「加盟国」とは?

関連ニュース

原油高が日本の陸・空運を直撃、ガソリン電気ガスも値上げへ - Close-Up Enterprise - 12月12日(火)05:00 

11月30日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国を中心とした産油国は、2018年末までの減産に合意。中東の盟主であるサウジアラビア国内の内紛もあり、原油価格の上昇圧力が高まっている。原油のほぼ全量を輸入に頼っている日本も、少なからず影響を受けることになりそうだ。
カテゴリー:

中東非核化、さらに絶望的に=「エルサレム首都」非難-ICAN川崎さん - 12月09日(土)22:15 

 【オスロ時事】ノーベル平和賞を受賞する「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の国際運営委員、川崎哲さん(49)は8日、オスロで記者会見し、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことについて、中東に混乱をもたらし、中東の非核化を「さらに絶望的にしてしまった」と非難した。 事実上の核兵器保有国イスラエルの非核化を念頭に置いた「中東非核地帯構想」は、核拡散防止条約(NPT)の焦点の一つ。2015年のNPT再検討会議はこの問題をめぐって加盟国間の対立が埋まらず、決裂した。川崎さんは、米政府の方針変更によって「中東和平プロセスが非常に混乱することは明らかだ。核軍縮どころではなくなる」と懸念を示した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【中東和平】パレスチナ各派、6~8日を「怒りの日」と名付け抗議活動を呼びかける - 12月06日(水)19:18  newsplus

パレスチナ、強く反発 「エルサレム首都」遠のく和平 12/6(水) 14:59配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000047-asahi-int  トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの「首都」と認め、在イスラエル米大使館をテルアビブからエルサレムに移転させる方針を示したことに、 東エルサレムを将来の独立国家の首都と位置づけるパレスチナ側は反発を強める。中東和平がいっそう遠のき、緊張が高まるのは必至だ。  地元メディアなどによると、パレスチナ各派は5日、6~8日を「怒りの日」と名付け、ヨルダン川西...
»続きを読む
カテゴリー:

英首相、交渉打開へ譲歩案=欧州委員長と会談-EU離脱 - 12月04日(月)22:12 

 【ロンドン時事】メイ英首相は4日、欧州連合(EU)本部があるブリュッセルを訪れ、難航しているEU離脱交渉をめぐりユンケル欧州委員長と会談した。交渉の行き詰まりを打開するため、EUに支払う「手切れ金」の額を従来方針の200億ユーロ(約2兆7000億円)規模から500億ユーロ(約6兆7000億円)前後に増やす譲歩案などを提示したとみられる。 6月に始まった離脱交渉では手切れ金のほか、在英EU市民らの権利保障、EU加盟国アイルランドと英領北アイルランドの国境管理を議論。これら三つの懸案で「十分な進展」があったとEUが認めれば、英国はEUとの通商協議など交渉の「第2段階」に入ることができる。 EUは14、15両日の首脳会議で交渉前進の可否を判断する予定で、首相の新提案がカギを握っている。 【時事通信社】
カテゴリー:

【経済】危機の社会保障「働けど貧しい」支える側がやせ細っていく - 12月03日(日)18:19  bizplus

日本の失業率は、先進国でも最低の2%台だ。欧州には10%を超える国もあり、世界がうらやむ「完全雇用」を実現している。しかし、働く人々はうれしそうではない。  国税庁によると、民間企業で働く社員やパートらが昨年手にした給与は平均約422万円で前年より1万円以上多かった。とはいえ、世界経済が一気に冷え込んだリーマン・ショックの前年2007年の約437万円には届いていない。  そして、雇用形態による格差がある。正社員は約487万円で非正規社員は約172万円と、立場の違いが315万円の差を生んでいる...
»続きを読む
カテゴリー:

日本・EU、世界最大の自由貿易圏設定(EPA)で合意 - 12月09日(土)23:24  news

日本とEUは、自由貿易協定(EPA)の交渉を妥結した。安倍首相と欧州委員会のユンケル委員長が電話協議し、確認した。 協定はこの後、欧州議会とEU加盟国の批准を経て発効に向かう見通しだ。 交渉は数年間続き、今年7月に大枠合意に至った。2019年3月にも発効する見通し。これは、英国のEU離脱とほぼ同時期である。 協定発効により、世界最大の自由貿易圏が創設される。圏内の人口は6億3000万人強、GDPは世界全体のGDPの30%を占める。 現在、日本とEU間で適応されている関税の大部分は撤廃される。現在EU圏の企業は関税や税金をおよ...
»続きを読む
カテゴリー:

【英EU離脱】英国とEUが離脱条件で基本合意 「十分な進展」と欧州委 - 12月08日(金)19:39 

 【ベルリン=宮下日出男】英国の欧州連合(EU)離脱交渉で、メイ英首相とEUのユンケル欧州委員長は8日、ブリュッセルで会談し、離脱条件をめぐる協議で基本合意した。欧州委員会は離脱条件で「十分な進展」が得られたとして、英以外の27加盟国に将来関係への移行を勧告。難航してきた交渉は次段階の協議へ大きく前進した。
カテゴリー:

EU:IT企業へ課税強化の方針…米企業標的に、反発も - 12月06日(水)09:29 

 欧州連合(EU)は5日にブリュッセルで開いた財務相理事会で、米国のグーグルやフェイスブックといったIT企業に対する課税を強化する方針を決めた。企業の利益ではなく、売り上げに応じた課税を検討。ただ加盟国の意見は一致しておらず、実現には曲折も予想される。
カテゴリー:

ユーロ圏経済、単一通貨導入でも想定ほど収れん進まず=ECB調査 - 12月04日(月)13:20 

[フランクフルト 1日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は1日に公表した調査で、ユーロ加盟国内の経済格差は縮まっているようだが、引き続き域内で所得の差がみられ、単一通貨ユーロは、ユーロ圏経済の収れんを当初期待されていたほど後押ししていないとの見方を示した。
カテゴリー:

NY原油:続伸、58ドル台 協調減産の再延長好感 - 12月02日(土)08:03 

 1日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の1月渡しが前日比0.96ドル高の1バレル=58.36ドルで取引を終えた。  石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国が前日、原油の協調減産の再延長を決めたことが好感され、買いが先行した。ただ、その後はロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑を巡る報道を受けて米国株が急落したことをきっかけにリスクを避ける動きも出て、上げ幅が縮小した。(共同)
カテゴリー:

もっと見る

「加盟国」の画像

もっと見る

「加盟国」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる