストラリア北部特別地域(準州)のダンマラ付近を走り抜けた。≫続きを読む
カテゴリー:

世界最高峰ソーラーカーレース開幕=豪大陸縦断、日本の4チーム参戦 - 10月08日(日)14:18 

 【シドニー時事】オーストラリア大陸を縦断する世界最高峰のソーラーカーレースが8日開幕し、日本の4チームを含む38チームが参戦した。北部ダーウィンを出発後、動力源として太陽光を使い砂漠地帯を通過し、南部アデレードのゴール地点までの約3000キロを5日程度で走る。 隔年開催のレースは今大会が30周年の節目で、ゴールまでの速さを争う部門には、日本の4チームを含む25チームが参戦。技術の進展を受けてルールも定期的に見直され、今年車体に取り付けられる太陽光パネルは最大畳約2枚相当と、初開催時に比べ約半分の大きさに制限された。 【時事通信社】
カテゴリー:

「動力源」の画像

もっと見る

「動力源」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT エネルギー...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる