「前頭葉」とは?

関連ニュース

飽きっぽい、ネガティブ…子どもの性格は変えられる?医師に聞く「脳」と「環境」の深い関係 - 11月13日(月)06:30 

我が子の性格、「なんとなく悪い部分ばかり目につく…」 【子ども】成長に欠かせない“外遊び”!のびのびと自由になれる「冒険遊び場」のこだわりを中の人に聞いた でも、「性格だから変えられない」「遺伝だからしかたない」…、そう諦めていませんか? 表面上「性格」としてあらわれているものは、個人個人の「脳」の成長、そして周りから受ける「環境」の影響が大きいのだそうです。つまり、気になる症状があっても、よりよい方向に変えていくことは可能なのです。 子どもの性格と脳、環境との関係を、『悩まない脳の作り方』の著者であり、1万人以上の脳画像を解析されてきた医学博士・加藤俊徳(かとう としのり)医師に伺いました。 飽きるのは、脳がうまく働かなくなるとき まず気になる1つの症状、「飽きやすい」という症状はなぜ起こるのでしょうか。 加藤俊徳先生(以下、加藤)「子どもって動機が必要なんです。動機とは理由(=餌)で、飽きっぽい子は餌が足りないということです。自分をワクワクさせる餌が足りないので、飽きっぽくなってしまう。 その理由は脳科学的にはいろいろあるのですが、ひとことで言うと『子どもの脳がうまく働かなくなった状態』といえます。ゲームをやったり、好きなおもちゃで遊んでいるときには飽きません。 脳のあちこちの場所が使われ、それらがスムースに働き続けていると飽きないし、我慢もできる。だから、『...more
カテゴリー:

「前頭葉」の画像

もっと見る

「前頭葉」の動画

Wikipedia

前頭葉(ぜんとうよう、)は、哺乳類の一部である。大脳の葉のひとつ。前頭葉は両側の大脳半球の前部に存在し、頭頂葉の前側、側頭葉の上前方に位置する。前頭葉と頭頂葉の間には一次運動野が存在する。一次運動野は中心前回に関連付けられた特定の身体部位の随意運動を制御している。

前頭葉が完全に成熟するのは25歳前後と言われており、これは成人期の認知的成熟の印とされている。UCLA のアーサー・トーガ (Arthur Toga) の研究によって、前頭葉の白質の髄鞘は10代の被験者より若い成人の被験者において増加していることが発見された。成人期初期における統合失調症の典型的な発症は、不十分なミエリン化と、それによって引き起こされる前頭の細胞間の非効率的な結合とに関連がある。

大脳皮質ドーパミン感受性ニューロンの大半は前頭葉に存在する。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる