「前年比約」とは?

関連ニュース

日本の事業用不動産投資額、前年比約3割増 - 02月21日(水)09:00 

 シービーアールイー(株)は20日、2017年第4四半期の日本の投資市場動向を発表した。
カテゴリー:

【経済】日銀、マイナス金利2年 副作用顕在化で見直し論も 不動産融資増も苦しむ金融機関 - 02月15日(木)23:36  newsplus

 日銀が「マイナス金利政策」を導入して16日で2年が経過する。政策効果で民間銀行の住宅ローン金利や企業向け貸出金利が押し下げられ、各行の不動産向け融資は大幅に増えたが、収益力の低下に苦しむなど副作用も顕在化した。金融政策の正常化に向け、大規模金融緩和を手じまいする出口戦略の必要性が指摘される中、マイナス金利継続の是非をめぐる議論が活発化しそうだ。  「徐々に金融機関の経営体力が消耗し、金融システムに障害が出てくる可能性がある」。全国銀行協会の平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長...
»続きを読む
カテゴリー:

銀聯カードの海外発行枚数がまもなく9千万枚に - 02月14日(水)14:24 

中国銀聯が9日明らかにしたところによると、銀聯インターナショナルはこのほど、2017年に海外で発行された銀聯カードが2千万枚に迫り、新規発行カードの取引量は前年比約40%増加したと発表した。これにより海外発行枚数は累計9千万枚に近づいている。 ...
カテゴリー:

時価総額上位100社の17年営業益 前年比46%増=韓国 - 02月14日(水)06:02 

【ソウル聯合ニュース】韓国企業の株式時価総額上位100社の昨年の営業利益が平均で前年比約46%増加したことが13日、明らかになった。  企業情報などを提供するウェブサイトのCEOスコアによると、9日の株式市場の終値を基準とした時価総額上位100社のうち2017年通期の連結決算(速報値)を発表した81社のデータを合計した結果、売上高は1525兆2456億ウォン(約151兆円)、本業のもうけを示す営業利益は155兆566億ウォン、純利益は121兆6861億ウォンだった。  売上高は前年比11.7%、営業利
カテゴリー:

昨年の特殊詐欺390億円=3年連続減、なお高水準-「おれおれ」最悪更新・警察庁 - 02月08日(木)10:15 

 2017年に全国の警察が把握した振り込め詐欺など特殊詐欺の被害総額は前年比約17億4000万円(4.3%)減の約390億3000万円だったことが8日、警察庁のまとめ(速報値)で分かった。3年連続の減少だが、おれおれ詐欺が再び増加するなど依然高水準となっている。認知件数は7年連続増加し、4047件(28.6%)増の1万8201件だった。 手口別では、有料サイト利用料などの架空請求詐欺と、高齢者を現金自動預払機(ATM)に誘導する還付金詐欺の被害額が、それぞれ19.2%と15.8%減少。一方、おれおれ詐欺は21.7%増え約203億4000万円に上り、統計が残る2004年以降で過去最悪を更新した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【大学受験2018】私大105校の志願状況(2/17現在)都市部大規模大人気目立つ - 02月20日(火)11:30 

 河合塾の大学入試情報サイトKei-Netは2018年2月19日、2018年度入試の「主要私立大学志願状況(2月17日現在集計)」を公表した。主要105校の志願者数は前年比107%で、明治や早稲田など6大学では10万人を突破。都市部大規模校の人気が目立っている。 「2018年度 主要私立大志願状況」は、私立の主要大学の1期入試(2月実施)志願者数が出そろった現時点の志願者集計から、2018年度入試を分析したもの。現時点で志願者数が判明している全国105大学について、2月17日現在の志願状況をまとめている。 これによると、2018年度の一般入試の志願者数は全体で前年比107%と大きく増加。方式別でも一般方式、センター方式ともに志願者増となった。 現時点で志願者数がすでに10万人を超えている大学は、東洋大学、日本大学、法政大学、明治大学、早稲田大学、近畿大学の6大学。いずれの大学でも前年より志願者が増えており、都市部の大規模大学の人気はますます上昇しているという。 大学グループ別の志願状況を前年と比較すると、「早慶上理」は102%、「MARCH」は108%、「日東駒専」は108%と、いずれも増加。「首都圏理系10大学」も104%と増加した。関西では、「関関同立」が106%、「産近甲龍」が109%であった。 大学別の志願者数を前年と比較すると、早稲田大学102%、上智大学107%、東京理...more
カテゴリー:

【いちご】あまおうに続け!九州各県、ブランド開発競争-さがほのか・ゆめのか・ベリーツ・ゆうべに・こいはるか - 02月14日(水)14:48  newsplus

 九州各県がイチゴのブランド品種開発や流通拡大に力を入れている。ブランドイチゴの火付け役となった福岡県の「あまおう」に追いつけ追い越せと奮闘している。【青木絵美】  あまおうは今季で2003年秋の本格販売開始から15周年を迎える。「まさに救世主。40年農業を続けてきたが、農家経営をプラスに変えるブランドの力を初めて感じた品種だ」。約15アールのビニールハウスであまおうを育てる福岡県古賀市の農家、高原茂さん(61)は真っ赤に大きく実ったイチゴの手入れをしながら笑顔を見せた。  県によると、都道...
»続きを読む
カテゴリー:

銀聯カードの海外発行枚数が9千万枚に迫る - 02月14日(水)13:05 

中国銀聯が9日明らかにしたところによると、銀聯インターナショナルはこのほど、2017年に海外で発行された銀聯カードが2千万枚に迫り、新規発行カードの取引量は前年比約40%増加したと発表した。 ...
カテゴリー:

【法務省】17年の難民申請8割増 「申請すれば日本で働ける」誤った認識が広がる - 02月14日(水)00:34  newsplus

法務省は13日、2017年に難民認定を申請した外国人が1万9628人(速報値)だったと発表した。前年比2倍弱の約80%増で、最多を更新した。同省は申請の多くを就労目的と分析、急増の背景には、申請すれば日本で働けるとの誤った認識が広がっていることがあるとみている。   申請者の国別内訳は、フィリピンが4895人(前年比約3.5倍)で最も多く、ベトナム3116人(同2.9倍)、スリランカ2226人(同2.4倍)、インドネシア2038人(同1.1倍)と続いた。申請が認められたのは全体で20人。上位1...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】日本で始まった新たな韓流ブームが美容やファッションに影響を与え始める - 01月25日(木)21:27  news

【ソウル聯合ニュース】人気グループの防弾少年団やTWICE(トゥワイス)などから始まった新たな韓流ブームが 日本の美容やファッションに影響を与え始めている。 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が25日までに公開した資料によると、2016年の日本の化粧品市場は前年比2.9%増加した2兆4715億円を記録した。 このうち韓国化粧品の輸入額は約1億8000万ドル(約197億円)で過去最多だった。 2017年1~9月に日本は韓国のメーキャップ化粧品を前年同期比10.5%増の26億8000万円、スキ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「前年比約」の画像

もっと見る

「前年比約」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる