「加山雄三」とは?

関連ニュース

【ももクロ】「不動の5人」が長く、幅広く愛される理由 - 09月17日(日)17:53  mnewsplus

 2008年5月に結成されたももいろクローバーZ(以下、ももクロ)。10周年は目前だがその勢いは今も変わらない。5年連続でスタジアムライブを開催し、レギュラー番組は長期化。ファン層は老若男女へと広がっている。メンバーの卒業、加入を繰り返す女性アイドルグループが多いなか、6年以上もメンバーは固定。「不動の5人」が長く、幅広く愛されているのには、3つの理由がある。 ?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&ixlib=php-1.1.0&w=640&s=d630026cb287ecc2c0ee6b8270b56625  ももクロのメインの活動となる...
»続きを読む
カテゴリー:

桑田佳祐、神木隆之介ら出演「茅ヶ崎物語」ハワイ国際映画祭で上映決定 新予告も完成 - 09月13日(水)04:00 

 多くのミュージシャンや文化人を輩出した“芸能の地”茅ヶ崎の秘密を探る、熊坂出監督の長編最新作「茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN」が、米ハワイ・ホノルルで開催される第37回ハワイ国際映画祭のスポットライト・オン・ジャパン部門で公式上映されることが決定した。神奈川県同市出身の桑田佳祐をはじめ、人気若手俳優の神木隆之介、野村周平らが出演している本作。神木は「茅ヶ崎とホノルルは姉妹都市ということで、そんなハワイの歴史ある映画祭で上映が決定したことは本当に光栄なことです」とコメントを寄せている。 ・【動画】「茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN」予告編第2弾  本作製作のきっかけとなったのは、洋楽ポップスのプロモーターで、「サザンオールスターズ」の名付け親としても知られる宮治淳一氏の存在がある。親友・桑田への還暦のプレゼントとして、映像作品を自主制作することを思い立った宮治氏が、熊坂監督と人類学者の中沢新一氏に協力を依頼し、映画製作がスタート。そうして完成した本作は、加山雄三へのインタビューなどのドキュメンタリー要素、宮地氏と桑田の学生時代を神木と野村によるドラマで再現するなど、さまざまな角度から茅ヶ崎の魅力に迫っていく。  「アジアの優れた映画を発掘し、世界に紹介すること」をテーマに掲げ、昨年は是枝裕和監督の「海よりもまだ深く」や深田晃司監督作「淵に立つ...more
カテゴリー:

バナナマン日村、大御所のクイズ番組打ち切り理由を知る - 09月10日(日)22:40 

9月6日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで『日村がゆく』#20が放送された。 同番組は、世にはびこるバラエティの定番を超えるべく、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が体を張ってバラエティの“新定番”を開拓していく番組。 この日の放送回では、「クイズ」をテーマに『全国高等学校クイズ選手権』や『オールスター感謝祭』をはじめ、数々のクイズ番組を手がける放送作家の矢野了平や、現役東大クイズ王の伊沢拓司を迎え、知られざるクイズ番組の裏側や 「早押しボタン」の仕組みなどを学んだ。「過去失敗したクイズ番組」を学ぶコーナーでは、放送作家の矢野が2004年に放送されていた「クイズ!家族でGO!!」という番組で起きた失敗エピソードを紹介。 その番組内の「一般家族vs芸能人家族」では、一般の家族と番組が用意した家族構成の芸能人チームが対戦し、芸能人チームのお父さん役として、俳優の加山雄三が出演していたことに触れた。 番組としては一般の参加者がいるため、できるだけ一般人に正解してもらいたいという気持ちがある中、芸能人チームのお父さん役である加山は毎回正解をしてしまう結果に。 加山の真剣さが番組としては気まずい空気となってしまい、7回で打ち切りになったと説明すると、日村は「でも、(お父さん役だから)正解するの止められないですよね」とコメントし、責任感ある加山の姿勢に感心してい...more
カテゴリー:

意外なゲーム好き有名人ランキング 1位仲間由紀恵 2位宇多田ヒカル 3位加山雄三 - 09月15日(金)13:58  news

有名人の中にはゲームを趣味としている人が少なくありません。ゲーム好きを公言しており、ゲームの番組を担当したり雑誌の 連載を担当したりする人も。しかし中にはあまり知られていないけれど、実はゲームが大好きな有名人も存在します。 そこで今回は、意外なゲーム好き有名人について探ってみました。 1位仲間由紀恵 ロックマンやバイオハザードなどが好き 105票 2位宇多田ヒカル 大のテトリス好きとして知られる 73票 宇多田ヒカル 3位加山雄三 バイオハザードはじめ、ゲーム全般 71票 4位松本人志 ダウンタウン ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】あの伝説的アーティストが奇跡のコラボで「紅白出場」有力視! - 09月12日(火)16:09  mnewsplus

いよいよ年末の「NHK紅白歌合戦」まで3カ月あまりとなり、音楽業界では出演者を巡る憶測が飛び交っている。 例年は11月末に出場者発表されるが、今年の顔ぶれについて「徐々に固まりつつある」というのはNHK関係者だ。 「昨年は大晦日に解散するSMAPの出演を巡りギリギリまで交渉を続けましたが、今年は順調なほうだと思います。 10月からの朝ドラ『わろてんか』で主題歌を歌う松たか子さん、 『東京五輪音頭-2020-』の加山雄三さん、石川さゆりさん、パンクシンガーの竹原ピストルさんらが当確メンバーといわれていますね」 そ...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京五輪】新「東京五輪音頭」国内より海外で人気? 公開2週間半で100万回再生 - 08月24日(木)22:38  newsplus

新「東京五輪音頭」国内より海外人気? 100万回再生 朝日新聞:2017年8月24日21時01分 http://www.asahi.com/articles/ASK8S6DX5K8SUTQP01S.html 「東京五輪音頭2020」のミュージックビデオ=東京五輪・パラリンピック大会組織委員会提供  国内より、海外で人気? 故・三波春夫さんらが歌って大ヒットした「東京五輪音頭」を、2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が現代風に編曲した「東京五輪音頭2020」のミュージックビデオの再生回数が、組織委の海外向け公式フェイスブックで、公開2週間半で1...
»続きを読む
カテゴリー:

「加山雄三」の画像

もっと見る

「加山雄三」の動画

Wikipedia

加山 雄三(かやま ゆうぞう、1937年4月11日 - )は、日本俳優シンガーソングライタータレントギタリストウクレレ奏者、ピアニスト画家。本名は池端 直亮(いけはた なおあき)。ニックネームは若大将。作曲家としてのペンネームは弾 厚作(だん こうさく)。血液型A型。

経歴

父は俳優の上原謙(池端清亮)、母は女優の小桜葉子斎藤明美家の履歴書 男優・女優篇190頁(池端具子)。妹は池端亮子。母方の高祖父は明治元勲岩倉具視である。

神奈川県横浜市...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる