「労働争議」とは?

関連ニュース

「監督・宮崎駿」を生み出した高畑勲の功績 肉親以上の関係だった2人の天才 - 04月08日(日)08:40 

 長年に渡り日本アニメーション界をけん引してきた高畑勲さん(享年82)が5日、死去した。彼がアニメーションにもたらした偉業ははかり知れず、アニメ『アルプスの少女ハイジ』、映画『火垂るの墓』、遺作となった映画『かぐや姫の物語』など、もはや個々の作品をフィルターに通して語るまでもないだろう。そして高畑さん最大の偉業は、文字通り二人三脚で多くの名作アニメを制作してきた天才アニメーター・宮崎駿を、“監督”として世に送り出したことにある。 高畑勲さんの作品一覧 ■運命的な邂逅を果たした『ホルス』、高畑勲に“青春の全て”を捧げた宮崎駿  高畑さんは東京大学文学部仏文科卒業後に東映動画(現・東映アニメーション)に入社後、演出家として頭角を現わし、映画『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)で監督デビュー。同作でアニメーター(兼 場面設定)として本格的な制作に携わった5歳年下の宮崎駿と運命的なタッグを組む。商業的には振るわなかったが、アニメ作品としての構成、作画クオリティは当時として最高峰であり、『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』など、後の宮崎作品にも多大な影響を与えた。  何よりも、児童向けアニメながら、高畑が注入した職人ギルド・コミューンの形成と善悪の彼岸を描いた思想背景など、強烈な“作家性”に宮崎氏が傾倒。当時、宮崎氏は仕事と平行して、東映動画の労働組合に従事。労働争議に...more
カテゴリー:

「労働争議」の画像

もっと見る

「労働争議」の動画

Wikipedia

労働争議(ろうどうそうぎ)とは、労働者が自らの労働条件の向上を目指して行う様々な活動である。

日本法である労働関係調整法6条では、「この法律において労働争議とは、労働関係の当事者間において、労働関係に関する主張が一致しないで、そのために争議行為が発生している状態または発生する虞(おそれ)がある状態をいう」と定義されている。

労働者(組合)の側から見た場合には「労働闘争」、「労使紛争」とも呼ばれる。

争議行為の種類

労働争議状態における労働者による争議行為について以下にて説明する。なお、使用者側による争議行為としてはロックアウトがある(ストライキとは逆の手法)。

ストライキ

ストライキは争議行為の一つで「スト」「同盟罷業」(どうめいひぎょう)ともいう。ストライキを参照のこと。

ピケッティング

ピケッティング(英:picketing)とは労働者側がスト破りを防ぐために組合員が職場を見張って他の労働者を入れさせないようにし、ストライキなどの実効性を確保する行為である。世間にストライキ目的を訴えるためになされることもある(この場合、会社・事業所の出入り口に数名の見張りを立てることが多い)。「ピケ」「ピケット」「ピケを張る」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる