「加山雄三」とは?

関連ニュース

【芸能】加山雄三「青大将の田中邦衛さんとは私生活でも最高コンビ」 - 11月21日(火)22:05  mnewsplus

池田勇人内閣が所得倍増計画を掲げ高度経済成長に向けて踏み出した1961年、映画“若大将”シリーズの第1作『大学の若大将』(杉江敏男監督)が公開された。 そして、第2の若大将ともいえるのが、田中邦衛が扮する若大将のライバル・青大将だろう。当初は若大将と敵対するが、やがて友情が芽生えていき、悪友という憎めないキャラクターに成長した。 「青大将の田中邦衛さんとは、映画でもプライベートでも最高のコンビでした。彼は5歳も年上で、共演する前に黒澤明監督の『悪い奴ほどよく眠る』(1960年)に出ているのを 観ると殺し屋...
»続きを読む
カテゴリー:

瀧本美織、凜々しい男装を披露!『帯ドラマ劇場』第3弾で越路吹雪を熱演 - 11月21日(火)10:45 

瀧本美織と木南晴夏が、来年1月からスタートする昼の帯ドラマ『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月~金、12:30~※BS朝日<再放送>毎週月~金、7:40~)で共演することがわかった。この作品は、第1弾『やすらぎの郷』に続き、現在、『トットちゃん!』が好評を博している“帯ドラマ劇場”で放送される第3弾。圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記となっている。越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”は、子どもの頃から歌が好き。少女時代は勉強はキライでおてんばだが、とても純粋な女の子だった。そんなコーちゃんは、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験。見事合格したものの、踊りもできないコーちゃんは、落第寸前の“落ちこぼれ”に……。しかし、天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへの階段を駆け上って行く。退団後は歌手、女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷時子とタッグを組んで、「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”とよばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変えた、稀代の歌手となった。そして、越路のマネージャーとして彼女を終生支え続けた大親友・岩谷時子は「愛の讃歌」の訳詞や、加山雄三の「君といつまでも」、ピンキーとキラーズの「恋の季節」など数多くのヒット曲を作詞。さらに、『レ・ミゼラブル...more
カテゴリー:

瀧本美織がシャンソンの女王に! 帯ドラ第3弾は越路吹雪の一代記をつづる - 11月21日(火)06:00 

「やすらぎの郷」「トットちゃん!」に続き、2018年1月よりスタートする帯ドラマ劇場の第3弾が、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記を描く「越路吹雪物語」に決定した。 【写真を見る】瀧本が宝塚の男役トップスターに!? 「越路さんの人生から皆さんに感動をお伝えできれば」/(C)テレビ朝日 越路が「落ちこぼれ」と言われた宝塚時代から、稀代の作詞家・岩谷時子との運命的な出会い、戦争を乗り越えた2人が二人三脚でトップスターへと駆け上がっていく軌跡を、昭和という激動の時代を背景に誰もが耳にしたことのある名曲とともに紡ぐ。 子供の頃から歌が大好きだった越路吹雪こと河野美保子(愛称・コーちゃん)は、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験し、見事合格。 天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへと上り詰めた越路は退団後、女優として活動をスタートする。その後、作詞家の時子とタッグを組んで「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”と呼ばれる。 そんな越路の青年期を演じるのは、ガールズバンドのボーカルや、ミュージカルでも活躍する瀧本美織。また、ミュージカルの舞台に立つなど歌と芝居の才能にあふれた子役・岩淵心咲が少女期を演じる。 そして、子供時代に宝塚歌劇団の大ファンだったという木南晴夏が青年期の時子を演じ...more
カテゴリー:

【芸能】紅白初出場の竹原ピストル、ダウンタウン松本との絆 - 11月18日(土)08:07  mnewsplus

『第68回NHK紅白歌合戦』のラインナップが発表された。 事前に予想された小沢健二や安室奈美恵のサプライズ出場は実現しなかったが、初出場組では竹原ピストルに注目が集まっている。 「竹原ピストルは、1976年生まれの40歳。 大学時代に同級生と弾き語りのフォークデュオ野狐禅を結成し、2003年にメジャーデビューを果たすも泣かず飛ばすで、2009年に解散します。 その後、再びインディーズのミュージシャンから活動をはじめ、ギター一本で弾き語りを行うシンプルな表現スタイルで、徐々に人気に火がつきはじめます。 2020年の東...
»続きを読む
カテゴリー:

『紅白』総合司会に抜擢の内村光良 MCの力量について世間の評価は?  - 11月17日(金)14:00 

12月31日に放送される『第68回紅白歌合戦』の総合司会者に抜擢された、内村光良。NHKアナウンサーが務めることが多いボジションだけに、驚きの声が上がっている。本人が一番驚いたようで、NHKによると「本当に驚いた。全く予想外だった」とコメントしているそう。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などで見せる、ウィットに富んだ司会ぶりが紅白の世界観とどのように融合するのか、注目する人も多いだろう。■内村光良のMCぶりが好きな人は?今回、内村光良が総合司会の座をゲットした大きな要因に、安定したMCぶりがある。しらべぇ編集部が全国の20代~60代の内村光良を知っている人1,259名に彼のMCについて調査したところ、じつに7割が「好き」と回答。(©ニュースサイトしらべぇ)やはり、安定した人気を誇っているようだ。■年代別に見ると…年代別に見てみると、ある傾向が。(©ニュースサイトしらべぇ)20代から40代については、「好き」な人が7割超え。年代が上がるとやや下がるが、MCや司会といった役割よりも、芸人としてのイメージが上の世代ほど強いせいかもしれない。いずれにせよ、しらべぇ編集部によるこれまでの司会・MCの人気調査と比較すると、内村の人気は、かなり突出している印象で、これだけ愛されていれば、紅白歌合戦の総合司会者にふさわしいのではないだろうか。■ファンの意...more
カテゴリー:

瀧本美織、凜々しい男装を披露!『帯ドラマ劇場』第3弾で越路吹雪を熱演 - 11月21日(火)10:47 

瀧本美織と木南晴夏が、来年1月からスタートする昼の帯ドラマ『越路吹雪物語』(テレビ朝日系、毎週月~金、12:30~※BS朝日<再放送>毎週月~金、7:40~)で共演することがわかった。この作品は、第1弾『やすらぎの郷』に続き、現在、『トットちゃん!』が好評を博している“帯ドラマ劇場”で放送される第3弾。圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記となっている。越路吹雪、本名・河野美保子、愛称“コーちゃん”は、子どもの頃から歌が好き。少女時代は勉強はキライでおてんばだが、とても純粋な女の子だった。そんなコーちゃんは、父に勧められて宝塚音楽歌劇学校を受験。見事合格したものの、踊りもできないコーちゃんは、落第寸前の“落ちこぼれ”に……。しかし、天性の歌唱力と明るい性格で先輩スターや同期に支えられ、男役トップスターへの階段を駆け上って行く。退団後は歌手、女優として活動。日本を代表する作詞家・岩谷時子とタッグを組んで、「愛の讃歌」などシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”とよばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変えた、稀代の歌手となった。そして、越路のマネージャーとして彼女を終生支え続けた大親友・岩谷時子は「愛の讃歌」の訳詞や、加山雄三の「君といつまでも」、ピンキーとキラーズの「恋の季節」など数多くのヒット曲を作詞。さらに、『レ・ミゼラブル...more
カテゴリー:

【ドラマ】瀧本美織主演、昭和の歌姫・越路吹雪の人生をドラマ化 ヅカメイクで男装姿も披露 - 11月21日(火)07:02  mnewsplus

2017-11-21 06:00 瀧本美織主演、昭和の歌姫・越路吹雪の人生をドラマ化 ヅカメイクで男装姿も披露  テレビ朝日系で4月にはじまった帯ドラマ劇場(月~金 後0:30~0:50)。第1弾『やすらぎの郷』、現在放送中の第2弾『トットちゃん!』に続き、来年1月スタートの第3弾は『越路吹雪物語』に決定した。 戦後の大スター・越路吹雪(1924年-1980年)の一代記を、名曲「愛の讃歌」などでタッグを組んだ岩谷時子(1916年-2013年)と二人三脚で歩んだ軌跡とともに描く。青年期の越路吹雪こと、本名・河野美保子を演じるのは、瀧本美...
»続きを読む
カテゴリー:

瀧本美織主演、昭和の歌姫・越路吹雪の人生をドラマ化 ヅカメイクで男装姿も披露 - 11月21日(火)06:00 

 テレビ朝日系で4月にはじまった帯ドラマ劇場(月~金 後0:30~0:50)。第1弾『やすらぎの郷』、現在放送中の第2弾『トットちゃん!』に続き、来年1月スタートの第3弾は『越路吹雪物語』に決定した。戦後の大スター・越路吹雪(1924年-1980年)の一代記を、名曲「愛の讃歌」などでタッグを組んだ岩谷時子(1916年-2013年)と二人三脚で歩んだ軌跡とともに描く。青年期の越路吹雪こと、本名・河野美保子を演じるのは、瀧本美織。時子は、木南晴夏が演じる。 【写真】主演の瀧本美織と木南晴夏  美保子は、幼い頃から歌うことが大好きで、13歳で宝塚歌劇団に入団。落ちこぼれ団員だったが、男役のスターとして一世を風靡(ふうび)する。新しい世界を求めて退団した後、時子とタッグを組んで、「愛の讃歌」などのシャンソンを多くカバーしたことから、“日本シャンソン界の女王”と呼ばれ、まさに日本の音楽シーンの歴史を変えた、稀代の歌手となっていく。  時子は、母の影響で宝塚歌劇団のファンになり、歌劇団が発行する雑誌『歌劇』に投稿を続けていた文学少女。その文才に目に留めた歌劇団の文芸部から誘われて大学卒業後に入団。当時、落ちこぼれ団員だった美保子と運命的な出会いを果たす。その後は、越路のマネージャーとして彼女を終生支え続けた。「愛の讃歌」の訳詞や、加山雄三の「君といつまでも」、ピンキーとキラーズの「恋の季...more
カテゴリー:

【テレビ】嵐、紅白2年連続大トリ!トリは紅組最多40回目の出場の石川さゆり - 11月17日(金)15:00  mnewsplus

人気グループ、嵐が大みそかに生放送される「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の大トリの最有力候補であることが16日、分かった。トリは40回目の出場の石川さゆり(59)が濃厚。 この日、出場歌手の発表会見が東京・渋谷の同局で行われ、昨年と同じ紅白各23組ずつの計46組が決定。初出場は昨年と同数の10組で、デビュー30周年のエレファントカシマシ、20周年の三浦大知(30)、10周年のHey!Say!JUMPら周年組も紅白を盛り上げる。  国民的グループが2年連続2度目となる紅白のラストを飾る...
»続きを読む
カテゴリー:

【紅白】竹原ピストル、初出場「歌うたいとして、経験してみたかったステージ」 - 11月16日(木)11:20 

 大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』(後7:15~11:45)の出場歌手が16日、発表され、歌手の竹原ピストル(40)の初出場が決まった。多い年は年間250本のライブを行ってきた竹原は「出場できるなんて、思ってもみなかったけど、歌うたいとして経験してみたかったステージ。精一杯やらせていただこうと思っています」と意気込みを語った。 【紅白特集】出場者一覧 昨年のフォトギャラリーも  竹原は、千葉県出身。1999年、野狐禅(ヤコゼン)を結成し、2003年にメジャーデビューした。09年4月に野狐禅を解散し、一人での表現活動を開始。15年リリースのアルバム『youth』収録曲「よー、そこの若いの」がCMソングに起用され、大きな反響を呼んでいる。俳優としても評価され、16年には映画『永い言い訳』で第40回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞。  今年は、『2020年東京五輪・パラリンピック』に向けて、1964年東京五輪時に流行した「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭-2020-」を、加山雄三、石川さゆりとともに歌ったり、缶コーヒーのCMに出演したりと話題も抱負だった。  そんな一年を、竹原は「多くの人に知ってもらうチャンスをたくさんいただいた年。恩返しできるようにがんばっていかねぇとなぁ、って強く思った年だった」と振り返っていた。フォトセッションでは、照れまくっ...more
カテゴリー:

もっと見る

「加山雄三」の画像

もっと見る

「加山雄三」の動画

Wikipedia

加山 雄三(かやま ゆうぞう、1937年4月11日 - )は、日本俳優シンガーソングライタータレントギタリストウクレレ奏者、ピアニスト画家。本名は池端 直亮(いけはた なおあき)。ニックネームは若大将。作曲家としてのペンネームは弾 厚作(だん こうさく)。血液型A型。

経歴

父は俳優の上原謙(池端清亮)、母は女優の小桜葉子斎藤明美家の履歴書 男優・女優篇190頁(池端具子)。妹は池端亮子。母方の高祖父は明治元勲岩倉具視である。

神奈川県横浜市...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる