「加藤一二三」とは?

関連ニュース

【将棋】<史上最年少棋士14歳・藤井聡太四段>羽生善治3冠(王位、王座、棋聖)に勝利★2 - 04月24日(月)12:43 

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が23日にインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送された非公式戦で羽生善治3冠(46)=王位、王座、棋聖=に勝利した。昨年10月のデビュー後、破竹の勢いで勝ち続ける天才少年は、ついに将棋界の象徴にも土を付けた。  対局は「AbemaTV」が企画した非公式戦「藤井聡太四段 炎の七番勝負」の最終第7局。日本将棋連盟が主催する7大タイトル戦などの公式戦とは異なるエキシビジョンマッチだが、どんな対局でも全力を尽くすのが将棋界の伝統...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【将棋】<史上最年少棋士14歳・藤井聡太四段>羽生善治3冠(王位、王座、棋聖)に勝利! - 04月23日(日)23:19 

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が23日にインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送された非公式戦で羽生善治3冠(46)=王位、王座、棋聖=に勝利した。昨年10月のデビュー後、破竹の勢いで勝ち続ける天才少年は、ついに将棋界の象徴にも土を付けた。  対局は「AbemaTV」が企画した非公式戦「藤井聡太四段 炎の七番勝負」の最終第7局。日本将棋連盟が主催する7大タイトル戦などの公式戦とは異なるエキシビジョンマッチだが、どんな対局でも全力を尽くすのが将棋界の伝統...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【将棋】 将棋の史上最年少プロ藤井聡太四段(14)、連勝記録を「12」に伸ばす! - 04月14日(金)00:12 

将棋の史上最年少プロ藤井四段、連勝記録「12」に http://www.sankei.com/west/news/170413/wst1704130080-n1.html 将棋の史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が13日、 大阪市福島区の関西将棋会館で行われた竜王戦6組で星野良生(よしたか)四段(28)に勝ち、 自身の持つプロデビュー後最多連勝記録を「12」に伸ばした。 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。 12月のデビュー戦で現役最高齢棋士の加藤一二三(ひふみ)九段(77)を破って以来、 勝ち続け、今月4日の対局で11連...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【将棋】将棋大賞決まる 升田幸三賞特別賞に加藤一二三九段、女流名人戦「里見対上田戦」が名局賞特別賞など - 03月31日(金)16:52 

第44回将棋大賞選考委員会が31日、東京・渋谷区の将棋会館で開催され、各賞の受賞者が決まった。 昨年度最も活躍した棋士、女流棋士を顕彰する同賞。最優秀棋士賞は羽生善治現3冠から名人位を奪取した佐藤天彦名人(29)が初受賞した。最優秀女流棋士賞は里見香奈女流5冠(25)=女流名人、女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=の2年連続7度目の受賞となった。 また、報知新聞社などが主催する第43期岡田美術館杯女流名人戦(里見香奈女流名人対上田初美女流三段)の第5局が名局賞特別賞に輝いた。女流棋戦の同賞...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

羽生、中2に負ける - 04月24日(月)00:04 

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が23日にインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送された非公式戦で羽生善治3冠(46)=王位、王座、棋聖=に勝利した。 昨年10月のデビュー後、破竹の勢いで勝ち続ける天才少年は、ついに将棋界の象徴にも土を付けた。  対局は「AbemaTV」が企画した非公式戦「藤井聡太四段 炎の七番勝負」の最終第7局。日本将棋連盟が主催する7大タイトル戦などの公式戦とは異なるエキシビジョンマッチだが、 どんな対局でも全力を尽くすのが将棋界...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「ひふみん伝説」に迫るドキュメンタリーが再放送 - 04月16日(日)11:59 

 先月27日にNHK総合で放送されたナレーションを一切廃した新スタイルのドキュメンタリー番組『ノーナレ 諦めない男 棋士・加藤一二三』が、きょう16日(後5:30)に再放送される。前回の放送後、SNSでも話題になり、同局にも再放送希望が2000件近く寄せられたという。 【その他の画像】世界で一番、エネルギッシュな77歳  番組では、バラエティーやネットで人気の“ひふみん”こと、現役最年長・加藤一二三棋士(77)に70日間密着。現役生活63年の本人はもちろん、家族や羽生善治三冠ら、周囲の人たちへの取材によって、「ひふみん伝説」の真相に迫った。  同局では、総合・Eテレ・BSで日々放送されているさまざまなドキュメンタリー番組を紹介するポータルサイト「もっとNHKドキュメンタリー」を開設しており、番組内容や放送日時、制作者のメッセージなどを掲載。  各番組のページでは、初回放送後、約1週間、ボタンをクリックするだけで「再放送リクエスト」ができる。レビューのページでは、「面白かった」「泣けた」「癒やされた」「発見があった」「考えさせられた」の感想スタンプが押せるようになっていて、180字以内で投稿もできる。  当該番組には、「面白かった」216、「泣けた」50、「癒やされた」13、「発見があった」28、「考えさせられた」38の感想スタンプが押される反響があった。以下、レビューの抜...more
in English
カテゴリー:

【最年少プロ棋士】将棋、最年少藤井四段が12連勝 - 04月13日(木)21:13 

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は13日、 大阪市の関西将棋会館で指された竜王戦ランキング戦6組で星野良生四段(28)を127手で破り、 自身の持つデビュー後の連勝記録を「12」に更新した。  藤井四段は4日の対局に勝ち、松本佳介六段(45)と 近藤正和六段(45)が達成したデビュー後10連勝を抜き、 11連勝の新記録を樹立していた。  愛知県瀬戸市在住の中学3年生。昨年10月、 最年少の14歳2カ月でプロ入り。 これまで加藤一二三・九段(77)が持っていた、 14歳7カ月の最年...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「加藤一二三」の画像

もっと見る

「加藤一二三」の動画

Wikipedia

加藤 一二三(かとう ひふみ、1940年1月1日 - )は、将棋棋士。実力制6人目の名人。剱持松二九段門下(当初は南口繁一九段門下)。棋士番号は64。

現役最年長、棋界最古参棋士であり、戦前生まれの名人経験者最後の存命者である。「1分将棋の神様」「神武以来の天才」''「神武以来」は「じんむこのかた」と読み、「我が国始まって以来の」または「他に例がないほど非常に優れた」という意味の異名を持つ。

略歴

現役棋士生活61年超、通算対局数、通算敗戦数は歴代1位(更新中)であり、1950年代1960年代1970年代1980年代1990年代2000年代の各年代で順位戦最高峰A級に在籍したことがある唯一の棋士である(他には大山康晴が1940年代から1990年代までA級在籍。6つの10年紀でのA級在籍はこの二人のみ)。 14歳7ヶ月で史上初の中学生棋士になり、その後4年連続で昇級を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる