「劇場アニメ」とは?

関連ニュース

「映画プリキュア」小野賢章がゲスト出演、鍵を握る“どこか儚い”少年役に - 01月21日(日)12:25 

劇場アニメ「映画プリキュアスーパースターズ!」に、小野賢章がゲスト声優として出演する。
カテゴリー:

高橋一生の経歴が意外でスゴイ!スーパー戦隊もの、ジブリアニメにも出演 - 01月19日(金)18:35 

2017年大晦日の「第68回NHK紅白歌合戦」では審査員を務め、NHK連続テレビ小説「わろてんか」にも出演中と、間違いなくいま最も注目を集めている俳優・高橋一生。そんな彼の、興味深いこれまでの経歴を振り返ってみたい! 【写真を見る】『blank13』では父(リリー・フランキー)へ複雑な思いを抱える主人公・コウジ役に/[c]2017「blank13」製作委員会 ■ 昨年はNHK大河ドラマで存在感を発揮 高橋がブレイクしたきっかけの一つと言われているのが、2015年に放送された池井戸潤原作のTVドラマ「民王」だ。おバカな2世議員をクールにたしなめる秘書を好演した。続く2016年は、強烈な印象を残した『シン・ゴジラ』(16)のオタクな研究員役で弾みをつける。 その翌年にはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも登場。演じた小野政次が非業の死を遂げると“政次ロス”を引き起こすほどの、人気を獲得する。また同年のTVドラマ「カルテット」では“こだわりの強い理屈家”という一風変わった役柄を愛らしく演じ、大きな支持を得た。 ■ アニメ、特撮にも出演した少年時代 そんな人気俳優となった高橋のキャリアは長く、意外な作品に出演していた過去を持つ。スタジオジブリ作品の劇場アニメ『耳をすませば』(95)では、ヴァイオリン作りの夢を追う中学生・天沢聖司の声を担当。当時中学3年生の高橋が、ちょうど声変わり前だっ...more
カテゴリー:

福士蒼汰の激闘、臨戦態勢の古川雄輝!「曇天に笑う」渾身アクション収めた場面写真 - 01月19日(金)07:00 

 福士蒼汰と本広克行監督のタッグで人気漫画を実写映画化する「曇天に笑う」の新場面写真が、このほど公開された。福士、古川雄輝ら主要キャストによる緊迫のアクションシーンを収めている。 ・【フォトギャラリー】「曇天に笑う」場面写真  2011~13年に「月刊コミックアヴァルス」に連載された原作漫画「曇天に笑う」は、明治初頭を舞台に、人々に災いをもたらす大蛇(オロチ)の力を封印するために立ち上がった曇神社を継ぐ曇天三兄弟、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊「犲(ヤマイヌ)」、オロチの力を悪用しようと目論む忍者集団・風魔一族による、三つ巴の戦いを描く。14年にテレビアニメ化、15年に舞台化されたほか、6月9日には前日譚と後日譚をつづる劇場アニメ「曇天に笑う 外伝」3部作の中編「宿命、双頭の風魔」も公開される。  本作の大きな見どころとなるのが、人気若手俳優が体当たりで挑んだアクションだ。キャストはクランクインの1カ月以上前からトレーニングを積み、キャラクターごとにスタイルの異なるアクションを構築。時代劇初主演となる福士は、ノースタントのアクションが多いなか、本広監督も見惚れるほどの美しい動きを見せている。  場面写真は、主人公・曇天火が敵との激闘のなかで険しい表情を浮かべる姿、複数の敵とのバトルなどを切り取っており、福士の渾身のアクションを垣間見ることができる。さらに犲メンバーが臨戦...more
カテゴリー:

「文スト」×眼鏡市場コラボメガネフレーム全9モデル、2月24日発売 - 01月18日(木)12:00 

劇場アニメ「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」の主要キャラクターをモチーフにしたメガネフレーム「迷ヰ犬達ノ眼鏡」が、2月24日に眼鏡市場の一部店舗で発売される。
カテゴリー:

「ドラゴンボール」の見て楽しい、食べて美味しいコラボカフェ登場、四星球や魔人ブウなどをモチーフに - 01月16日(火)17:50 

鳥山明による人気作『ドラゴンボール』の世界観が楽しめるコラボカフェ「ドラゴンボールカフェ&ダイナー東京」がオープンします。 その他の画像つき【元記事】を見る 東京・表参道のカフェ「ナチュラルキッチン」のシェフたちが「ドラゴンボール」をイメージして、“見て楽しい、食べて美味しい”をテーマに魔人ブウやウーロンといったお馴染みのキャラクターから、筋斗雲や四星球などをモチーフとした洋食、イタリアン、中華の限定メニューが味わえるそう。 「ドラゴンボールカフェ&ダイナー東京」の営業期間は2018年1月15日から2月28日まで。大阪・中国料理 桃谷樓 ヒルトンプラザWEST店では先行して2017年12月8日からコラボカフェが営業しており、こちらは1月31日までとなっています。 「ドラゴンボールカフェ&ダイナー東京」提供メニュー ・濃厚デミグラスソースの四星球オムライス ・「筋斗雲よーいっ!」みんな清い心になる!?筋斗雲クワトロフォルマッジピザ ・「ギャルのパンティーおくれーー!」ウーロンの炙りベーコン担々麺 ・特製ドラゴンボールハンバーガー ・『僕も食べたいのね』全王様の宇宙プレート ・『この土ならいい栽培マンが育つぜ』キャラメルバナナシェイク ・「お前、たべちゃお」魔人ブウのホットショコラ/ アイスショコラ〜コーヒーキャンディ付き〜 他 【関連記事】 ・原作愛あふれまくり!『ら...more
カテゴリー:

映画「はいからさん」前編のBD&DVDが4月発売、特装版にはブックレットやCD付き - 01月20日(土)00:00 

大和和紀原作による劇場アニメ「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」のBlu-ray / DVDが、4月25日にリリースされる。
カテゴリー:

DAOKO×米津玄師「打上花火」MVがYouTube再生数1億回突破 - 01月19日(金)13:01 

 DAOKO×米津玄師「打上花火」のミュージックビデオ(MV)のYouTube再生数が1億回を突破した。昨年8月10日の公開から約5ヶ月のスピードでの大台達成となった。 【写真】DAOKOとコラボした米津玄師  同曲は昨年8月に公開されたアニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌。同作のアニメーションで構成されたMVには、オリジナルシーンもふんだんに盛り込まれている。  本作は、2017年にYouTubeにアップロードされた動画の中から、再生数、共有、コメント、評価、派生動画など、さまざまな数値を元にランキング化された「YouTube国内トップトレンド音楽動画」でも年間1位を獲得している。 【関連記事】 YouTube年間音楽1位は「打上花火」 米津玄師は3作TOP10 (17年12月19日) 「打上花火」が話題 ラップシンガーDAOKOの才能 (17年12月23日) 岩井俊二原作アニメ『打ち上げ花火』 主題歌はDAOKO×米津玄師(17年06月28日) 『打ち上げ花火』劇場アニメ化 声優に広瀬すず・菅田将暉ら(16年12月08日) 米津玄師、「砂の惑星」「打上花火」セルフカバー (17年08月28日)
カテゴリー:

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』2018年秋公開「ご期待いただけたら」原作者も自信 - 01月18日(木)12:10 

 2017年夏に劇場アニメ化決定を発表した『君の膵臓をたべたい』が、2018年初秋に公開することが決定した。また、アニメキービジュアルも初公開。美しく咲き誇る桜の中で主人公の“僕”と“桜良”の二人が佇む、印象的なビジュアルとなっている。さらに、原作者・住野よるからのコメントも到着した。【写真】実写版・桜良役「浜辺美波」フォトギャラリー 『君の膵臓をたべたい』(双葉社)は、膵臓の病気により、余命僅かなヒロイン・桜良と、偶然そのことを知った主人公・僕が次第に心を通わせていきながら成長していく物語。その印象深いタイトルに反した感動の青春小説として、2017年年間ベストセラー第1位【文庫】(出版販売会社調べ)を獲得し、昨年7月には、浜辺美波と北村匠海W主演による実写映画が公開され大きな話題を呼んだ。 住野よるは、今回の映像化に対しコメントを寄せ、原作者として映像化に求めていることは大きく2つであると言う。「原作を好きでいてくれる方達に対して誠実なものであることと、作った本人達が胸を張って面白いんだと言えるものであること」と明かす。それらを叶えるため、「原作者として何度もアニメスタッフさん達と相談を重ね、価値観を共有し、原作の持つ意味を保ちながら、新しい『君の膵臓をたべたい』を生み出す準備に加わってきました」と語る。現在は、監督の手によって絵コンテが出来上がりつつあると報告し「是非、ご期待い...more
カテゴリー:

映画「名探偵コナン」メインビジュアル、宇宙空間を背に不敵な笑み浮かべる安室透 - 01月17日(水)10:29 

青山剛昌原作による劇場アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人」のメインビジュアルが解禁された。
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「スター・ウォーズ」V5!興行収入65億円を突破 - 01月15日(月)20:40 

 1月13~14日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新作2本がランクインしたが、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の首位は揺るがず、5週連続の頂点を獲得した。週末2日間で動員14万2290人、興収2億0659万5200円をあげ、累計動員は440万人、興収は65億円を突破した。日本でのヒットの要因としては、これまでのファンだけではなく、ファミリー層や10代から20代の女性、子どもを中心とした新たな客層が増えたこと、またIMAX3Dや体感型アトラクションシアターMX4D・4DX版での上映にリピーターが続出していることなどがあげられている。  「キングスマン ゴールデン・サークル」は2位をキープ。週末2日間で動員13万6814人、興収1億9312万2300円をあげ、累計動員は70万6498人、興収は9億9956万8800円となり、間もなく10億円に達する。最終興収9.8億円だった前作「キングスマン」を公開からわずか10日間で超える勢いを見せている。  新作では、「劇場版 マジンガーZ INFINITY」が6位に初登場。永井豪の漫画を原作に、人気を博したテレビアニメを、30年以上の時を経て劇場アニメ化した。全国152スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員5万4000人、興収8700万円をあげている。「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ...more
カテゴリー:

もっと見る

「劇場アニメ」の画像

もっと見る

「劇場アニメ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる