「前田吟」とは?

関連ニュース

森昌子、舞台で河合郁人と二人三脚 「『僕が守ります』と言われドキドキ…」 - 05月19日(金)17:26 

 舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」の制作記者発表が19日、東京都内で行われ、出演者の森昌子、河合郁人(A.B.C-Z)、湖月わたる、上原多香子、寺西拓人(ジャニーズJr.)、小川菜摘、前田吟、監修、演出を務める井筒和幸監督、特別出演の生島ヒロシが出席した。 本作は、井筒監督の映画『のど自慢』(1999年)をベースに、音楽喜劇として舞台化したもの。テレビの人気番組「のど自慢」に出演しようと奮闘するさまざまな人々の姿を、笑いと涙でつづったハートウォーミングコメディー。 歌手としてデビューしたものの、なかなか売れず10年がたち、人生の岐路に立つ演歌歌手・赤城麗子役で主演する森は「とにかく32年ぶりの舞台で、平静を装っていますが本当に緊張しています」と明かし、「ぜひ皆さまに胸を借りるつもりで一生懸命やりたいと思います」と語り、ほほ笑んだ。 そんな麗子を売ろうと奮闘するマネジャー役を演じる河合も、グループを離れての仕事は久しぶりだそうで「すごく緊張しています」と心境を吐露。今回は、せりふの量も多く結構しゃべる役だといい「普段の自分と似た部分があるし、うちの母親も“れいこ”という名前。二人三脚するにはピッタリの役だと思います」と意気込みを語った。 一方、初の会見となった寺西は「普段あまり僕の仕事に興味のないおばあちゃんが『森昌子さんの舞台に出るんだよ』と言ったらすごく喜んでくれた。多分見に...more
カテゴリー:

森昌子、32年ぶり舞台主演に緊張「平静を装っているけど…」 - 05月19日(金)12:35 

 歌手の森昌子(58)が19日、都内で行われた音楽喜劇『のど自慢~上を向いて歩こう~』の制作発表会見に出席。A.B.C-Zの河合郁人(29)と共にW主演を務める森は「32年ぶりの舞台主演でございます」と明かし、「胸を借りるつもりで頑張りたい。平静を装っているけど、緊張しています。皆様に助けていただきながら楽しい舞台にしたい」とほほ笑んだ。 【写真】上原多香子、湖月わたるらも出席した会見の模様  同作は、井筒和幸監督の映画『のど自慢』(1999年1月公開)をベースに、音楽喜劇として舞台化した作品で、テレビの人気番組『のど自慢』に出場しようと奮闘するさまざまな人たちの姿を、笑いと涙でつづったハートウォーミング・コメディー。  人生の岐路に立つ演歌歌手・赤城麗子を森が、その赤城を必死に売るマネージャー須谷保を河合が演じる。二人三脚で舞台に臨む森は「スチール撮影で(河合と)一緒になった時に『僕がお守りします』と。なんてすてきな言葉を言ってくれるのだと思ってドキドキしちゃいました」と秘話を告白。  照れ笑いを浮かべた河合は「森昌子さんと一緒というので家族中で緊張していた。初めてスチール撮影の時にお会いして、とっさにその言葉が出た。普段はそんなのこと言わないんですけどね」と振り返り「気持ちを込めて言いました。人生初の告白です」とはにかんでいた。  会見にはそのほか、湖月わたる、上原多...more
カテゴリー:

「前田吟」の画像

もっと見る

「前田吟」の動画

Wikipedia

前田 吟(まえだ ぎん、1944年2月21日 - )は、日本俳優。本名及び旧芸名は前田 信明(まえだ のぶあき)。マエダ企画所属。次男は俳優の前田淳、四男は競技ダンス選手の前田亨。

来歴・人物

1944年2月21日に山口県防府市にて生まれる。父親は同盟通信(現在の共同通信)山口支局に勤務する記者、母親はタイプライター教師であった。家庭環境不良のため、生後間もなくして前田家の養子に入るが、5歳の時に養母を、12歳の時に養父を亡くす。その後は知り合いの家を転々とし、中学卒業後は山口県立防府高等学校に進学するが1960年に1年で中退する。

高校中退後は大阪の家具屋に就職していたが、黒澤明監督の野良犬や七人の侍を見て感動。役者を志し、演劇研究所に通うようになる。それと並行して高校卒業の資格を取るために通信教育の高校へも入る。1962年、通信教育による高校卒業資格取得後、本格的に役者を目指して上京する。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる