「前田敦子」とは?

関連ニュース

【芸能】<北川景子と前田敦子に冷戦勃発!>キャリアなら同格?!「探偵はBARにいる」共演 - 05月17日(水)11:52 

札幌を舞台にした映画「探偵はBARにいる3」が、この冬公開される。大泉洋と松田龍平の相性悪そうでいて息は合っている凸凹コンビも4年ぶりに復活、撮影も無事終了のはずだった。だが、北川景子(30)と前田敦子(25)の“冷戦は打ち上げにいた”のである。  ***  3月30日、東京では日中18度にまで気温が上がった。夜は多少冷え込んだが、これまでの北海道ロケとは比べものにならない。なにせ「探偵はBARにいる」は、“俺”大泉洋がひどい目に遭うシーンが名物でもあるからだ。 2011年の第1弾では拉致され雪原に埋められた。13年の...
»続きを読む
カテゴリー:

綾野剛、『武曲』と『フラ恋』二人の研さん対決に期待「ちょっと楽しみ」 - 05月16日(火)12:20 

 映画『武曲 MUKOKU』の完成披露舞台挨拶が、15日に都内で実施され、綾野剛、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督が登壇。物語に絡めて自身のライバルについて聞かれた綾野は、本作と現在放送中の主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』で演じている役に言及し、「天使のように優しい研さんが勝つか、地獄のような研さんが勝つか、ちょっと楽しみ」と語った。【関連】『武曲 MUKOKU』完成披露舞台挨拶フォトギャラリー 父親との決闘をきっかけに剣道に背を向けた男・矢田部研吾(綾野)と、ラップに夢中ながら類稀な剣の才能を持つ融(村上)が、剣道を通じて繰り広げる死闘を描く本作。当日は物語に絡めて、「自分のライバルは?」という質問が登壇者に投げかけられた。 「ライバルっているのかな~?」と悩んだ綾野は「別の作品で研さんという役をやっていまして(笑)、同じ研究の研で、光石研さんの研なんですけど、研さん対決かなって個人的には思ってまして。天使のように優しい研さんが勝つか、地獄のような研さんが勝つか、ちょっと楽しみだなと思ってますね…」と出演中のドラマ『フランケンシュタインの恋』に絡めて答え、会場を沸かせた。 一方、村上は悩みながらも「両親ですね」と回答。理由については、「両親がこの業界にいるってことも意義付けとしてはあるんですけど、そうじゃなくても、永遠のライバルかなって思います」...more
カテゴリー:

綾野剛、剣道アクション映画『武曲』の魅力を熱弁「生きているだけで希望なんだなと、皆様に体感してただける」 - 05月15日(月)21:06 

綾野剛 映画『武曲 MUKOKU』の完成披露舞台挨拶が15日に都内で行われ、キャストの綾野剛、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、そしてメガホンを取った熊切和嘉監督が出席。作品の魅力について綾野は「この作品を最後まで通して見ていただいた中に、本当に生きているだけで希望なんだなと、皆様に体...
カテゴリー:

綾野剛「アルコール一切摂取せず」剣道習って役作り - 05月15日(月)20:21 

 俳優綾野剛(35)が15日、都内で、主演映画「武曲 MUKOKU」(熊切和嘉監督、6月3日公開)の完成披露舞台あいさつを行った。  村上虹郎(20)前田敦子(25)らが脇を固める作品。ある事件をきっかけに剣の道を捨てた男(綾野)と、彼…
カテゴリー:

綾野剛、“禁酒”してアスリート並みの肉体改造!ライバルは「研さん」発言で会場も大爆笑 - 05月15日(月)20:18 

藤沢周の同名小説を綾野剛主演で映画化した『武曲 MUKOKU』(6月3日公開)の完成披露試写会が5月15日によみうり大手町ホールで開催され、綾野をはじめ、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督が登壇。剣の達人を演じた綾...続きを読む
カテゴリー:

北川景子と前田敦子に冷戦勃発 「探偵はBARにいる」共演 - 05月17日(水)05:58 

 札幌を舞台にした映画「探偵はBARにいる3」が、この冬公開される。大泉洋と松田龍平の相性悪そうでいて息は合っている凸凹コンビも4年ぶりに復活、撮影も無事終了のはずだった。だが、北川景子(30)と前田敦子(25)の“冷戦は打ち上げにいた”のである。  ***  3月30日、東京では日中18度にまで気温が上がった。夜は多少冷え込んだが、これまでの北海道ロケとは比べものにならない。なにせ「探偵はBARにいる」は、“俺”大泉洋がひどい目に遭うシーンが名物でもあるからだ。2011年の第1弾では拉致され雪原に埋められた。13年の第2弾では札幌の大倉山ジャンプ競技場のジャンプ台に吊された。今回、“俺”はといえばススキノのアクションは無論、故郷・江別、石狩と回り、真冬の小樽港で……。そんな過酷なロケも3月25日にクランクアップ。日を改めたこの日、暖かい東京・恵比寿にあるパーティ会場を借り切って開かれた打ち上げだったのだ。でも“俺”の“子猫ちゃん”であるはずの、景子ちゃんとあっちゃんはただただ不機嫌で──。  参加したスタッフは言う。 「劇中の北川はモデル事務所のオーナーで闇社会とも渡り合うという役どころでしたから、2月1日の製作発表会見から黒のワンピースで、この日の黒のドレスもごく自然でした。これに被っちゃったのが、前田なんです。最後の最後に前田がわざと被せてきたんじゃないか、なんて囁かれまし...more
カテゴリー:

綾野剛“武曲VSフランケンシュタインの恋”に期待?「どちらが勝つのか楽しみ」 - 05月15日(月)23:19 

綾野剛の主演で、芥川賞作家・藤沢周氏の小説を映画化した「武曲 MUKOKU」の完成披露試写会が5月15日、東京・千代田区のよみうり大手町ホールで行われ、綾野をはじめ、共演の村上虹郎、前田敦子、風...
カテゴリー:

綾野剛「発想が完全にアスリート」 撮影前に2カ月間のフィジカル特訓 - 05月15日(月)20:41 

 映画『武曲 MUKOKU』の完成披露試写会が15日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明と熊切和嘉監督が舞台あいさつを行った。 藤沢周氏の『武曲』を映画化した本作は、父の教えに背き、剣を捨てた矢田部研吾(綾野)と、天衣無縫の高校生・羽田融(村上)との宿命の対決を軸に、“父と子”“師匠と弟子”といった絡み合う人間模様を描く。 クランクイン前に、2カ月間のフィジカル特訓や剣道の練習に励んだ綾野は「発想が完全にアスリートなのですが。アルコールも一切摂取せずにやっていたので、そのフラストレーションがきっちり作品の中で出せました」と語り、照れ笑いを浮かべた。 一方、マイクを手に、かみ締めるように、一拍置いてから語り出した村上は「こんなに最高の役に出会えてうれしかったです。その時の緊張の高まりが今、来ています。こんなに最高にかっこいい映画は、特に日本では見たことがありません」と言い切った。 綾野と村上が豪雨の中、泥まみれになりながら竹刀と木刀でリアルに斬り合う圧巻のシーンについて村上は「プレッシャーはなかった。あの時は、融という役がいれば僕は無敵だと思っていました」と語った。 村上は、綾野に原作を読むことを薦められ、演じた融役に興味を持ったという。綾野は「薦めたって言ったけど、半分企てていて。僕は脚本を読んで映画化のことも知っていたけど、本人(村上...more
カテゴリー:

綾野剛、禁酒してアスリート並みの肉体改造!ライバルは「研さん」発言で会場も大爆笑 - 05月15日(月)20:18 

藤沢周の同名小説を綾野剛主演で映画化した『武曲 MUKOKU』(6月3日公開)の完成披露試写会が5月15日によみうり大手町ホールで開催され、綾野をはじめ、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督が登壇。剣の達人を演じた綾野が「アルコールを一切、摂取しなかった」と禁酒して肉体改造に励んだことを明かした。 【写真見る】前田敦子、前髪パッツンもキュート!アシンメトリーなドレスで登場 本作は、剣道五段の腕前を持ちながら、ある出来事がきっかけで進むべき道を見失ってしまった研吾と、天衣無縫の高校生・融との宿命の出会いを描く物語。放送中のドラマ『フランケンシュタインの恋」で見せた肉体美も話題となっている綾野だが、本作でも身体を鍛え上げた。 『夏の終り』で5年前に熊切組を経験している綾野は「その時は熊切組に入る喜びが強く出すぎてしまい、地に足がついてない状態だった」と当時を述懐。それだけに「また必ずやりたいなと思っていた」と熊切組へのさらなる参加は念願だったそうで、「自分の鮮度を高めて、最高の素材として突入できるようにしたいと思っていた」との意気込みで挑んだ綾野。「クランクインする前に2か月間の時間がとれたので、肉体的なトレーニング、フィジカル面も強くした。完全に発想はアスリート」と心身ともに、ストイックに役を追求したという。 筋肉作りのためには「アルコールも一切、摂取せずにや...more
カテゴリー:

綾野剛、ライバルは『フラ恋』研さん 主演映画でも研役「どっちが勝つか」 - 05月15日(月)19:40 

 俳優の綾野剛(35)が15日、都内で行われた映画『武曲 MUKOKU』(6月3日公開)完成披露試写会に出席。作品にちなんで“ライバル”を聞かれた綾野は、同作で演じた主人公・矢田部研吾と、自身が主演する日本テレビ系連続ドラマ『フランケンシュタインの恋』の役名・深志研に“研”の字が共通していることをあげて、「研さん対決だなって個人的には思っている。天使のような研さんが勝つか、地獄のような研さんが勝つか、楽しみ」と話した。  劇中で綾野のライバルを演じる村上虹郎は、両親である「村上淳とUA」と回答。「両親が業界にいるってことも意義付としてあるけれど、そうじゃなくても永遠のライバル」と答える姿に、隣の綾野は「(自分の回答が)恥ずかしいな」と頭をかいた。  前田敦子(25)は「AKBにいたときは、ライバルっていう存在は周りの方が作り上げてくれてたくさんあったけど、今は大切な、いなくてはならない存在になっている。ライバルっていう存在がいることは幸せなこと。切磋琢磨してやってきた絆みたいなものがある」と“仲間”を思うコメントをすると、綾野は「今気づきました。きょうは僕がセンターに立っちゃっている。なんかしっくりこないなって思っていた」と冗談めかして笑わせていた。  同作は、藤沢周氏原作の『武曲』を基にした人間ドラマ。鎌倉を舞台に、境遇の違う2人の男が剣士として鍛錬を積み、本気でぶつかり合...more
カテゴリー:

もっと見る

「前田敦子」の画像

もっと見る

「前田敦子」の動画

Wikipedia

前田 敦子(まえだ あつこ、1991年7月10日 - )は、日本の女優、歌手である。愛称あっちゃん千葉県市川市出身。太田プロダクション所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

略歴

2005年

  • 10月30日、AKB48 オープニングメンバーオーディションに合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。オーディションでは柴咲コウの「Glitter」を披露する。オーディションで審査にあたった夏まゆみは、ダンス課題の練習に没頭する前田の集中力を見て合格を決めたと語っている。
  • 12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立つ(旧チームAに所属)。 2007年
  • 4月、映画あしたの私のつくり方で女優デビュー。なお、この映画では役作りのために、肩まで伸ばしていた髪を短くした。
  • 7月、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる