「前期比」とは?

関連ニュース

独VW、12月期決算は大幅増益 世界販売台数で首位 - 02月24日(土)18:12 

 独フォルクスワーゲン(VW)が23日発表した2017年12月期決算は純利益が前期比2・2倍の113億5400万ユーロ(約1兆5千億円)と大幅な増益だった。販売増に加え、15年に発覚したディーゼル車の…
カテゴリー:

【企業】ネット広告が売れない!電通の思わぬ受難 持ち帰り残業にセクハラ...課題も山積みだ - 02月24日(土)03:07  newsplus

http://toyokeizai.net/articles/-/209609?display=b 2018年02月22日 田邉 佳介 : 東洋経済 記者 過重労働による新入社員の自殺や相次ぐ不祥事で、近年、社会から痛烈な批判を浴びた電通。業績そのものは最高益を連続でたたき出し、国内広告最大手のメンツを守ってきた。 だが、2月14日に発表された2017年12月期決算は一転して厳しいものだった。収益は前期比10.8%増の9288億円となったが、営業利益は0.2%減の1373億円と振るわなかった。 国内の売上総利益は0.4%減の3619億円。主力のテレビ広告は市況悪化で4.2%減少した。...
»続きを読む
カテゴリー:

アパグループ、2017年11月期決算発表 ホテル事業で初の売上高1,000億円超え - 02月23日(金)15:13 

アパグループは、2017年11月期連結決算を発表した。 ホテル事業では、アパホテルの稼働率が好調だったことや、2016年9月期に取得した北米のホテルチェーンコーストホテルズの業績好調が寄与し、売上高が初めて1,000億円を突破した。不動産事業などのその他の事業の売上高は、不動産事業の大型プロジェクトが端境期に当たったことなどから減少した。 グループ連結売上高は1,161億200万円(前期比5.1%増)、経常利益350億4,800万円(同3.6%増)、当期純利益は238億2,300万円(同19.2%増)となった。 2018年11月期の売上高は、新規ホテルの開業が続くほか、分譲マンションの引き渡しも増加するため、全事業で10%程度の増加を見込んでいる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【企業業績】マクドナルドが過去最高益 ネットユーザーは経営陣を絶賛 「めっちゃ有能」★4 - 02月20日(火)08:07  newsplus

日本マクドナルドホールディングスが2月13日、2017年12月期連結決算を発表した。最終利益は、前期の約4.5倍となる240億円で、過去最高を更新。これは、実に6期ぶりのことだという。 マクドナルドは、2014年の期限切れ鶏肉問題で売上が減少。店舗数も2002年のピーク時には3900店舗に迫る数だったが、昨年末には2900店舗を下回っている。しかし、2017年12月期の連結売上は前期比11.9%増の2536億円となり、業績回復となった。 見事復活を遂げたマクドナルドに、Twitterでは、 “安売りに走らず業績回復をしたのはすごい” “マクド...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業業績】マクドナルドが過去最高益 ネットユーザーは経営陣を絶賛 「めっちゃ有能」★2 - 02月19日(月)17:32  newsplus

日本マクドナルドホールディングスが2月13日、2017年12月期連結決算を発表した。最終利益は、前期の約4.5倍となる240億円で、過去最高を更新。これは、実に6期ぶりのことだという。 マクドナルドは、2014年の期限切れ鶏肉問題で売上が減少。店舗数も2002年のピーク時には3900店舗に迫る数だったが、昨年末には2900店舗を下回っている。しかし、2017年12月期の連結売上は前期比11.9%増の2536億円となり、業績回復となった。 見事復活を遂げたマクドナルドに、Twitterでは、 “安売りに走らず業績回復をしたのはすごい” “マクド...
»続きを読む
カテゴリー:

米経済の好調は続くのか、パウエルFRB新議長の議会証言に注目 - ビジネスマン注目!来週の経済、ここがポイント - 02月24日(土)05:00 

米経済が、好調を維持している。1月下旬には一時的な政府閉鎖や、株式市場が一時大幅に下落したりしたが、株式市場は既に下落の半分を埋めるまでに反発しており、経済も1~3月期GDPは前期比年率で3.2%増が見込まれている(アトランタ連銀、2月16日現在)。来週は、パウエル新FRB議長が初めて行う議会証言や、個人所得・支出、個人消費支出物価データなど、今後の米経済や金融政策運営を占う上で重要なイベントが予定されている。米国経済の今後を予想する。
カテゴリー:

アパグループ、2017年11月期決算発表 ホテル事業で初の売上高1,000億円超え - 02月23日(金)15:13 

アパグループは、2017年11月期連結決算を発表した。 ホテル事業では、アパホテルの稼働率が好調だったことや、2016年9月期に取得した北米のホテルチェーンコーストホテルズの業績好調が寄与し、売上高が初めて1,000億円を突破した。不動産事業などのその他の事業の売上高は、不動産事業の大型プロジェクトが端境期に当たったことなどから減少した。 グループ連結売上高は1,161億200万円(前期比5.1%増)、経常利益350億4,800万円(同3.6%増)、当期純利益は238億2,300万円(同19.2%増)となった。 2018年11月期の売上高は、新規ホテルの開業が続くほか、分譲マンションの引き渡しも増加するため、全事業で10%程度の増加を見込んでいる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【マスコミ/広告】海外事業で誤算 電通の受難“ネット広告が売れない!” - 02月22日(木)07:21  mnewsplus

過重労働による新入社員の自殺や相次ぐ不祥事で、近年、社会から痛烈な批判を浴びた電通。 業績そのものは最高益を連続でたたき出し、国内広告最大手のメンツを守ってきた。 だが、2月14日に発表された2017年12月期決算は一転して厳しいものだった。収益は前期比10.8%増の 9288億円となったが、営業利益は0.2%減の1373億円と振るわなかった。 国内の売上総利益は0.4%減の3619億円。主力のテレビ広告は市況悪化で4.2%減少した。新聞や雑誌、 ラジオも軒並み下落、頼みのネット広告も1ケタの伸びにとどまった。調整後営業利益(...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業業績】マクドナルドが過去最高益 ネットユーザーは経営陣を絶賛 「めっちゃ有能」★3 - 02月19日(月)19:37  newsplus

日本マクドナルドホールディングスが2月13日、2017年12月期連結決算を発表した。最終利益は、前期の約4.5倍となる240億円で、過去最高を更新。これは、実に6期ぶりのことだという。 マクドナルドは、2014年の期限切れ鶏肉問題で売上が減少。店舗数も2002年のピーク時には3900店舗に迫る数だったが、昨年末には2900店舗を下回っている。しかし、2017年12月期の連結売上は前期比11.9%増の2536億円となり、業績回復となった。 見事復活を遂げたマクドナルドに、Twitterでは、 “安売りに走らず業績回復をしたのはすごい” “マクド...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業業績】マクドナルドが過去最高益 ネットユーザーは経営陣を絶賛 「めっちゃ有能」 - 02月19日(月)16:08  newsplus

日本マクドナルドホールディングスが2月13日、2017年12月期連結決算を発表した。最終利益は、前期の約4.5倍となる240億円で、過去最高を更新。これは、実に6期ぶりのことだという。 マクドナルドは、2014年の期限切れ鶏肉問題で売上が減少。店舗数も2002年のピーク時には3900店舗に迫る数だったが、昨年末には2900店舗を下回っている。しかし、2017年12月期の連結売上は前期比11.9%増の2536億円となり、業績回復となった。 見事復活を遂げたマクドナルドに、Twitterでは、 “安売りに走らず業績回復をしたのはすごい” “マクド...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「前期比」の画像

もっと見る

「前期比」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる