「前年比」とは?

関連ニュース

世話焼きママだと「問題解決力」が伸びないワケ【21世紀型子育て#5】 - 03月28日(火)22:30 

source:http://www.shutterstock.com/ “21世紀に必要とされるスキル”を研究し教育現場へ導入する動きは米国で始まり、今では欧米そしてアジア各国へと広がっています。こうした世界中の流れを受け、文部科学省は2013年に“21世紀型能力”を提案しています。 これまでの知識重視型から“自ら考え、判断し、行動できる人材”の育成へと、日本でも教育改革が始まったのです! 今回は、“21世紀型能力”に含まれる「問題解決力」をグッと高める言葉がけを2つお伝えします! 子ども自身のアイデアで解決へと導く「問題解決力」 source:http://www.shutterstock.com/ 知識も技術も環境もめまぐるしく変化する21世紀。人々の前に立ちはだかる“問題”の内容も、日々変わり続けています。 例えば、親子を取り巻く環境についても、「子どもとスマートフォンの付き合い方」や「SNS内のいじめ」といった“問題”は、10、20年前には、大多数の人々が全く想像もしなかったことです。 果たしてこれから5年後、10年後には、どんな「新しい問題」が生まれているのでしょう? 問題内容が加速的に変化する状況では、「この問題にはこの方法で解決する」と「既にある特定の解法を用いる」というようなことを“丸暗記”しても、太刀打ちできません。 そこで、どんな問題を前にしても、「創造的に...more
in English
カテゴリー:

【野球】広島カープ、16年売上高・利益が最高 - 03月28日(火)13:37 

 広島東洋カープは27日、広島市中区のホテルで株主総会を開き、2016年の決算を承認した。25年ぶりにセ・リーグ制覇を遂げ、黒田博樹投手が日米通算200勝、新井貴浩選手が通算2千安打を達成。記念グッズなどが収益を押し上げ、売上高は182億191万円、当期利益は14億4619万円。いずれも15年の球団最高を更新した。  売上高は前年比で約33億6900万円増。優勝や記録達成を祝う商品が売れ、グッズ収入は約17億3200万円増の53億700万円だった。公式戦の観客動員は過去最多の215万7331人で、広島市南区...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

イエメン内戦、子どもの犠牲1546人 前年比7割増 - 03月28日(火)11:08 

 中東のイエメン内戦が激化して2年が経ったのを機に、国連児童基金(ユニセフ)は27日、過去1年に死亡した18歳未満の子どもが前年同期比で7割近く増えて1546人に上ったとの報告書を発表した。内戦が子ど…
in English
カテゴリー:

韓国の経済成長率 2年連続で2.8%増 - 03月28日(火)10:27 

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が28日発表した統計によると、昨年の実質国内総生産(GDP)は、前年比2.8%増加した。  経済成長率は2011年の3.7%から12年は2.3%に落ち込み
in English
カテゴリー:

タマネギ大豊作 生産量が過去最多を更新 北海道 - 03月28日(火)08:45 

ホクレンがまとめた2016年の道内のタマネギ生産量(推計)によると、オホーツク管内産は前年比5%増の45万7千トンで過去最多だった。 夏場の連続台風による大雨で流失などの被害が出たものの、春先から天候に恵まれたことなどから大玉傾向となり、数字を押し上げたとみられる。 これまで管内で年間生産量が最多だったのは07年の43万5千トンで、9年ぶりに記録を更新。昨年の管内の生産量は道内全体の61%を占めた。 管内の昨年の作付面積は約7千ヘクタール。 生産性の目安になる反収(たんしゅう)(10アー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

コミュニケーションロボット市場、2016年度は39億4100万円の見込み(ニュース) - 03月28日(火)17:25 

 矢野経済研究所は2017年3月28日、国内のコミュニケーションロボット市場の調査結果を発表した。2015年度は前年比179.9%増の23億8500万円と大きく伸長した。2016年度も継続して新製品が投入され、同65.2%増の39億4100万円となる見込みだ。
in English
カテゴリー:

「買ってすぐ」より「3日間寝かせて」 栄養満点トマトをおいしく食べる - 03月28日(火)11:30 

【サタデープラス】(TBS系)2017年3月18日放送 「プロしか知らないトマトの新常識 賢い食べ方&(秘)保存法を大公開」サラダや温野菜、スープなど、食卓で大活躍のトマト。夏が旬というイメージがあるが、実は冬に採れるトマトの方が生育期間が長く、味が濃くおいしいとみられる。 番組では、日本一トマトに詳しいと思われる企業・カゴメに潜入し、プロだからこそ知るトマトの健康効果やおいしく食べるコツを聞き出した。 骨への健康効果も期待 トマトの栄養素といえば「リコピン」がよく知られている。抗酸化作用が非常に強く、ビタミンEの約100倍の効果があるとの研究も報告されている。 リコピンには抗酸化作用だけでなく、血管にたまった悪玉コレステロールを取り除いて動脈硬化を防ぐ、善玉コレステロールを増やす働きもある。自然健康研究部の薬学博士・相澤宏一さんがこの効果を突き止め、トマトジュースのパッケージに「血中コレステロールが気になる方に」と表記したところ、前年比1.7倍も売り上げがアップしたそうだ。なお同社のトマトジュースは、消費者庁に「機能性表示食品」として届け出たうえでこうした表記が許されている。 現在は骨への健康効果の研究が進められている。骨は、古い骨から新しい骨を作る「骨代謝」を繰り返して強さを保っているが、リコピンが骨代謝のバランスを調節する働きがあり、骨の状態をよくするという研究報告がある。あ...more
in English
カテゴリー:

全国に38店舗展開するオーダーメイドジュエリー「ケイウノ」。レディースアパレルブランド「ラ・アルアリアLa Araria」コレド日本橋に3月28日(火)オープン - 03月28日(火)11:00 

[株式会社ケイ・ウノ] 国内アパレル市場、専門店は好不調の格差が広がる中、 商品と価格のバランスに優れた店舗が好調を維持 国内のアパレル市場は、矢野経済研究所が2016年9月に発表した「2015年アパレル産業白書」によると、前年比99...
in English
カテゴリー:

今冬節電効果前年並み 6%四電の電力需給実績 - 03月28日(火)09:22 

四国電力が27日発表した今冬(2016年12月~17年3月)の電力需給実績によると、期間中の最大電力は前年比0・3%増の472万5千キロワット。
in English
カテゴリー:

<社説>地価4年連続上昇 県経済の力強さの証しだ - 03月28日(火)06:01 

 沖縄経済の力強さが示された。国土交通省が発表した2017年1月1日現在の公示地価は、県内の全用途の平均が前年比プラス3・1%で4年連続の上昇となった。  県内住宅地(上昇率3・0%)、工業地(同4・5%)は全国最高の値を示した。商業地も同3・2%で全国5位と景気拡大が続く沖縄の好景気を反映してい...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「前年比」の画像

もっと見る

「前年比」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる