「前野智昭」とは?

関連ニュース

「次(THE NEXT)」を描く河森正治最新作「重神機パンドーラ」発表会レポート - 10月19日(木)16:30 

「パンドラの箱が開いてしまった時代に残された希望は何だろう」――。「マクロス」シリーズ、「アクエリオン」シリーズを手掛ける、河森正治監督の新作が10月17日、東京六本木のニコファーレで開催された「河森正治 NEW PROJECT BRIEFING」にて発表されました。 イベントの様子/(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media イベントには河森正治監督が登壇。「重神機パンドーラ」というタイトルとスタッフを発表すると、この作品に込めたコンセプトを明かします。 「いまの時代は科学技術の進歩が速すぎる。ひと昔前では未来を予測しながらSFアニメを作っていましたが、いまは今日考えたことが翌日には発表されている時代。素材技術、AI技術、バイオテクノロジー技術の進歩が著しくて、時代に追い立てられている感じがします。今回は、その中で描けるヒューマンアクションを追求してみたいです」 タイトルの「パンドーラ」とはギリシャ神話に登場する人類最初の女性の名前。彼女はゼウスから贈られた箱を開けてしまい、その中に込められていた災いを世界中に撒いてしまいます。かくして世界は災厄に満ち、人々は苦しむことになるのですが、その箱の中には最後に「希望」が残されていた――という逸話があるのです。「今はパンドラの箱が開いてしまった時代のようなもの。残さ...more
カテゴリー:

河森正治監督による新シリーズ「重神機パンドーラ」最新情報!メインキャストに前野智昭と東山奈央! - 10月18日(水)19:47 

「アクエリオン」や「マクロス」などで有名な河森正治さん監督のテレビアニメ最新シリーズ「重神機パンドーラ」の放送が2018年春に決定。合わせてキャスト情報・キービジュアル・PVが公開されました。 レオン・ラウを演じる前野智昭さん/(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media 公開されたキャラクターは天才科学者であるレオン・ラウとその妹のクロエ・ラウ。レオンを前野智昭さんが、クロエを東山奈央さんがそれぞれ担当します。 キービジュアルはメインキャラクターのレオンとクロエの2人をフィーチャー。満点の星空の下、荒野の中で鍋を囲む兄妹という印象的なビジュアルとなっています。 原作・総監督を務める河森監督と前野智昭さん、東山奈央さんのオフィシャルコメントも到着。 <原作・総監督 河森正治さんコメント> ――「重神機パンドーラ」へのご出演が決まったご感想をお聞かせください。 河森:進化し続けるAI、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー。様々な技術革新が行われ、あたかも「パンドラの箱」が空いたかのような激動の現代。色々なものに人類が追い立てられている感覚があります。近未来を描く本作では更に進化が加速しています。人類が生態系の頂点では無くなった時代。はたして我々は生き残ることができるのか。苦難の時代を「契約家族」として生きて行く事を...more
カテゴリー:

河森正治監督最新アニメ『重神機パンドーラ』2018年春放送 - 10月17日(火)21:33 

 人気アニメ『マクロス』『アクエリオン』を生み出した河森正治氏が総監督を務めるテレビアニメシリーズ『重神機パンドーラ』が2018年春に放送されることがわかった。17日、東京・ニコファーレで開催された『河森正治 NEW PROJECT BRIEFING』にて発表された。 【画像】発表された『重神機 パンドラ』のキービジュアル  舞台は中国大陸の各地をモデルにした街『ネオ翔龍(しゃんろん)』。2031年、通称『翔龍クライシス』という量子リアクターの暴走事故によって生態系に変化が起き、特異進化生物『B.R.A.I』が発生、世界が危機に陥る。AI、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーなどさまざまな技術革新に追い立てられている現在、人類はなにができるのか、苦難の時代を「家族契約」という選択をして生きていくことにした登場人物が巨大な敵と戦うアクションと、人として生きるとはなにかを問いかけていくヒューマンドラマが描かれる。  気になるメカはMOEV(モーヴ)という『翔龍クライシス』以前から多国籍の企業共同体によって開発がすすめられていた多目的可変ビークル。変形機構を備えており、河森監督いわく「アニメのメカというより特撮作品のメカ。ロボット物とヒーロー物の間をとったメカ」をイメージしたデザインに。  久々の地上戦、戦う主人公たちの年齢を20代に引き上げた今作。「しばらくぶりに歌を使わない戦...more
カテゴリー:

【アニメ】河森正治監督最新アニメ『重神機パンドーラ』2018年春放送 - 10月19日(木)07:01  mnewsplus

2017-10-17 21:33 (写真) 『河森正治 NEW PROJECT BRIEFING』にて発表されたアニメ『重神機 パンドーラ』のキービジュアル (C)Shoji Kawamori,Satelight / Xiamen Skyloong Media  人気アニメ『マクロス』『アクエリオン』を生み出した河森正治氏が総監督を務めるテレビアニメシリーズ『重神機パンドーラ』が2018年春に放送されることがわかった。17日、東京・ニコファーレで開催された『河森正治 NEW PROJECT BRIEFING』にて発表された。 →【写真】その他の写真を見る  舞台は中国大陸の各地をモデルにした街『ネオ翔龍...
»続きを読む
カテゴリー:

河森正治の新作アニメ『重神機パンドーラ』2018年春放送!今回は「歌わない」 - 10月18日(水)11:33 

 アニメ『マクロス』『アクエリオン』シリーズを手がけた河森正治による新作テレビアニメ『重神機パンドーラ』が2018年春に放送されることが17日、わかった。東京・ニコファーレで開催された「河森正治 NEW PROJECT BRIEFING」で発表された。【関連】「前野智昭」フォトギャラリー 新作アニメのコンセプトは「時代の速度に対して、人類が何ができるのか」。河森総監督は「かなり手応えを感じている。ものすごい時代が加速している中で新しいものを作っていければ。どんなパンドラが飛び出すのかご期待ください」と自信をにじませる。 舞台は、未知なるエネルギーを撒き散らした「翔龍クライシス」の影響で環境が激変した世界。特異進化生物「B.R.A.I」に対抗するため、主人公のレオン・ラウは血が繋がっていない“妹”クロエ・ラウと生活をともにしながら独自の研究に没頭している…というストーリー。 河森作品には“歌姫”と呼ばれる存在が登場するが、河森総監督は「しばらくぶりに歌を使わない戦闘シーンをコンテで描いていて、どうやって盛り上げるんだっけ?ってなっている。久しぶりの挑戦ですね。(本作は)歌わない」と告白。「もし歌うことになったらごめんなさい…」と謝りながらも「歌うことのメリットと、歌わないからできることがいっぱいあるので、そこは思う存分できる」と語った。 この日は、レオンを前野智昭、クロエを東山奈央が...more
カテゴリー:

「前野智昭」の画像

もっと見る

「前野智昭」の動画

Wikipedia

太字は放送中。※はインターネット配信。

  • 関東図書基地 広報課 男子寮(2008年、アニメイトTV※・音泉※)
  • ライフウィズアイドルプレゼンツ "アイドル・オン・ザ・レイディオ!"(2008年、アニメイトTV※)
  • ライフウィズアイドルプレゼンツ "帰ってきたアイドル・オン・ザ・レイディオ!"(2009年、音泉※)
  • 私立聖帝学園放送部(2009年 - 2011年、アニメイトTV※)
  • Dolce compagni(2010年、インターコミュニケーションズ公式サイト内※)
  • マエマジLIFE STYLE(2010年 - 2011年、超!A&G+※)
  • ぺらぶらじお(2011年、アニメイトTV※)
  • 鈴村健一・前野智昭彼氏いりませんか?(2011年 - 2012年、ニコニコ生放送※)
  • 帰ってきた!関東図書基地広報課 図書特殊広報隊(2012年、アニメイトTV※)
  • VitaminZ RadioAction(2012年 - 2013年、音泉※)
  • サンラジオ・レジデンス(2012年 - 2013年、アニメイトTV※)
  • 前野と諏訪のネニャフル学院放送室(2013年 - 2014年...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる