「労働争議」とは?

関連ニュース

ストライキが単に「迷惑」と言い切れない理由 憲法で労働三権が保障されている意味 | ワークスタイル | 東洋経済オンライン - 01月12日(金)09:00 

長崎県長崎市に本社を置き、フェリーや高速船を運航する海運会社の九州商船で昨年末、労働争議が繰り広げ…
カテゴリー:

「労働争議」の画像

もっと見る

「労働争議」の動画

Wikipedia

労働争議(ろうどうそうぎ)とは、労働者が自らの労働条件の向上を目指して行う様々な活動である。

日本法である労働関係調整法6条では、「この法律において労働争議とは、労働関係の当事者間において、労働関係に関する主張が一致しないで、そのために争議行為が発生している状態または発生する虞(おそれ)がある状態をいう」と定義されている。

労働者(組合)の側から見た場合には「労働闘争」、「労使紛争」とも呼ばれる。

争議行為の種類

労働争議状態における労働者による争議行為について以下にて説明する。なお、使用者側による争議行為としてはロックアウトがある(ストライキとは逆の手法)。

ストライキ

ストライキは争議行為の一つで「スト」「同盟罷業」(どうめいひぎょう)ともいう。ストライキを参照のこと。

ピケッティング

ピケッティング(英:picketing)とは労働者側がスト破りを防ぐために組合員が職場を見張って他の労働者を入れさせないようにし、ストライキなどの実効性を確保する行為である。世間にストライキ目的を訴えるためになされることもある(この場合、会社・事業所の出入り口に数名の見張りを立てることが多い)。「ピケ」「ピケット」「ピケを張る」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる