「労使協定」とは?

関連ニュース

杏林大、医師に長時間労働 残業80時間超が2% 賃金も不十分、労基署勧告 - 01月20日(土)17:41 

 東京都三鷹市の杏林大医学部付属病院が労使協定(三六協定)の上限を超えて医師らに時間外労働(残業)をさせ、割増賃金も不十分だったとして、運営する学校法人「杏林学園」に対し三鷹労働基準監督署が是正勧告と改善指導をしていたことが分かった。杏林大が20日、明らかにした。勧告や指導は昨年10月で、同大の担当者は「勧告を真摯に受け止め、是正に着手している」と話している。
カテゴリー:

【東京】アート引越センター、引っ越し作業員「時間外労働」で書類送検 - 01月19日(金)22:18  newsplus

アート引越センター」で知られる「アートコーポレーション」が2015年3月、東京の京北支店で引っ越し作業員5人に最長で、労使協定の上限を30時間超える時間外労働をさせていたとして、労働基準監督署は19日、法人と当時の支店長1人を書類送検した。 調べに対し、支店長は「仕事を優先した」と話しているという。 1/19 18:16 NEWS24 http://www.news24.jp/nnn/news890165250.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

引っ越し作業員「時間外労働」で書類送検 1/19 18:16更新 - 01月19日(金)18:16 

「アート引越センター」で知られる「アートコーポレーション」が2015年3月、東京の京北支店で引っ越し作業員5人に最長で、労使協定の上限を30時間超える時間外労働をさせていたとして、労働基準監督署は19日、法人と当時の支店長1人を書類送検。
カテゴリー:

北里大病院、勤務ずさん管理 医師の労働時間定めず - 01月18日(木)03:16 

 北里大学病院(相模原市)が、医師らを残業させるために必要な労使協定(36〈サブロク〉協定)の結び方が不適切で、協定が無効だと相模原労働基準監督署(同)から指摘されていたことがわかった。医師の勤務時間…
カテゴリー:

医師残業、月200時間まで容認 日赤医療センターが労使協定 - 01月13日(土)18:07 

日赤医療センター(東京都渋谷区)が医師の残業時間を「過労死ライン」の2倍に当たる月200時間まで容認する労使協定(...
カテゴリー:

杏林大、医師に長時間労働強いる 賃金も不十分、三鷹労基署勧告 - 01月20日(土)16:53 

東京都三鷹市の杏林大医学部付属病院が、労使協定(三六協定)の上限を超えて医師らに時間外労働をさせ、割増賃金も不十分...
カテゴリー:

違法長時間労働:引っ越し「アート」と元支店長を書類送検 - 01月19日(金)19:42 

王子労基署、労働基準法違反容疑で東京地検に  東京労働局王子労働基準監督署は19日、労使協定(36協定)を超える違法な長時間労働をさせたとして、引っ越し大手の「アートコーポレーション」(大阪市)と同社京北支店(東京都北区)の支店長だった40代男性を労働基準法違反容疑で東京地検に書類送検した。
カテゴリー:

「医師は労働者」乏しい認識 大病院、ずさんな勤務管理 - 01月18日(木)07:28 

 医師の勤務管理をめぐる北里大学病院(相模原市)のずさんな実態が明らかになった。就業規則から医師だけを除外し、勤務時間や休日を定めずに医師を働かせていた。 残業時間の上限を定める労使協定(36〈サブロ…
カテゴリー:

厚労省:医師の業務移管徹底を 働き方改革 緊急対策案  - 01月15日(月)22:46 

 厚生労働省は15日、医師の長時間労働を是正するため、看護師など他職種への業務移管を徹底するといった緊急対策案をまとめ、同省の有識者検討会に示した。勤務時間の管理の徹底や、労使協定(36協定)を超える残業をしていないかの点検も盛り込んだ。いずれも現行の制度で対応が可能で、検討会が了承すれば年度内にも全国の医療機関に周知する。
カテゴリー:

【三六協定】医師残業、月200時間まで容認 過労死ラインの2倍 日赤医療センターが労使協定 - 01月13日(土)18:06  newsplus

 日赤医療センター(東京都渋谷区)が医師の残業時間を「過労死ライン」の2倍に当たる月200時間まで容認する労使協定(三六協定)を結んでいることが13日、分かった。医師20人は2015年9月からの1年間で月200時間の上限を超えて残業。渋谷労働基準監督署は昨年3月、センターに協定を順守するよう是正勧告した。  政府は働き方改革の一環として次期通常国会に、残業時間を罰則付きで規制する法案を提出する方針だが、医師への適用は5年間猶予される。適用の前倒しを巡る議論も必要となりそうだ。 2018/1/13 18:02 共同通信 https:/...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「労使協定」の画像

もっと見る

「労使協定」の動画

Wikipedia

労使協定(ろうしきょうてい)とは、労働者と使用者との間で締結される、書面による協定のことである。法文上の語ではなく、下記の要件を満たす協定のことを一般に「労使協定」と呼ぶ(法文上は「当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定」)。

概要

労使協定を締結することで、労働基準法育児介護休業法、高年齢者雇用安定法等で定められた所定の事項について、法定義務の免除や免罰の効果を発生させる。ただし、労使協定には、労働協約就業規則のように、労働契約を規律する効力(規範的効力)はないので、労使協定を締結してもそれだけでは労働契約上の権利義務は生じない(昭和63年1月1日基発1号)。したがって労使協定締結とあわせて労働協約・就業規則等でそれぞれの定めが必要となるただし実際には、労働協約と労使協定とは、両者の併存協定がありうる。例えば事業場の全労働者の過半数を組織する労働組合が締結した労使協定は、要件を満たす限り労働協約としての効力も持つ。この場合、労使協定としての効力は当該組合員でない者に対しても及ぶ。。

労使協...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる