「劇場アニメ」とは?

関連ニュース

劇場アニメ「GODZILLA」第2章の予告映像が解禁、人類とゴジラの戦いも - 04月19日(木)18:00 

5月18日に公開される劇場アニメ「GODZILLA 決戦機動増殖都市」の予告映像が公開された。
カテゴリー:

名探偵コナン×ソニーのウォークマン&ヘッドフォン発売、コナンと安室イメージ - 04月18日(水)23:16 

劇場アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」とソニーのコラボによるウォークマンとヘッドフォンが、通販サイト・ソニーストアと全国のソニー直営店、一部の家電店、e-ソニーショップにて販売されている。
カテゴリー:

【オリコン】菊池風磨、初主演ドラマ『吾輩の部屋である』 BDが部門首位 - 04月18日(水)04:00 

 人気グループSexy Zone・菊池風磨の初主演ドラマ映像作品『吾輩の部屋である Blu-ray BOX』(11日発売)が、4/23付オリコン週間Blu-ray Discランキング(集計期間:4月9日~4月15日)のドラマ部門1位に初登場(BD:14位、同0.1万枚)。初主演作にして同部門首位を獲得した。 【原作イラスト】菊池風磨が演じた哲郎  本作は、『ゲッサン』(小学館刊)で連載中の同名マンガを日本テレビ系「シンドラ」枠で実写ドラマ化。一人暮らしの大学院生が日常で起こりうる「あるある」な出来事に思考を巡らせる哲学系部屋コメディーで、連続ドラマ史上初の“登場人物がたった一人”の物語として話題に。  ドラマ主題歌には、菊池自身も歌詞で共作したSexy Zoneの「ぎゅっと」(17年10月発売)が起用され、菊池以外のメンバー4人も声の出演でドラマに登場している。 【関連記事】 【写真】長澤まさみのコスプレ伝説キターッ!『ガンダム』セイラ姿など 【写真】可愛すぎる…川島海荷の綾波レイ“コスプレ”初解禁 【写真】橋本環奈「1000年に一人の海賊」に! ルフィコスプレに挑戦 「キミスイ」劇場アニメ化決定 公開中の実写化に続き (17年08月07日) 【動画】神木隆之介『ジョジョ』実写化に不安あった 山崎賢人らと封切り喜ぶ「荷が下りた…」 (17年08月05日)
カテゴリー:

「ニンジャバットマン」×「ポプテピピック」コラボCMでポプ子とピピ美がバットマン&ジョーカーに - 04月17日(火)23:45 

6月15日公開の劇場アニメ「ニンジャバットマン」と、最終回を迎えたばかりのテレビアニメ「ポプテピピック」がコラボレーションした特別映像が公開された(https://youtu.be/qSF8fI...
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】消えてしまう過去、儚い現在、記憶のなかの世界 - 04月17日(火)20:11 

『プラネタリウムの外側』は連作集。有機素子コンピュータで会話プログラム(チューリングテストをクリアするレベル)を開発する南雲助教と、彼の研究室に関わるひとたちの物語だ。ITと現実感覚を結びつけたSFは数あるが、この作品はガジェット/アイデアばかりを前景化するのではなく、わたしたちが暮らしている日常、人間関係のなかで出逢う感情や感覚の地平で語られている。そこがとても新鮮だ。  生活のなかでふと覚える些細な違和感。たとえば、いつのように電灯をつけようとしたら、壁スイッチの位置が思った場所と違っていたとか、毎日通っている町並の一角が空き地がなっていて、前にどんな建物があったか思い出そうとしても思い出せないとか。そんな経験はだれでもあるだろう。たいていは気の迷いだとしてやりすごしてしまうのだけれど、もしかすると「現実は自分が思ったとおりではない」のかもしれない。  その感覚をたくみに小説化したのがフィリップ・K・ディックというひとで、彼の作品ではしばしば些細な違和感を足がかりに現実の虚構性があらわになっていく。  ディックの展開はかなり強迫観念的だったけれど、『プラネタリウムの外側』の物語はそうしたアクの強さはなく、むしろ澄んだイメージだ。繊細な青春小説の匂いすらある。 「日常の些細な違和感」から「現実は思ったとおりではない」への展開がもっともすんなりいっているのが、第一作「有機素子ブレー...more
カテゴリー:

オカエリナサイ…30周年迎える「トップをねらえ!」合体劇場版を兵庫で上映 - 04月19日(木)14:42 

2006年公開の劇場アニメ「トップをねらえ!&トップをねらえ2! 合体劇場版!!」が、5月12日から18日まで、兵庫・塚口サンサン劇場で上映される。
カテゴリー:

「うちのクラスの女子がヤバい」の衿沢世衣子が「リズと青い鳥」の映画評を執筆 - 04月18日(水)12:53 

「うちのクラスの女子がヤバい」「シンプルノットローファー」などで知られる衿沢世衣子が、映画.comにて劇場アニメ「リズと青い鳥」の映画評を執筆した。
カテゴリー:

「ニンジャバットマン」×「ポプテピピック」コラボCMでポプ子とピピ美がバットマン&ジョーカーに - 04月17日(火)23:45 

 6月15日公開の劇場アニメ「ニンジャバットマン」と、最終回を迎えたばかりのテレビアニメ「ポプテピピック」がコラボレーションした特別映像が公開された(https://youtu.be/qSF8fIhkZjg)。  「ニンジャバットマン」は、アメリカの「DCコミックス」を代表するヒーローであるバットマンが、戦国時代の日本にタイムスリップし、ジョーカーをはじめとする悪党たちと壮大なバトルを繰り広げる物語。「ポプテピピック」は、大川ぶくぶ氏による4コマ漫画を原作に、14歳の女の子・ポプ子とピピ美が繰り広げる不条理ギャグを描く。両作ともに「ジョジョの奇妙な冒険」のオープニングを担当した、水崎淳平率いる神風動画がアニメーション制作を手がけており、「ニンジャバットマン」は同社にとって初じめての長編劇場アニメで、「ポプテピピック」も初のテレビシリーズとなっている。  このたびのコラボは「ニンジャバットマン」で監督を務める水崎からの発案で実現。バットマンのコスチュームを着たポプ子と、ジョーカーに扮したピピ美が、「ポプテピピック」本編第1話でも披露された「えいえい! 怒った?」「怒ってないよ」というやり取りを繰り広げるが、それが一瞬で「ニンジャバットマン」の壮絶な格闘戦に変わってしまうという内容だ。キャストは「ニンジャバットマン」でバットマンを演じる山寺宏一とジョーカーを演じる高木渉が、それぞれ...more
カテゴリー:

【アニメ】細田守監督「未来のミライ」、第71回カンヌ映画祭の監督週間に選出! 上白石萌歌、黒木華、星野源らが歓喜 - 04月17日(火)23:13  mnewsplus

細田守「未来のミライ」カンヌ監督週間に選出!上白石萌歌、黒木華、星野源らが歓喜 2018年4月17日 20:08 映画ナタリー https://natalie.mu/eiga/news/278488 「未来のミライ」海外版ポスタービジュアル 細田守 「未来のミライ」声優とキャラクター。 「未来のミライ」ビジュアル 細田守の監督最新作「未来のミライ」が、第71回カンヌ国際映画祭の監督週間に選出されたことがわかった。 「未来のミライ」は、4歳の男児くんちゃんと未来からやってきた妹ミライちゃんという不思議な“きょうだい”の物語を描く劇場ア...
»続きを読む
カテゴリー:

「パンダコパンダ」キュートなパンちゃんの顔型バッグとTシャツ2種が登場 - 04月17日(火)18:18 

劇場アニメ「パンダコパンダ」の新作グッズが、スタジオジブリ作品のグッズを扱うショップ・どんぐり共和国に登場した。
カテゴリー:

もっと見る

「劇場アニメ」の画像

もっと見る

「劇場アニメ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる