「前年度比」とは?

関連ニュース

<阿武急>2年連続赤字 定期収入減少が影響 - 05月19日(土)11:16 

宮城、福島両県を結ぶ第三セクター鉄道の阿武隈急行(福島県伊達市)は18日、2017年度決算を発表した。純損失は4286万円で2年連続の赤字となった。 輸送人員は前年度比1.5%減の248万328人で、
カテゴリー:

【経済】デジカメが売れない・・・カシオは事業から撤退 でも富士フィルム「チェキ」は別 昨年は770万台を販売★2 - 05月17日(木)16:33  newsplus

 富士フイルムは「チェキ」の愛称で知られるカメラ「インスタックス」シリーズの販売台数について、2018年度に前年度比約17%増の900万台を目指す計画を明らかにした。欧米を中心に全世界で拡販する。  これに伴い、神奈川工場(神奈川県南足柄市)でフィルムの生産能力を2割増強することも決めた。  助野健児社長は「欧米、中国や新興国を中心にインスタックスブランドを定着させたい」と意欲をみせた。  インスタックスシリーズは、撮影したその場で画像をプリントできるカメラ。海外を中心に若年層に人気で、17年度には770...
»続きを読む
カテゴリー:

東海レジャー施設:ナガシマ12年連続首位 17年度集客 - 05月16日(水)19:04 

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングは16日、東海3県(岐阜、愛知、三重)にある主要レジャー施設の2017年度の集客実態調査を発表した。ナガシマリゾート(三重県桑名市)が前年度比1.3%増の1530万人と12年連続で首位だった。アウトレットモール拡充が寄与した。
カテゴリー:

平成29年度の産業機械受注、3年連続のマイナス 電力など非製造業が不振 - 05月16日(水)13:39 

 日本産業機械工業会が16日に発表した平成29年度(29年4月~30年3月)の産業機械受注実績は、前年度比3・3%減の4兆9283億円で、3年連続で前年度実績を下回った。自動車などを中心に自動化や省力化を目的とした設備投資需要で堅調だが、電力など国内の非製造業による受注減が足を引っ張った。内需は1・7%減の3兆3996億円、外需は6・5%減の1兆5287億円。同時に発表された29年度の環境装置受注実績は11・6%減の6620億円で2年ぶりの減少だった。
カテゴリー:

プロ野球:平均年俸2年連続増 トップはソフトバンク - 05月15日(火)21:06 

 労組日本プロ野球選手会(炭谷銀仁朗会長=西武)は15日、今年度の年俸調査結果(出来高分を除く)を発表した。12球団の支配下登録選手735人(育成選手、組合未加入の外国人選手を除く)の平均年俸は3955万円で、前年度比129万円増となり、2年連続のプラスになった。
カテゴリー:

沖縄公庫 教育融資7%増 17年度・最高28億円、2550件 - 05月19日(土)10:11 

 沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は18日、2017年度の教育資金(教育ローン)融資実績を発表した。件数で前年度比7・2%増の2550件、金額で5・3%増の28億4300万円となり、件数金額共に1978年に進学資金として制度が始まって以来最高となった。同公庫は、県内の高校への周知活動などで...
カテゴリー:

【経済】デジカメが売れない・・・カシオは事業から撤退 でも富士フィルム「チェキ」は別 昨年は770万台を販売 - 05月17日(木)09:41  newsplus

 富士フイルムは「チェキ」の愛称で知られるカメラ「インスタックス」シリーズの販売台数について、2018年度に前年度比約17%増の900万台を目指す計画を明らかにした。欧米を中心に全世界で拡販する。  これに伴い、神奈川工場(神奈川県南足柄市)でフィルムの生産能力を2割増強することも決めた。  助野健児社長は「欧米、中国や新興国を中心にインスタックスブランドを定着させたい」と意欲をみせた。  インスタックスシリーズは、撮影したその場で画像をプリントできるカメラ。海外を中心に若年層に人気で、17年度には770...
»続きを読む
カテゴリー:

鉱工業生産指数:九州は5年連続上昇 17年度 - 05月16日(水)18:01 

 九州経済産業局が16日発表した2017年度の九州の鉱工業生産指数(速報、10年=100)は、前年度比2.8%上昇の108.8で、5年続けてプラスとなった。北米や中国を中心に海外での普通乗用車販売が好調で、輸送機械工業は5.3%上昇だった。
カテゴリー:

法科大学院、H30年度志願者8,058人…過去最低を更新 - 05月16日(水)12:45 

 法科大学院の平成30年度(2018年度)の志願者数が前年度比102人減の8,058人と、11年連続で減少したことが平成30年5月14日、第86回法科大学院等特別委員会の配布資料より明らかになった。入学者数も12年連続で減少。志願者、入学者いずれも過去最低を更新した。 平成30年度は、募集を停止している14校を除く、全国39校の法科大学院で入学者選抜が行われた。入学定員2,330人に対し、志願者8,058人、受験者7,258人、合格者3,521人、入学者1,621人。平均競争倍率は、前年度比0.05ポイント増の2.06倍。 入学者数がもっとも多かったのは、東京大学の213人。入学定員充足率は、平均0.7倍。入学定員充足率が1倍を超えたのは、筑波大学、一橋大学、明治大学、甲南大学の4校であった。 志願者数は、法科大学院が開設された平成16年度の72,800人をピークに減少傾向が続いており、平成19年度に前年度比4,866人増の45,207人となったあと、平成30年度まで11年連続で減少。平成30年度は国立2,784人、公立223人、私立5,051人の計8,058人。 入学者数は、平成18年度の5,784人をピークに12年連続で減少。平成30年度は国立817人、公立42人、私立762人の計1,621人。入学者数、志願者数ともに過去最低を更新した。受験者数も平成16年度の40,810人を...more
カテゴリー:

2017年度のスマホ出荷台数、過去最高の3258万台 - 05月15日(火)11:00 

MM総研がまとめた調査によると、2017年度通期(2017年4月〜2018年3月)における国内携帯電話端末の総出荷台数は前年度比2.7%増の3746万台となり、6年ぶりに増加した。このうちスマートフォンの出荷台数は前年度比8.1%増の3258万台となり、過去最高を更新した。総出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数比率は、前年度比4.4ポイント増の87.0%に上昇した。SIMフリースマートフォン出荷台数は前年度比11.9%増の315万台となり、スマートフォン出荷台数全体に占めるSIMフリー比率は9.7%に拡大した。携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェアは、Appleが6年連続で首位を維持。総出荷台数に占めるシェアは43.4%となった。以下、2位はシャープ、3位はソニーモバイルコミュニケーションズ、4位は京セラ、5位は富士通となった。同社は、2018年度の総出荷台数を前年度比2.0%増の3820万台(うちスマートフォン3360万台)と見込んでいる。
カテゴリー:

もっと見る

「前年度比」の画像

もっと見る

「前年度比」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる