「労働力調査」とは?

関連ニュース

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り★4 - 02月14日(水)10:28  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り★2 - 02月13日(火)23:00  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】17年の完全失業率2.8%に低下 24年ぶり低水準 - 01月30日(火)09:32  newsplus

17年の完全失業率2.8%に低下 24年ぶり低水準 2018/1/30 9:07 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30H7B_Q8A130C1000000/  総務省が30日発表した2017年12月の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は2.8%と前月比0.1ポイント上昇した。上昇は5月以来で7カ月ぶり。女性の失業率の上昇が響いた。QUICKがまとめた市場予想の中央値は2.7%だった。  男女別にみると、女性が2.7%と前月比0.2ポイント上昇した。上昇は9月以来3カ月ぶり。男性は0.1ポイント低い2.8%だった。  完全失業者数(季節調整値)は18...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り★3 - 02月14日(水)06:39  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【賃金】 「団塊ジュニア(40代)」は賃下げ世代・・・氷河期就職で人余り - 02月13日(火)20:09  newsplus

緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。 「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。 ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「経営者は比較的収入の低い若年層を優先して賃上げしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

「労働力調査」の画像

もっと見る

「労働力調査」の動画

Wikipedia

労働力調査(ろうどうりょくちょうさ)とは、就業状況、失業者失業率を把握するため、総務省統計局が毎月実施・公表している基幹統計。

国勢調査と同様、統計法に基づく基幹統計調査であり、調査に従事する者に対しては、厳格な守秘義務とこれに違反した場合の罰則の規定等が設けられている。また、基幹統計調査としての社会的な重要性にかんがみ、調査対象者に対しては回答する義務(報告義務)が課されている。

統計調査については、個人情報保護、統計調査への報告義務、調査結果の利用などについて体系的な法整備が必要であることから、統計法により、個人情報保護法と同等以上の秘密保護等の措置を講じた上で、個人情報保護法とは別の枠組みで法制度が設けられている。このため、統計法に基づく基幹統計調査及び一般統計調査は、個人情報保護法から適用除外とされており(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる