「労使交渉」とは?

関連ニュース

今年の夏のボーナス、平均91万7906円に減少 - 06月09日(金)19:36 

 経団連が9日に発表した大手企業の今夏のボーナス調査(第1回集計)によると、妥結額は平均91万7906円で、昨年夏を4・56%下回った。 大手企業は今春闘で政権が要請するベースアップ(ベア)に4年連続で応じたが、堅調な業績にもかかわらずボーナスへの還元は十分ではないようだ。  前年よりマイナスとなったのは東日本大震災の影響を受けた2012年以来5年ぶり。経団連は「春闘の闘争方針でベアを最優先にした労働組合が多く、 ボーナスは昨夏より要求水準を引き下げていた」(労働政策本部)と分析している。「...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】大企業の夏のボーナス4.56%減 経団連、5年ぶり減 - 06月09日(金)15:57 

経団連は9日、大企業を対象とした2017年夏のボーナスの第1次集計をまとめ、公表した。社員500人以上の上場企業82社の平均妥結額は91万7906円で、16年夏の実績に比べて4.56%減った。90万円台を維持したものの、5年ぶりに前の年から減った。  自動車や造船など6業種で減った。労使交渉が始まった今年はじめ、景気や業績への不透明感が広がっていたことが影響したようだ。一方、食品や非鉄・金属は増えた。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H40_Z00C17A6EA3000/?dg=1 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】夏のボーナス5年ぶり減少=大手企業、平均91.8万円 経団連集計 - 06月09日(金)16:44 

経団連は9日、大手企業の2017年夏のボーナスの妥結額状況(第1回集計)を発表した。回答した82社の組合員平均の妥結額は、前年夏比4.56%減の91万7906円となり、5年ぶりに減少した。 ただ、第1回目の集計としては3年連続で90万円台を維持し、過去4番目の高水準だった。   平均妥結額が前年夏を下回ったのは、労働組合側が労使交渉でボーナスよりも基本給を底上げするベースアップ(ベア)の獲得を優先させたためとみられる。 業績連動型のボーナスを採用している企業で支給額が下がった例も目立った。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「労使交渉」の画像

もっと見る

「労使交渉」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる