「前頭葉」とは?

関連ニュース

第10回HAXデモディで見かけた傑作ハードウェアたち - 09月17日(日)14:15 

サンフランシスコミント(旧サンフランシスコ造幣局)で行われたハードウェアアクセラレーターHAXを取材した。今回10回目を数えるこのイベントで、新しいハードウェアスタートアップたちをチェックするためだ。多くのスタートアップたちが、ハードウェアとソフトウェアのクリエイティブな組み合わせを展示していた。特に旧来のサービスや時代遅れのビジネスモデルを改善するために、機械学習を取り込んだものが目立った。 HAXは、中国でのプロトタイピングと製造を行なう専門性で知られている。HAXの支援を受ける企業は、ハードウェアのスタートアップの創業者が直面する、個別の課題に対処するための専用リソースを、手にすることができる。 1/11:Breezi BreeziはHVAC(heating, ventilation, and air-conditioning:冷暖房空調)システムをモニターし、フィルタの性能に関する重要な情報を提供する。Amazon Alexaとの統合により、HVACシステムの状態を声を使って確認し、最適なタイミングで交換用のフィルタを簡単に注文できるようにすることで、お金を節約して健康を改善することができる。 同社は、気圧やシステムの他の状態をモニターするために、エアフィルタに直接配置できるセンサを販売する。 2/11:Digi Bio Digi Bioは、バイオテクノロジー研究...more
カテゴリー:

発達脳科学者に学ぶ! 「頭の回転の速さ」はこんなところで差が出る - 09月06日(水)05:58 

物事の判断が速かったり、難しい問いかけにも説得力のある意見を述べられたりする人は「頭の回転が速い」と周囲からも高く評価される傾向にあります。 頭の回転の速さと脳機能の発達は切り離せない関係。幼少期からの「育脳」次第で、差が出ると考えられています。 「そもそも頭の回転の速さは、勉強だけではなく社会に出てから差がつく要素」と話すのは、小児科医で発達脳科学者の成田奈緒子先生。その理由について、詳しく聞きました。 ●感情のコントロールと密接な「頭の回転の速さ」 「頭の回転の速さ」は、勉強や仕事だけでなく、人間関係の構築にも大きく関わってくると成田さんは指摘します。 「一番差がつくのは、社会に出たときだと思います。前頭葉には沸き上がる欲求を抑える『抑制機能』があります。楽しくないと思っても我慢して宿題をするといった行為も、抑制機能が育ってこそ。ただ、その前提として瞬時に判断するための処理速度、いわゆる『頭の回転』も大事になるのです」(成田先生、以下同) 人間である以上、喜びや嫌悪、恐れなどさまざまな情動とは無縁ではいられません。しかし、社会に出たらこうした感情や欲求のコントロールができないと、対人関係が崩れてしまうと言います。 「相手の気持ちや性格を考えて、振る舞い方や話す内容を瞬時に判断するといった一連の“脳内処理”は、まさに頭の回転とダイレクトにつながってくることです。さらに...more
カテゴリー:

生徒会の公約はなぜ必要?何が求められている?脳教育の専門家に聞いた - 09月14日(木)20:00 

誰しも経験してきた学校教育の現場で、必ず存在するのが生徒会という組織である。生徒会の位置づけは、学校サイドと生徒サイドが円滑に行事を運営するための生徒側の代表だ。そんな生徒会に関して「教えて!goo」にも「生徒会選挙【公約について】」と、質問が寄せられていた。生徒会に出馬しようと考えているが「公約」について何も浮かばないという学生からの質問だ。「公約」は、政治の話題で耳にする言葉だが、学生間ではどう捉えればよいだろう。そこで、脳教育者の吉村規子さんに聞いてみた。 ■ 公約はなぜ必要? 政治の世界では「公約」を掲げることで有権者からの信頼を得たり、票数に結び付けたりする。学生間では、どのよう使われているのだろうか。 「公約を伝えることで、その生徒が生徒会で何をしたいのか、どんなパッションを持っているかが分かります。単に願望を述べることとは違います。学校や生徒会をどのように良くしていきたいか、そのために自分は何をするのか、他の生徒たちに約束することです。約束したからには、公約したことを行動していく責任があります」(吉村さん) 公約は他の生徒との「約束」である。ここまでは政治の世界とあまり変わらないように思えるが、それを行動していくという「責任感」を身につけるためにも必要とのことだ。 ■ 誰の目線で考えるのが良いか 生徒会は学生間という、一般社会に比べて、比較的小さなコミュニ...more
カテゴリー:

前頭葉に電撃を与えることで統合失調症患者を無力化することに成功 - 09月06日(水)00:54  news

統合失調症患者の幻聴、脳への磁気刺激で改善 研究 【AFP=時事】統合失調症患者を悩ます幻聴を起こす脳の部分を特定し、磁気パルス治療により幻聴を一部抑えることに成功したとの研究結果が5日、仏パリ(Paris)で開かれた欧州神経精神薬理学会(European College of Neuropsychopharmacology)で発表された。  研究チームは、統合失調症患者の言語性幻聴に関わる脳の解剖学的部位をある程度突き止め、高周波の経頭蓋磁気刺激法(TMS)によって、臨床実験に参加した患者の3分の1以上で症状が改善されたことを明らかにした。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

「前頭葉」の画像

もっと見る

「前頭葉」の動画

Wikipedia

前頭葉(ぜんとうよう、)は、哺乳類の一部である。大脳の葉のひとつ。前頭葉は両側の大脳半球の前部に存在し、頭頂葉の前側、側頭葉の上前方に位置する。前頭葉と頭頂葉の間には一次運動野が存在する。一次運動野は中心前回に関連付けられた特定の身体部位の随意運動を制御している。

前頭葉が完全に成熟するのは25歳前後と言われており、これは成人期の認知的成熟の印とされている。UCLA のアーサー・トーガ (Arthur Toga) の研究によって、前頭葉の白質の髄鞘は10代の被験者より若い成人の被験者において増加していることが発見された。成人期初期における統合失調症の典型的な発症は、不十分なミエリン化と、それによって引き起こされる前頭の細胞間の非効率的な結合とに関連がある。

大脳皮質ドーパミン感受性ニューロンの大半は前頭葉に存在する。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる