「加持祈祷」とは?

関連ニュース

「若い女にうつつを抜かすような夫はもう戻らない」異常行動であわや大惨事!? 正妻の嫉妬が火を吹いた焦げ臭い泥沼別居劇 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~ - 01月20日(土)20:00 

夫婦仲を冷え込ませた年上妻の”異常行動”とは 注目の的だった玉鬘といきなり結婚し、世間の話題をかっさらった髭黒。長年連れ添った年上の正妻と3人の子供には目もくれず、今はひたすら新妻・玉鬘を迎えるためのリフォームを急いでいました。 目の前で新しい女のための増改築工事が進められることが、どんなに傷つくことか。ナレーションは「色男というものはどの女性にもわけ隔てなく接するべきで、誰か一人だけを偏愛するのはNGなのに、恋に不慣れな髭黒はそういった配慮がない」と説明。でも突然恋に狂ったオジサンに、そんなことを求めても無理でしょう……。 この正妻の父親は式部卿宮で、実は紫の上の異母姉です。若い頃は美人だったのですが、いつの頃からか物の怪が取り憑き、異常な行動を取ることが増えました。最近は正気でいる時間も少なく、髭黒との不仲もこれが原因です。 元の性格は物静かでおっとりとしているのに、いったん物の怪が憑くと人が変わったように荒ぶり、手がつけられなくなります。そんな彼女が主婦なので、家の内も散らかり放題でした。 玉鬘のようにパッとした顔立ちではないものの、昔は小柄で上品な美人だったこの奥さん。でも今は病気のためにやせ衰え、髪もすっかり薄くなり、残った髪も梳かさないので涙でガチガチ。髭黒が「ばあさん」呼ばわりしていたのもこの辺が原因でしょう。髭黒も辛抱してきましたが、さすがに...more
カテゴリー:

「加持祈祷」の画像

もっと見る

「加持祈祷」の動画

Wikipedia

加持祈祷(かじきとう)とは、密教において重視されるの呪力を願う一種の儀式

概要

加持」とはadhisthanaの訳で手印・真言呪・観想などの方法で加護を衆生に与えること、「祈祷」とは呪文を唱えて神仏に祈ることを意味する。従って、本来は祈祷は加持を得るための手段の1つに過ぎないが、混同されて用いられることが多い。

真言密教においては、手に印契を結びを用いて、護摩をたき、真言(マントラ)を口唱して仏の加護を求める。祈祷を行う儀式である''修法''(しゅうほう)には大きく分けて息災・増益・敬愛・調伏の4つの体系があり、これにより除災招福などの現世利益を期待した。

日本ではこうした加持祈祷は仏教伝来以後日本古来の呪法と結びつきながらしばしば行われ、聖徳太子が父用明天皇のために法隆寺を建立した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる