「前野朋哉」とは?

関連ニュース

「わろてんか」に足りないものがわかった40話 - 11月17日(金)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第7週「風鳥亭、羽ばたく」第40回 11月16日(木)放送より。 脚本:吉田智子 演出:本木一博連続朝ドラレビュー 「わろてんか」40話はこんな話てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、伊能栞(高橋一生)の紹介で、落語の神様・喜楽亭文鳥師匠(笹野高史)に会うが、寄席の“色”をつくってから出直せと言われてしまう。「あさイチ」、柳澤秀夫にありがとう文鳥師匠は藤吉の一番好きな噺家だと、初耳の話が出てきた。もっとも、例えば、15日に放送されていた「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ)でも、主人公夫婦が互いに好きな音楽や映画を知らない描写があったので、そういうものなのかもしれないが、もっと前から、ひとことでも好きとか尊敬しているとかいう話が出てきたら、うるさ型の視聴者の口を塞げるのに。子供のときに見たのが文鳥の落語だったでもいいではないか(「ちりとてちん」は主人公の祖父がずっと聞いていた落語のテープの主に、主人公が弟子入りすることになる運命が描かれた。のちのちそれがわかるところが感動)。ツッコまれたいのかなと思う。その証拠に、この朝の「あさイチ」でアサリ役の前野朋哉とキース役の大野拓朗がゲストに出てきて、柳澤秀夫が、米屋が潰れたのはキースのせいとツッコンだことで、どっと笑いが怒った。NHK本...more
カテゴリー:

「わろてんか」37話。いよいよ寄席編、葵わかなの伸び代は見た - 11月14日(火)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第7週「風鳥亭、羽ばたく」第37回 11月13日(月)放送より。 脚本:吉田智子 演出:本木一博37話はこんな話いよいよ、寄席がてん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)のものになり、願いをこめて【風鳥亭】と命名された。言葉にこめられた思いいろいろあるけど、物事がはじまるときは、心が沸き立つものだ。7週の初回は、楽しくはじまった。“笑いはひとを幸せにする薬”ということで、「薬」という字を高座に掲げるてん。草冠に楽しいと書いて「薬」。これはいい。言葉遊びが興に乗って、寄席の名前を、「くすり亭」 いや、「あさり亭」(あさり〈前野朋哉〉の名前にちなんで)にしたらどうかと韻を踏んだり、泥臭い(あさりは泥の中に埋まっていて食べるとき砂抜きが必要)とキース(大野拓朗)が批判するところも軽快だ。くすり亭ではなく、「北村亭」にしようとしたら、啄子(鈴木京香)が許してくれなくて、代わりに「風鳥亭」。小さい羽で一生懸命風に乗って大阪中に笑いを広めてほしい、という願いがこもっている。小鳥は、藤吉がてんにはじめてくれた、ふたりの出逢いにつながる縁起物でもある。そこまで考えてのことなのか、「くすり」と「ことり」も韻を踏んでいた。番組 どんな芸人がどんな順番で出演するか、プログラム(番組)を考えることが席主の腕の見...more
カテゴリー:

戸次重幸「エキストランド」撮影中に妻が破水「とんでもないイベントだった」 - 11月11日(土)22:20 

 「神奈川芸術大学映像学科研究室」「東京ウィンドオーケストラ」で注目を集めた新鋭・坂下雄一郎監督の新作「エキストランド」が11月11日、東京・渋谷ユーロスペースで封切られ、坂下監督をはじめ主演の吉沢悠、共演の戸次重幸、前野朋哉、金田哲(はんにゃ)が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  大失敗から映画を撮れなくなったプロデューサー・駒田(吉沢)が、映画で地元を盛り上げたいえのき市の人々を騙し、自分のためだけに製作を画策。横暴な要求に言われるがままの市民たちだが、一矢報いようと前代未聞の計画を企てる。戸次は開口一番「謝りたい。キャストの衣装の統一感のなさ!」と叫び、映画Tシャツを着た前野&金田に対し「100歩譲って金田くんはいいわ。あんた(前野)作品で着てなかったでしょ! ずっとワイシャツだったでしょ」とまくし立てて場内を沸かせた。  さらに印象深いシーンを問われ、冴えない映画監督役の戸次は「田んぼで、エキストラさんが2人しか残らなかったシーン。あの引きの画がたまらなく好きで、直後の僕のセリフを笑わなく言うのに必死だった」と回答。撮影は約1年前に行われており、吉沢が「あの日、子どもが生まれるかどうかの瀬戸際でしたよね」と水を向けると、戸次は「長野で撮影していて、妻(市川由衣)から『破水した』と連絡が来た。その日中に帰らないと、となっ...more
カテゴリー:

吉沢悠「エキストランド」製作陣と生み出した映画業界への痛烈なメッセージ - 11月10日(金)19:00 

 「映画はみんなを笑顔にしてくれる、そう思っていますか?」という痛烈なキャッチコピーに対し、すぐさま「その通り」と答えられるだろうか。「神奈川芸術大学映像学科研究室」「東京ウィンドオーケストラ」の新鋭・坂下雄一郎監督が、主演・吉沢悠、プロデューサー・田中雄之氏と撮り上げた「エキストランド」によって投げかけるこのメッセージは、映画産業に携わる人々が最も聞きたくなかった問いかけなのかもしれない。(取材・文/編集部) ・【フォトギャラリー】「エキストランド」写真  本作の企画がスタートしたのは、田中氏が撮影場所の誘致や支援を行う機関「フィルムコミッション」に興味を抱いたことがきっかけ。「お金ももらっていないのに、誰よりも頑張ってくれる。この人たちのモチベーションは一体どこからくるのだろうか?」と考えた田中氏は、約2年半の歳月をかけて全国13の「フィルムコミッション」に取材を敢行。その後、東京藝術大学大学院映像研究科の同期でもある坂下監督とともに、かつてタッグを組んだオムニバス映画「らくごえいが」の1編「猿後家はつらいよ」の要素を織り交ぜながら、脚本を練り上げた。  企画の始まりから、4年越しの完成。様々な事情が重なり、一時は製作がストップしたこともあったようだが、リスタートの起爆剤となったのは、座長を務めた吉沢の存在だ。脚本に惚れ込んだ吉沢の出演が確定し、製作は一気に加速。「見た目...more
カテゴリー:

『コウノドリ』育児のイライラを帝王切開のせいにする母の本音とは? - 11月09日(木)11:00 

© TBS『コウノドリ』(TBS系)第4話が11月3日に放送された。描かれたのは、帝王切開後、第2子以降で自然分娩を行う“トーラック”を望む妊婦・秋野蓮(安めぐみ)。その理由が「産道を通して産んだほうが、子どもに愛情が湧くんじゃないか」という葛藤だったことに、思わず蓮の肩をトントンとたたき、「私、自然分娩ですが、子どもに対して毎日イライラしていますよ」と声をかけたくなった。もちろん出産における、産み方の善し悪しなんて存在しない。そして筆者には、蓮がそんな思いを抱いてしまった状況のほうが問題のように思えるのだ。■優先すべきは妊婦の思いか、リスク回避か© TBS第2子妊娠中の蓮は、長女・美奈に強く当たってしまうことを“帝王切開で産んだせい”ではないかと悩んでいた。そして第2子ではトーラック(帝王切開経験者の自然分娩)を希望し、ペルソナ総合医療センターを訪れる。サクラ(綾野剛)からトーラックのリスクについて説明を受けても、なお「自然分娩がしたい」と強く望む蓮。サクラはそんな蓮の思いを優先させようとするが、四宮(星野源)は、その優しさのせいで「妊婦はもちろん俺たちも余計なリスクを背負わされてんだよ」と反論する。カンファレンスでも、スタッフ不足や緊急時の危険性を懸念する四宮に、サクラは「人が少ないから、忙しくて余裕がないから、妊婦の希望に沿えないなんて根本が間違ってるんじゃないかな」と思いを...more
カテゴリー:

神木隆之介の25歳童貞設定に萌え狂う!ドラマ『刑事ゆがみ』は見ないとソン! - 11月15日(水)15:45 

 浅野忠信と神木隆之介がバディを組み、ひと筋縄ではいかない事件の真実を追う刑事ドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系、木曜10時)。  視聴率的には苦戦していますが、今季のドラマのなかでは群を抜く面白さです。 ◆浅野忠信にイジられまくりの神木くんに萌えまくり  刑事ドラマでバディものといえば、古くは松崎しげると国広富之の『噂の刑事トミーとマツ』(’79年)、舘ひろしと柴田恭兵の『あぶない刑事』(’86年)シリーズ、中谷美紀と渡部篤郎の『ケイゾク』(’99年)。そして現在放送中の、水谷豊と反町隆史の『相棒』(テレビ朝日系、水曜9時)と、どれも面白さには定評のある作品ばかり。  このドラマの魅力も、2人の絶妙なバディぶりにあります。ルーズでつかみどころがないけど嗅覚は鋭い弓神適当(浅野忠信)と、交番勤務からの叩き上げで上昇志向と正義感の強い羽生虎夫(神木隆之介)。この2人の、かみ合ってんだかかみ合ってないんだかわからないけど、それでいてしっかり事件を解決する見事なコンビネーション。刑事ドラマとしての見ごたえは申し分なしです。 ◆水野美紀に、元“相棒”!ゲスト陣も豪華  そこに加え、羽生が25歳で童貞という設定が、2人の関係をより一層面白くしています。原作マンガではムッツリスケベの羽生ですが、ドラマでは一歩踏み込み、女教師モノAVを漁る現場や、おっぱいパブの入口を覗き込んでいる写...more
カテゴリー:

中井貴一&佐々木蔵之介、こたつで鍋パ 『嘘八百』新場面写真が解禁 - 11月13日(月)20:00 

 中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務め、映画『百円の恋』の武正晴監督がメガホンを取る映画『嘘八百』より、中井や佐々木、友近らがこたつで鍋パーティをする模様を収めた新場面写真が解禁された。【関連】「佐々木蔵之介」フォトギャラリー 本作は、あの千利休を生んだ茶の湯の聖地である大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が、一発逆転を果たすために“幻”の利休の茶器という「真っ赤なウソ」で仕掛ける一発逆転の大勝負を描くコメディ作品。キャストには、友近、森川葵、前野朋哉らも名を連ねている。 解禁されたのは、空振りばかりの古物商・則夫(中井)が、腕は立つのに落ちぶれた陶芸家・佐輔(佐々木)、佐輔の妻・康子(友近)、則夫の娘・いまり(森川)、佐輔と康子の息子・誠治(前野)と共に、これからの季節にはもってこいのすきやき鍋を囲む様子を収めた写真。1枚目は、ちゃんちゃんこを着たいかにも“大阪のおばちゃん”な康子が、いやいや顔の則夫をこたつに誘い込んでいる一方で、素知らぬ顔で黙々とすきやきに箸をのばす3人の姿がシュールなカット。 続く2枚目では則夫も食卓に加わっているが、何とも美味しそうに肉にかぶりつくいまりの表情が印象的。そして3枚目では、キャラクターの視線が誠治に集まっており、則夫、佐輔、康子が驚いた様子の中、いまりは1人だけ満面の笑顔を見せている。則夫と佐輔は家族も巻き込んで大金ゲットを...more
カテゴリー:

大野拓朗、大阪に移住していた「なにわっ子です」 - 11月11日(土)15:53 

 俳優の大野拓朗(28)が11日、大阪・堺市の大阪刑務所で行われた『第30回関西矯正展』オープニングセレモニーに、「一日刑務所長」として出席し、「実は『わろてんか』の撮影前から大阪に住んでいるんです。大阪人になりたくて、住所変更までしました。いまはバリバリのなにわっ子です」と、移住していたことを明かした。 【写真】『わろてんか』で“しゃべくり漫才”を生んだ男・キースを演じる大野拓朗  現在、NHKで放送されている連続テレビ小説『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)で“しゃべくり漫才を生んだ男”キース役で出演中の大野。会場には、大野のファンも多数集まり、大歓迎を受けた。野外の特設ステージで行ったトークショーで、司会者から「ようこそ大阪へ」と声をかけられた際に、移住していたことを告白。  驚きの声が上がる中、「大阪の人は本当に暖かくて、ストレートに愛情を表現してくれる。ぼんちおさむ師匠など、芸人の方々にもかわいがっていただいている」と大阪への深い愛情をにじませた。  トークショーの最後には、今月14日に29歳の誕生日を迎える大野のためにケーキが用意され、観客も「ハッピーバースデーの歌」で祝福。刑務作業で作られた皮のバッグがプレゼントされるサプライズも。大野は「20代最後なので、いい30代を迎えられるよう、キースという大役を務め、たくさんの笑顔を届けられるようがんばってい...more
カテゴリー:

「コウノドリ」4話。綾野剛は星野源の気持ちを汲み取ったか。自然分娩にすがる母には自己肯定が必要だった - 11月10日(金)09:45 

蓮「美奈、ごめんね。ママ、もう一回良いママになるからね。ママ、がんばるからね」美奈「ママがんばってる。ママ、がんばってる!」帝王切開で産んだせいで、自分は第一子を十分に愛せていないのではないか。悩む母親が、第二子を自然分娩で産むリスクに挑んだ。11月3日(金)放送の『コウノドリ』(TBS系列)第4話。陣痛に耐える母親に娘が声をかけたシーン、泣かずにいられなかった。第3話 あらすじ聞き分けのない長女・美奈(前田織音)への接し方に悩む母・秋野蓮(安めぐみ)。美奈を帝王切開で出産したことを気にしており、妊娠中の第二子は自然分娩で産みたいと願っている。産婦人科医・四宮(星野源)らが帝王切開後の自然分娩のリスクを心配する中、鴻鳥サクラ(綾野剛)は妊婦の意思を尊重したいと主張する。一方、同じく産婦人科医・下屋(松岡茉優)は、研修医・赤西吾郎(宮沢氷魚)の勤務態度や患者に向き合う姿勢に苛立っていた。知らなかった。帝王切開をした経産婦が自然分娩を選ぶリスク冒頭、妊婦の血圧を報告しなかったために、研修医・吾郎が叱られていた。下屋「帝王切開にならなくて本当に良かった。いい? 吾郎くんの報告漏れのせいで、切らなくてもいい妊婦のお腹を切るとこだったの。それがどういうことか、理解してね」切らなくてもいい妊婦のお腹を切るということは、再び妊娠した際のリスクを背負わせるということだ。帝王切開で出産したことがある...more
カテゴリー:

「刑事ゆがみ」4話。飯豊まりえのアホが凄すぎる、ぜひ2回観てください、ほんと凄いから - 11月09日(木)09:45 

フジテレビ系ドラマ「刑事ゆがみ」第4話。神木隆之介演じる羽生虎夫(はにゅうとらお)という名前は、ハニートラップからきているとこの回でようやく気付けた。テキトーで歪んでいる弓神適当(ゆがみゆきまさ・浅野忠信)、ちょっと官能的な管能理香(かんのりか・稲森いずみ)、町を守る町尾守(まちおまもる・橋本淳)、叩き上げの多々木挙男(たたきあげお・仁科貴)に比べて絶対難しい。事件の内容転落死したのは、社長令嬢の高遠玲奈(池端レイナ)の婚約者・大山昇(姜暢雄)。現場に居合わせた警備員(前野朋哉)いわく、外階段から争う声が聞こえたので駆けつけたら、その場には高遠玲奈とその同期の堤祥子(高梨臨)、そして階段の下には大山が倒れていたらしい。堤は、半年前に一度関係を持った大山のストーカー行為に悩んでいた。そのストーカー行為をやめさせるため、大山とのベッド写真を高遠に見せようとするが、そのことがきっかけで大山ともみ合いになり、振り払ったはずみで落下させてしまったという。弓神と羽生は、ストーカー行為の有無を調べるが、大山が堤をストーカーしているという噂は、社員の間でも有名な話のようだった。弓神の謎の解き方弓神は、トリックや凶器などを暴くというよりも、隠れた人間関係、隠し通したい心理を見破り事件を解決するタイプの刑事だ。膨大な知識を披露するでも、科学的に裏付けされた合理的な捜査をするわけでもない。頭が良いのは確...more
カテゴリー:

もっと見る

「前野朋哉」の画像

もっと見る

「前野朋哉」の動画

Wikipedia

前野 朋哉(まえの ともや、1986年1月14日 - )は、日本俳優であり、映画監督岡山県倉敷市出身。ブレス・チャベス所属。

来歴

岡山県立倉敷天城高等学校卒業。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。中央大学文学部哲学科卒業。

大学一回生の時に石井裕也監督作品の剥き出しにっぽんに照明助手、役者で参加。

初の長編ショッキングピンクでは主演、監督を務め、同じく監督した「GOGO まりこ」はハンブルク日本映画祭に正式招待され、京都国際学生映画祭では入選した。

監督、脚本、主演した脚の生えたおたまじゃくしは、2009年に第4回...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる