「加隈亜衣」とは?

関連ニュース

「このはな奇譚」狐っ子仲居6人の声優発表!主人公・柚役は大野柚布子 - 07月20日(木)14:00 

 天乃咲哉氏が「月刊バーズ」(幻冬舎コミックス刊)で連載中の漫画をテレビアニメ化する「このはな綺譚」に、「天使の3P!」に参加予定の大野柚布子、「バトルスピリッツ ダブルドライブ」の秦佐和子、「装神少女まとい」の諏訪彩花、「アイカツスターズ!」の久保田梨沙、「selector」シリーズの加隈亜衣、「THE IDOLM@STER」の沼倉愛美の出演が決まった。あわせて、アニメ版公式サイトがオープンし、原作者の天乃氏による描き下ろしビジュアルが公開されている。  同作は、あの世とこの世の間に存在し、神様たちが訪れる温泉宿・此花亭(このはなてい)で働く、新人仲居・柚(ゆず)をはじめとする6人の狐っ子たちの、摩訶不思議な日々を描くハートフルな物語。原作漫画は2008年に発表された読み切り作品「Cherry LIP」や、09年から10年にかけて連載された「此花亭奇譚」とキャラクターや世界観などを共有する「此花亭」シリーズの続編に当たる。  社会勉強のために此花亭に預けられた、ドジだが明るく前向きな性格の主人公・柚を演じる大野は「温かくて、優しくて、心がほっこりする此花亭の世界がアニメになってもみなさまに届くことが、今からとても楽しみです。私も柚を精一杯心を込めて演じさせていただくので、放送を楽しみに待っていただけたら嬉しいです!」と意気込みを語り、責任感が強くまじめな性格の持ち主で、柚の先...more
カテゴリー:

アニメ『妹さえいればいい』スタッフ・キャスト公開 - 07月20日(木)01:48 

 『僕は友達が少ない』の平坂読氏のライトノベル原作のアニメ『妹さえいればいい。』(今秋放送)のスタッフ・キャストが19日、発表された。アニメのシリーズ構成・脚本を手がけるのは、原作者の平坂氏。「原作兼脚本担当としてやれることはやり切りました」と、コメントを寄せた。 【動画】伊月・千尋・那由多・京・春斗が登場するティザーPV  脚本づくりについて平坂氏は「原作の雰囲気やテーマを損なわず、原作ファンの方々の見たいであろうシーンやイベントをきちんと見せた上で、さまざまな大人の事情も踏まえつつ、アニメの限られた尺の中でどうまとめるかという、パズルのような作業でした」と振り返った。  「エピソードの順番を変更したり、放送できないネタはただ削るのではなく別のもっと酷いネタにアレンジしたりと、さまざまな工夫を凝らしているので、原作読者の方も新鮮に楽しめると思います」と、手応えを語っている。  本作の主人公は、高校2年生の時に新人賞を受賞してデビューした小説家、「羽島伊月」。売れっ子作家だが、最近出版された本の売れ行きはどれも「そこそこ」クラスにとどまっている。なぜならそれは、彼の作品すべてヒロインが「妹」だから。  そんな彼の周りにはいつも個性的な連中が集まってきて――愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多。恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王・白川京。鬼畜税金セーバ...more
カテゴリー:

「加隈亜衣」の画像

もっと見る

「加隈亜衣」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる