「労働災害」とは?

関連ニュース

【ひのみやぐら】産廃処理業の安全衛生 - 04月25日(水)05:01 

 送検事例を担当していて近年、産業廃棄物処理業者(リサイクル業者)が書類送検されるケースが少なくないように感じる。コンベヤーへの危険防止措置違反、クレーン操作での安全衛生教育の未実施など違反内容はさまざまだが、労働行政が目を光らせている証拠だろう。 厚生労働省の統計を見ても平成26年以降の産業廃棄物処理業の労働災害発生件数は、1244人、1280人、1320人と推移しており、全産業が減少傾向にある……[続きを読む]
カテゴリー:

17年の労働災害死亡数928人、安全配慮義務違反などが原因 - 04月24日(火)16:25 

 労働傷病兵社会省はハノイ市で18日、2018年の労働安全衛生月間に関する記者会見を行い、2017年に発生した労働災害について報告した。それによる...
カテゴリー:

【新潟】教育委員会が難病女性の職員に月125時間の時間外労働をさせる 遺族が「公務災害」申請 県教委「配慮はした」 - 04月23日(月)12:38  newsplus

 ◇「骨形成不全症」患う 識者「障害への配慮不足」  新潟県教育委員会の女性職員(当時42歳)が月125時間の時間外労働後の1月、職場で倒れて死亡した問題で、女性は先天性の難病「骨形成不全症」を患い障害者枠で採用されていたことを遺族が22日明らかにした。遺族は死亡したのは過酷な労働環境が原因だとして民間の労働災害に当たる「公務災害」を地方公務員災害補償基金新潟県支部に8日付で申請した。【井口彩、南茂芽育】  「積もり積もった疲労に耐えられなかった。無念だったろう」。毎日新聞の取材に応じた県内に...
»続きを読む
カテゴリー:

【今週の視点】小売業 飲食店 社労士が災害減の切り札 中小経営者に助言 - 04月23日(月)10:01 

労働局と連携協定結ぶ 第三次産業で労働災害が多発するなか、東京労働局が、社会保険労務士の協力を得て新たな災害防止対策を開始する。講習を受けた社労士などが、小売業や飲食店などの経営者に対して意識喚起を行うもの。労働行政だけでは第三次産業事業場すべてに安全対策を浸透させるのは困難で、中小企業経営者と直接対話できる社労士の協力は、災害減少の切り札となり得る。……[続きを読む]
カテゴリー:

健康保険で治療費賄う 労災かくしで自動車部品製造業者を送検 長野労基署 - 04月20日(金)10:01 

 長野労働基準監督署は、休業25日の労働災害が発生したにもかかわらず労働者死傷病報告書を提出しなかったとして、自動車部品製造業の㈱ニシサン(長野県千曲市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で長野地検上田支部に書類送検した。「書類送検日の平成30年3月22日時点で、報告は出されないままだった」(同労基署)という。 労災は28年9月、同社坂城工場(長野県埴科郡坂城町)で発生……[続きを読む]
カテゴリー:

コースター点検作業中に死亡事故 城島高原パーク運営会社を送検 大分労基署 - 04月25日(水)05:01 

 大分労働基準監督署は、遊戯機械の検査作業中における安全対策を怠ったとして、「城島高原パーク」の運営企業である㈱城島高原オペレーションズ(大分県別府市)と同社支配人(=当時)を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で大分地検に書類送検した。平成29年8月、同社労働者が重傷、メンテナンス請負会社の労働者が死亡する労働災害が発生している。 被災した2人は木製コースター「ジュピター」……[続きを読む]
カテゴリー:

造成工事現場で地山崩落防止措置怠る 土木工事業者を送検 沖縄労基署 - 04月24日(火)10:01 

 沖縄労働基準監督署は、駐車場用地の造成工事現場内における安全対策を怠ったとして、土木工事業の㈲大宮産業(沖縄県うるま市)と現場内の施工を監督していた同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で那覇地検沖縄支部に書類送検した。平成29年8月、同社労働者が1人死亡、1人負傷する労働災害が発生している。 同社は被災者2人を含む労働者3人に対し、地上からの高さ7メートルの……[続きを読む]
カテゴリー:

安全研修にバーチャルリアリティー 危険を疑似体験 JR西日本 - 04月23日(月)10:25 

JR西日本は、線路周辺や車両基地などでの労働災害を防ぐため、社員向けの安全教育にバーチャルリアリティーの映像を見ながら危険につながるケースを理解してもらう研修を導入することになりました。
カテゴリー:

建設安衛MSの指針を改正 建災防 - 04月23日(月)05:00 

 建設業労働災害防止協会は、建設事業場に必要な安全衛生管理の仕組みを示した「建設業労働安全衛生マネジメントシステム」のガイドラインを改正した。基本的な取組事項として、メンタルヘルスへの対応を加えた。  新ガイドラインでは、建設事業場で体系的・継続的に実施する自主活動の項目に、安全衛生方針表明などのほか、心身の健康保持に関する対応を盛り込んだ。健康診断やストレスチェックの手順を定めて実施し、結果に……[続きを読む]
カテゴリー:

震災復興工事で死亡労災 建設業者を送検 熊本労基署 - 04月18日(水)05:01 

作業主任者違反も 熊本労働基準監督署は、震災復興工事現場での安全対策を怠ったとして、㈱優月建設(=ゆづきけんせつ、熊本県熊本市北区)と同社現場責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で熊本地検に書類送検した。平成29年11月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。 被災した労働者は外壁改修作業中、手すりのない足場から地上へ19.3メートル墜落。同社は被災者に安全帯な……[続きを読む]
カテゴリー:

もっと見る

「労働災害」の画像

もっと見る

「労働災害」の動画

Wikipedia

労働災害(ろうどうさいがい)とは、労働者の就業に係る建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等により、又は作業行動その他業務に起因して、労働者が負傷し、疾病にかかり、又は死亡することをいう(労働安全衛生法第2条1号)。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。一般には労災と略して呼ばれる。

以下、特段指定しない限り、「労働災害」は広義の労働災害(労働者災害補償保険法(労災保険法)が対象とする業務災害と通勤災害)、「補償」は労災保険法上の補償について述べる。 負傷した労働者(Erik Henningsen作) 鉱山事故

労働災害の関係法

業務災害の防止措置は、労働安全衛生法、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる