「前田敦子」とは?

関連ニュース

桐山漣、天海祐希主演のアガサ作品でイマドキ刑事熱演『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』 - 02月24日(土)12:00 

天海祐希が主演する『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』が、3月24日(土)21時からテレビ朝日系にて放送される。共演には、草笛光子、前田敦子、石黒賢、勝村政信、原沙知絵、鈴木浩介、桐山漣…
カテゴリー:

【欅坂46】新曲『ガラスを割れ!』の衝撃 センター平手友梨奈の鳥肌が立つほどの存在感 - 02月24日(土)10:45  mnewsplus

欅坂46が、6thシングル『ガラスを割れ!』を公開した。 ジャケットはカラースモークの中でメンバーが学校を舞台として「強さ」を表現し、一見するとアイドルのシングルには見えず洋楽のロックアルバムのようだ。 楽曲は、ギターのリフからメロディライン、イントロから聞かれるキャッチーな掛け声など、90年代に大ヒットを飛ばした相川七瀬などのガールズロックの流れを匂わせ、アイドルソングとしては異質。 つまりは、MVを見ると映像にも楽曲にも違和感を非常に感じる作品になっているのだ。 欅坂46はシングルに付随するカップリ...
»続きを読む
カテゴリー:

『相棒』右京×亘の初映画『劇場版IV』3・21テレビ初放送 - 02月24日(土)09:00 

 昨年10月からテレビ朝日系で放送中のドラマ『相棒season16』(毎週水曜 後9:00)の最終回から1週間後の3月21日(後8:00~)、映画『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』がテレビ初放送される。 【場面写真】主要キャストの登場シーン  水谷豊が演じる杉下右京の4代目相棒として、反町隆史が演じる冠城亘が初めてスクリーンに初登場。昨年2月11日に封切られると、全国映画動員ランキングで初登場1位(興行通信社調べ)を獲得し、動員150万人超のヒットを記録した。  本作には、主要キャストが総出演。社美彌子(仲間由紀恵)、甲斐峯秋(石坂浩二)らテレビのレギュラーキャストに加え、元相棒の神戸尊(及川光博)、元鑑識の米沢守(六角精児)といった人気キャラクターも登場。3月14日に最終回を迎える『相棒season16』の余韻が残るタイミングで、衝撃作を楽しむことができる。 【関連記事】 黒木瞳、沢村一樹と初共演 エリザベス・テイラーも演じた“名女優”役 (18年02月24日) 前田敦子、スーパー家政婦役 アガサ・クリスティの名作ミステリー (18年02月24日) 天海祐希、“和製ミス・マープル” アガサ・クリスティ作品初挑戦 (18年02月01日) 赤川次郎氏原作『探偵物語』34年ぶりに斎藤工×二階堂ふみで映像化 (18年02月23日) “9係”...more
カテゴリー:

不倫ドラマの変遷 「ドロドロ」から「笑える愛憎」まで…時代を投影しアプローチも変化 - 02月24日(土)08:40 

 古くからある日本のTVドラマのジャンルのひとつで、近年再び増加傾向にある“不倫ドラマ”。今期では仲里依紗主演の『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)も話題だ。不倫をする妻ではなく、不倫を“される妻”の物語が描かれ、「ちょっと新鮮」「私にも起こるかも」などの声がSNSに挙がっている。振り返ると、不倫ドラマと言えばTBS系『金曜日の妻たちへ』シリーズ(TBS系/1983~1985年)や、いわゆる“昼ドラ”の代名詞的な作品『真珠夫人』(TBS・フジ系にて2回放送)の印象が強い。とくに“昼ドラ”は長きに渡って放送され、その時間帯はまさにマダムたちの夢の時間だったのである。ではその、いわゆる『昼ドラ』がなくなった現在、“不倫ドラマ”にどのような変化が生じているのか? 【写真】ドラマ制作発表にウエディングドレス姿で出席した仲里依紗 ◆エポックとなった“金妻シリーズ”、人生を謳歌する女性像がテーマに  不倫などの愛憎劇が描かれることが多かった枠と言えば、1960年代にスタートしたTBSとフジテレビの昼帯枠。当時はホームドラマや女性の一代記などが描かれることも多かったが、男をたぶらかす妖婦でありながら、初恋の人を思い続ける未亡人を描いた菊池寛原作・光本幸子主演の『真珠夫人』(TBS系/1974年)など、策略、発砲事件、自殺、勘当など様々な“ドロドロ”がてんこ盛りの作品も放送されていた。昼ドラ以外...more
カテゴリー:

アガサ・クリスティ作品で黒木瞳がエリザベス・テイラーが演じていた役柄を熱演! - 02月24日(土)06:00 

3月24日(土)、25日(日)に夜9時からテレビ朝日系で放送される「アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル」の第二夜「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」で、黒木瞳が1980年公開の映画でエリザベス・テイラーが演じた役柄を演じることが分かった。 天海祐希は“和製ミス・マープル”、沢村一樹は相国寺警部に! 「鏡は横にひび割れて」が原作の「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」で黒木は、物語の大きな鍵を握る映画界の大物女優・綵まど香(いろどりまどか)を演じる。不幸な事故があり、映画界から姿を消していたまど香だったが、13年ぶりに夫の海堂粲(かいどう・あきら)がメガホンを取る作品でスクリーンにカムバックすることに。それを記念して、自身が購入した豪邸“神の館”で開いた豪華絢爛なパーティーで、館の元の持ち主が毒殺されてしまう。 さらに、その犯人の標的はまど香だったのではないかと見られ…。事件の謎に迫っていく中で、まど香の悲しい過去が次第に明らかになっていく。愛を求め、愛のために生きてきた綵まど香という女性の生きざまを、黒木が艷やかに、そして鮮やかに演じきった。 今作が黒木とは初共演となる、主人公・相国寺竜也役の沢村一樹は、「本当に今回が初めましてだったのですが、想像以上にすてきな方でした! 一緒に写真も撮らせていただいたのですが、もうニッコニコで写ってます、僕(笑)」と語り、撮影の日...more
カテゴリー:

桐山漣、天海祐希主演のアガサ作品でイマドキ刑事熱演『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』 - 02月24日(土)12:00 

天海祐希が主演する『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』が、3月24日(土)21時からテレビ朝日系にて放送される。共演には、草笛光子、前田敦子、石黒賢、勝村政信、原沙知絵、鈴木浩介、桐山漣、黒谷友香、橋爪功、西田敏行らを迎える。アガサ・クリスティ二夜連続ドラマスペシャルの第一夜として放送される同ドラマは、並走する列車の車窓から殺人現場を目撃する……というドラマチックな幕開けが印象的な傑作ミステリーだ。日本版を制作するにあたって、クリスティが生んだ人気キャラクター“ミス・マープル”を、“元敏腕刑事にして危機管理のプロ”天乃瞳子(あまの・とうこ)として、大胆にアレンジ。天海演じる“和製ミス・マープル”天乃瞳子が、“消えた死体”の謎を追うことに。この度、警視庁捜査一課・鈴木刑事を演じる桐山からコメントが到着。今回の出演について「ミステリーの女王、アガサ・クリスティーの作品に携わることができ、大変嬉しく思います。今作は日本版としてリメイクされていますが天海さんや警部である勝村さんと事件の真相に迫り殺人事件の謎を追っていきます。僕が演じる鈴木巡査部長は、自信と若さゆえに警察らしさがあまりなく現代っ子の代表のような物言いや振る舞いをします。先輩である唐木警部(勝村)との凸凹なコンビも楽しんで観ていただければ幸いです」と、アピールした。物語は、ある夕方、瞳子の義母が「特急オリオン」に乗...more
カテゴリー:

『科捜研の女』3・22最終回は2時間SP(通算201回目) 中川大志も再登場 - 02月24日(土)10:00 

 テレビ朝日系ドラマ『科捜研の女season 17』(毎週木曜 後8:00)通算201回目の放送は3月22日(後8:00~9:48)、2時間の最終回スペシャルに決定。今シリーズの第1話(2017年10月19日放送)に登場した民間の鑑定人、中川大志演じる江藤壱(はじめ)が再登場することがわかった。 【写真】第1話放送時、白衣姿が凛々しかった中川大志  京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが “最新の科学捜査テクニック”を武器に難事件の真相を解明。さらに“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーは幅広い層から高い支持を得て、3月15日放送の「第17話」で放送通算200回という金字塔を打ち立てる。  最終回スペシャルには、中川のほかにも、近藤正臣、かたせ梨乃、西岡徳馬らがゲスト出演。最後を飾るにふさわしい重厚な芝居とスリリングな展開、そして「科捜研」ならではの科学捜査と深い人間ドラマが味わえる。  沢口は「半年ぶりに中川大志さんがご出演されます。科捜研メンバー全員大歓迎でお迎えしましたが、中川さんも『前回は科捜研の皆さんと対立した形で終わったので、今回はその関係を修復することができることもうれしい』と喜んでいました。そんな中川さんのご出演シーンも含めみどころがいっぱいです」とコメント。 ...more
カテゴリー:

桐山漣、勝村政信と凸凹コンビに!「楽しんで見ていただければ幸いです」 - 02月24日(土)08:45 

3月24日(土)、25日(日)に夜9時からテレビ朝日系で放送される「アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル」の第一夜「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」に、俳優・桐山漣の出演が決定。勝村政信演じる警視庁捜査一課・唐木警部の後輩、鈴木刑事に扮(ふん)する。 【写真を見る】天海祐希演じる“和製ミス・マープル”天乃瞳子との共演シーンも/(C)テレビ朝日 桐山が出演する「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」は、アガサ・クリスティ作品に初挑戦する天海祐希を主演に迎え、日本版に大胆アレンジ。天海が、元敏腕刑事にして危機管理のプロという華麗な経歴を持つ“和製ミス・マープル”天乃瞳子を演じる。 連続殺人の謎を解き明かしていく瞳子には膨大なセリフが課されており、事件に挑むヒロインさながら、天海はその試練にも果敢に挑む。 ある夕方、瞳子の義母が「特急オリオン」に乗っていたところ、並走していた「寝台特急朝霧」内で男が女性の首を絞めているのを目撃。すぐさま通報したものの、寝ぼけていたとして車掌も警察も取り合ってはくれなかった。 そんな義母の汚名を返上するため真相究明に立ち上がった瞳子は、犯人が車内から死体を投棄したものと推理。遺体が投げ込まれたのは、沿線に広がる豪邸の敷地内だと考え、“ある人物”をその屋敷に潜入させる。 しかし、その豪邸には、一筋縄ではいかないくせ者の社長一族が...more
カテゴリー:

前田敦子、スーパー家政婦役 アガサ・クリスティの名作ミステリー - 02月24日(土)06:45 

 3月24日・25日、テレビ朝日系で放送される『アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル』(両日とも後9:00~11:10)。第一夜(24日)『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』の主要なキャストが発表された。 【場面写真】『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』より  日本版を制作するにあたって、クリスティが生んだ人気キャラクター“ミス・マープル”を、元敏腕刑事にして危機管理のプロである天乃瞳子(あまの・とうこ)として大胆にアレンジ。女優の天海祐希が“和製マープル”を演じる。  並走する列車の車窓から殺人現場を目撃するというドラマチックな幕開けが印象的なアガサ・クリスティの傑作ミステリーをドラマ化。当該列車に死体はなく、天海演じる“和製ミス・マープル”が、“消えた死体”の謎を追う。  車窓から殺人を目撃し、物語のきっかけを作る瞳子の義母・雀(すずめ)を演じるのは、草笛光子。かつてミス・マープル役の吹き替えをしていたことがあり、アガサ・クリスティ作品とは深い“縁”を持つ。天海とは初共演。  瞳子の指示を受け、死体が投げ込まれたと思われる豪邸に潜入するスーパー家政婦・中村彩は、前田敦子が演じる。彼女も天海とは初共演。家事も捜査もそつなくこなし、瞳子の右腕となって事件の謎をひも解いていく女性をはつらつと演じた。前田は「役名に“スーパー”が付いているので、...more
カテゴリー:

2夜連続クリスティドラマSPに黒木瞳・前田敦子・川口春奈ら - 02月24日(土)06:00 

女優の天海祐希と俳優の沢村一樹がそれぞれ主演する、テレビ朝日系の2夜連続アガサ・クリスティ原作ドラマスペシャル『パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~』(3月24日21:00~23:10)、『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』(25日21:00~23:10)の共演陣が24日、明らかになった。
カテゴリー:

もっと見る

「前田敦子」の画像

もっと見る

「前田敦子」の動画

Wikipedia

前田 敦子(まえだ あつこ、1991年7月10日 - )は、日本の女優、歌手である。愛称あっちゃん

千葉県市川市行徳出身。太田プロダクション所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

略歴

2005年

  • 10月30日、AKB48 オープニングメンバーオーディションに合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。オーディションでは柴咲コウの「Glitter」を披露する。オーディションで審査にあたった夏まゆみは、ダンス課題の練習に没頭する前田の集中力を見て合格を決めたと語っている。
  • 12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立つ(旧チームAに所属)。 2007年
  • 4月、映画あしたの私のつくり方で女優デビュー。なお、この映画では役作りのために、肩まで伸ば...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる