「労働条件」とは?

関連ニュース

専用相談窓口を設置 アルバイト労働条件 学習塾へ直接要請も - 04月25日(水)05:01 

 アルバイトの労働条件適正化に向けた取組みが活発化している。京都労働局などで構成する京都ブラックバイト対策協議会は新たに専用相談窓口を開設した。神奈川労働局も3月から取組みを強化し、業界団体にリーフレットの配布などを行っている。 京都ブラックバイト対策協議会が実施した、平成29年度学生アルバイトの実態調査によると、平成29年度学生アルバイトの実態調査によると、アルバイト経験者2218人中、367人……[続きを読む]
カテゴリー:

【最高裁】正社員と契約社員の手当「不合理格差」 再雇用賃下げ判決と同日 6月1日に統一判断へ - 04月24日(火)14:01  newsplus

同じ仕事内容なのに正社員だけに支給される手当があるのは不当だとして、浜松市の物流会社「ハマキョウレックス」の契約社員が手当の支給を求めた訴訟の上告審弁論が23日、最高裁第2小法廷(山本庸幸(つねゆき)裁判長)であり、小法廷は6月1日に判決を言い渡すと決めた。 労働契約法20条は、無期雇用の社員と有期雇用の社員について、仕事内容が同じであれば労働条件に「不合理な格差」があってはならないと定めている。判決日は定年後の再雇用の賃下げを巡る「長沢運輸」訴訟と同じで、最高裁は2件の判決で「不合理な格差」...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】外国人労働者、在留最長10年に延長へ 新たな資格検討 農業や介護現場などの人手不足に対応 ★2 - 04月21日(土)02:07  newsplus

農業や介護現場などの人手不足に対応しようと、政府は、外国人労働者向けの新たな在留資格を設ける方向で検討に入った。最長5年の「技能実習」を終えるなどした外国人が、さらに最長で5年就労できるようにする。出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案を秋の臨時国会に提出、成立させ、来年度からの新制度施行をめざす。  年間数万人の確保を期待するが、技能実習で問題化したのと同様、「安価な働き手」の確保策として悪用される懸念もある。賃金不払いや長時間労働などの人権侵害を防ぐため、政府は法務省の入国管理局に受け入...
»続きを読む
カテゴリー:

賃金格差、6月判決=正社員と非正規雇用-最高裁初判断へ - 04月20日(金)11:37 

 正社員と非正規社員の賃金格差が違法かどうかが争われた2件の訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は20日、うち1件について当事者双方の意見を聞く弁論を開き、判決期日を6月1日に指定した。労働条件の不合理な格差を禁じた労働契約法20条の解釈について、初判断を示すとみられる。 政府は今国会に「同一労働同一賃金」実現に向けた関連法案を提出しており、最高裁の判断が議論に影響を与える可能性がある。 20日に弁論が開かれたのは、横浜市の運送会社「長澤運輸」を定年退職後、嘱託社員に採用された運転手3人が、職務内容は変わらないのに賃金を約2割減らされたのは不当だと訴えた訴訟。2016年5月の一審東京地裁は差額の支払いなどを命じたが、二審東京高裁は同11月、「賃金減額は社会一般で広く行われ、容認されている」と請求を退けた。 この日、小法廷で意見陳述した原告の鈴木三成さん(64)は「定年後も仕事は何一つ変わっていないのに、賃金が新入社員より減らされ、生活が苦しくなった」と訴えた。長澤運輸側は「二審の判断は正当だ」と主張した。 もう1件は、契約社員の運転手が、通勤手当などの格差是正を求めて勤務先の運送会社「ハマキョウレックス」(浜松市)を訴えた訴訟。二審大阪高裁は一部格差を違法と認めており、23日に同じ第2小法廷で弁論が開かれる。 【時事通信社】
カテゴリー:

箱根駅伝、95回記念大会は2校増枠…計23チーム出場 - 04月17日(火)11:12 

 関東学生陸上競技連盟は2018年4月16日、2019年に実施する第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の出場枠数を2校増やし、関東学生連合チームを含めた計23チームで行うことを発表した。 1920年に誕生した箱根駅伝は、東京・読売新聞社前から箱根・芦ノ湖間を往路5区間(107.5km)、復路5区間(109.6km)の合計10区間217.1kmで競う、学生長距離界最大の駅伝競走。関東学生陸上競技連盟加盟大学のうち、前年大会でシード権を獲得した10校と、予選会を通過した10校、関東学生連合を加えた計21チームが出場する。 関東学生陸上競技連盟は2019年に95回目の記念大会を迎えるにあたり、出場枠数を2校増枠すると発表した。第95回箱根駅伝は、シード権を獲得している10校のほか、予選会で上位10人の合計タイムにより12校を選考し、関東学生連合チームを加えた23チームが出場する。 第95回箱根駅伝は、2019年1月2日・3日に行われる。第94回大会で10位以内に入りシード権を獲得しているのは、青山学院大学、東洋大学、早稲田大学、日本体育大学、東海大学、法政大学、城西大学、拓殖大学、帝京大学、中央学院大学の10校。 なお、増枠は95回記念大会に限られ、2020年に実施する96回大会はこれまでどおりの21チームで行われる。【関連写真】箱根駅伝、95回記念大会は2校増枠…計23チーム...more
カテゴリー:

残業時間削減に5割以上が着手 熊本県 - 04月25日(水)05:01 

 熊本県は、平成29年度の労働条件等実態調査結果を公表した。 1060社に対し、ワーク・ライフ・バランス実現に向けた取組み内容を聞くと(複数回答)、「残業の削減」50.1%が最多だった。以下、「法定を超える育児休業」48.1%、「健康づくり、病気の予防・治療の支援」43.5%、「休暇取得の促進」43.0%と続く。取り組むうえでの課題として、69.9%が「人員に余裕がない」を挙げた。……[続きを読む]
カテゴリー:

手当格差も6月1日判決=正社員と非正規雇用-最高裁 - 04月23日(月)19:18 

 正社員と非正規社員の賃金をめぐり、手当の格差の違法性が争われた訴訟の上告審弁論が23日、最高裁第2小法廷で開かれ、山本庸幸裁判長は判決期日を6月1日に指定した。定年後再雇用での賃下げが争点となった別の格差訴訟と同じ日で、同小法廷は、不合理な労働条件の格差を禁じた労働契約法の解釈について統一判断を示す見通し。 弁論が開かれたのは、運送会社「ハマキョウレックス」(浜松市)で契約社員の運転手として働く男性(55)が、仕事内容が同じ正社員と手当などに格差があるのは不当と訴えた訴訟。一審大津地裁彦根支部は2015年、通勤手当の差額分のみ不合理としたが、二審大阪高裁は16年、無事故手当や作業手当なども違法と認定し、会社側に77万円を支払うよう命じた。 会社側は「人材獲得のため、正社員にだけ手当を支給することは合理的だ」と主張。男性側は「『同一労働同一賃金』の理念に基づき法を解釈すべきだ」と訴えた。 横浜市の運送会社「長澤運輸」に定年後再雇用された運転手3人が賃下げを違法と訴えた訴訟の上告審判決も、同じ第2小法廷が言い渡す。判決は今国会に関連法案が提出された「同一労働同一賃金」の議論に影響を与える可能性がある。 【時事通信社】
カテゴリー:

【政府】外国人労働者、在留最長10年に延長へ 新たな資格検討 農業や介護現場などの人手不足に対応 - 04月20日(金)13:06  newsplus

農業や介護現場などの人手不足に対応しようと、政府は、外国人労働者向けの新たな在留資格を設ける方向で検討に入った。最長5年の「技能実習」を終えるなどした外国人が、さらに最長で5年就労できるようにする。出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案を秋の臨時国会に提出、成立させ、来年度からの新制度施行をめざす。  年間数万人の確保を期待するが、技能実習で問題化したのと同様、「安価な働き手」の確保策として悪用される懸念もある。賃金不払いや長時間労働などの人権侵害を防ぐため、政府は法務省の入国管理局に受け入...
»続きを読む
カテゴリー:

【安倍政権】外国人労働者、在留最長10年に延長へ 新たな資格検討 - 04月18日(水)21:59  seijinewsplus

 農業や介護現場などの人手不足に対応しようと、政府は、外国人労働者向けの新たな在留資格を設ける方向で検討に入った。最長5年の「技能実習」を終えるなどした外国人が、さらに最長で5年就労できるようにする。出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案を秋の臨時国会に提出、成立させ、来年度からの新制度施行をめざす。 年間数万人の確保を期待するが、技能実習で問題化したのと同様、「安価な働き手」の確保策として悪用される懸念もある。賃金不払いや長時間労働などの人権侵害を防ぐため、政府は法務省の入国管理局に受け入...
»続きを読む
カテゴリー:

アルバイトの労務管理徹底 厚労省 - 04月17日(火)05:01 

 厚生労働省は今年4~7月、アルバイトの労務管理の適正化に向け、「アルバイトの労働条件を確かめよう! キャンペーン」を展開する。 都道府県労働局において、労働契約締結時の労働条件の明示や、労働時間の適正把握、労働契約不履行に対する罰金額の設定の禁止などを呼び掛けるキャンペーン専用リーフレットを活用し、監督指導や集団指導時に各事業主へ周知する。学生向けに、大学などへの出張相談も実施する。…[続きを読む]
カテゴリー:

もっと見る

「労働条件」の画像

もっと見る

「労働条件」の動画

Wikipedia

労働条件(ろうどうじょうけん)とは、労働者使用者の下で働く際、労働者と使用者の間で取り決められた就労に関する条件である。

  • 本項で労働基準法について以下では条数のみを挙げる。
労働条件の内容と決定

日本国憲法第27条第2項では、「賃金労働時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。」と規定している。具体的には、労働基準法(昭和22年4月7日法律第49号)のほか、最低賃金法(昭和34年4月15日法律第137号)・賃金の支払の確保等に関する法律(昭和51年5月27日法律第34号)・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる