「加持祈祷」とは?

関連ニュース

真田幸村ゆかりのストラップ - 02月02日(木)00:44 

厄除真田紐のストラップ販売開始 和歌山・九度山で加持祈祷 http://www.sankei.com/region/news/170201/rgn1702010066-n1.html  戦国武将・真田幸村ゆかりの九度山町の住民らでつくる「九度山真田紐(ひも)研究会」(前滝悟会長)が31日、 「厄除真田紐ストラップ」の販売を開始した。幸村の屋敷跡に構えたとされる高野山真言宗の遍照寺(同町)で、ストラップの加持祈祷(きとう)が行われた。  九度山に蟄居していた幸村らが情報収集などのため、家臣らに各地へ売りに行かせていたとされる「真田紐」。 同会はまちおこ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「加持祈祷」の画像

もっと見る

「加持祈祷」の動画

Wikipedia

加持祈祷(かじきとう)とは、密教において重視されるの呪力を願う一種の儀式

概要

加持」とはadhisthanaの訳で手印・真言呪・観想などの方法で加護を衆生に与えること、「祈祷」とは呪文を唱えて神仏に祈ることを意味する。従って、本来は祈祷は加持を得るための手段の1つに過ぎないが、混同されて用いられることが多い。

真言密教においては、手に印契を結びを用いて、護摩をたき、真言(マントラ)を口唱して仏の加護を求める。祈祷を行う儀式である''修法''(しゅうほう)には大きく分けて息災・増益・敬愛・調伏の4つの体系があり、これにより除災招福などの現世利益を期待した。

日本ではこうした加持祈祷は仏教伝来以後日本古来の呪法と結びつきながらしばしば行われ、聖徳太子が父用明天皇のために法隆寺を建立した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる