「前年同期比」とは?

関連ニュース

【企業】「日本で1番楽しい店」ドンキに大挙する外国人 - 02月21日(水)05:49  bizplus

ドンキホーテホールディングスの店舗に韓国人や中国人、ロシア人など訪日外国人客(インバウンド)が大挙して訪れている。迷路のような店内や幅広い品ぞろえが人気を呼び、交流サイト(SNS)を通じて口コミが拡散している。2017年7~12月期の訪日客向け売り上げを示す免税売上高は前年同期比55%増の251億円と、半期で高島屋や大丸松坂屋百貨店(いずれも200億円強)をしのぐ規模にまで拡大した。時価総額が1… 2018/2/21 5:30日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27148630Q8A220C1000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

ターキッシュエアラインズ/1月の貨物・郵便物取扱量は34%増加 - 02月20日(火)11:00 

ターキッシュエアラインズは2月20日、1月の貨物・郵便物取扱量は前年同期比34%増加したと発表した。 貨物・郵便物取扱量の増加には中東の45%増、国内便の44%増、欧州の39%増が主に貢献した。
カテゴリー:

バーツ高、輸出・観光が補填 タイ17年10~12月期GDP4%増 - 02月20日(火)05:00 

タイ国家経済社会開発庁(NESDB)が19日発表した2017年10~12月期(第4四半期)の国内総生産(GDP)は前年同期比4%増だった。通貨バーツ上昇のマイナ…
カテゴリー:

【経済】客数減が止まらない、「モスバーガー」の苦境★8 - 02月19日(月)22:30  newsplus

ハンバーガーチェーンで国内店舗数2位のモスバーガーが苦しんでいる。 モスバーガーを運営するモスフードサービスは2月9日、2017年度第3四半期(2017年4~12月期)決算を発表した。 売上高は544億円(前年同期比0.8%増)と横ばいながら、本業の儲けを示す営業利益は33億円(同19.6%減)と減益で着地した。 減益の主な要因は、牛肉など食材の価格高騰や、システム関連投資に伴う償却負担がかさんだことだ。 一見すると、一時的な要因による業績低迷にも思えるが、モスバーガーの苦戦は今に始まったことではない。 モスバーガーの既存店客...
»続きを読む
カテゴリー:

【半導体】NAND一本足の東芝メモリに暗雲 - 02月19日(月)09:08  bizplus

活況の半導体メモリーに変調の兆しが出てきた。NAND型フラッシュメモリーの市況は調整局面に入り、NAND専業の東芝メモリにとって収益の先細り懸念が浮上。一方でDRAM価格は上昇が続き、これら両方のメモリーで世界首位の韓国サムスン電子は投資の軸足をDRAMに移す。売却手続きまっただ中の東芝メモリに暗雲が漂い始めている。 NAND価格は標準品(TLCの64ギガビット品)の大口価格で3.5ドル前後で推移している。ただ需給に敏感な「スポット(随時取引)価格」は3カ月前に比べて1割低下した。スマートフォン(...
»続きを読む
カテゴリー:

CBREが日本の投資市場動向(2017年第4四半期)を発表日本の累計投資額は3.9兆円、対前年比29%増加 - 海外投資家による投資が大幅増 - 02月20日(火)15:07 

[シービーアールイー株式会社] 【注目動向】 2017年の世界の事業用不動産投資額は9,576億ドル、対前年同期比2.1%増加。 日本においては、2017年の事業用不動産投資額は3.9兆円、対前年比29%増加。海外投資家による投資額が同102%増加。一方...
カテゴリー:

死亡災害が増加に 建設、陸上貨物で顕著 29年速報値 - 02月20日(火)10:06 

 労働災害による死亡・死傷者数がともに増加――厚生労働省は、平成29年における労働災害発生状況(29年12月末速報値)を取りまとめた。陸上貨物運送事業と建設業の死亡災害増加がめだつ。 近年減少傾向にあった死亡災害は872人で、前年同期比31人(3.7%)増と、増加に転じた。業種別では、16人増の建設業が293人で最も多い。このほか、陸上貨物運送事業が30人増の113人と大きく伸びた。製造業は8人減……[続きを読む]
カテゴリー:

【スマホ】iPhoneは国内で圧倒的に売れている~2017年第4四半期のシェアは5割超 - 02月19日(月)23:33  bizplus

IT専門調査会社IDC Japanが2017年第4四半期(10月~12月)、2017年通年の国内のスマートフォンの出荷台数を発表し、AppleのiPhoneが圧倒的なシェアを獲得していることが判明しました。 圧倒的なシェアを誇るiPhone IDC Japanの調査によれば、2017年第4四半期の国内のスマートフォンを含めた携帯電話の出荷台数は対前年同期比で13.6%増加し、1,107万台に達したことがわかっています。 その中でも特に売上を伸ばしたのはAppleのiPhoneで、これまでの最高出荷台数を更新したと伝えられています。IDC Japanはスマートフォン全体の出荷台...
»続きを読む
カテゴリー:

高校生の就職内定率は91.5%、最高は「富山県」98.2% - 02月19日(月)11:15 

 文部科学省は平成30年2月16日、平成30年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況を発表した。平成29年12月末時点の就職内定率は91.5%で、8年連続して前年同期を上回った。内定率がもっとも高い県は、「富山県」98.2%だった。 平成30年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況は、全国の国公私立の高等学校(全日制・定時制)を対象に、平成29年12月末時点の就職内定状況を都道府県別や学科別に調べたもの。就職内定率は、就職内定者の就職希望者に対する割合をさす。 就職内定率は91.5%で、前年同期と比べて0.6ポイント上昇。12月末時点の就職内定率としては、8年連続で前年同期を上回った。男女別にみると、男子は前年同期比0.4ポイント増の92.4%、女子は前年同期比0.9ポイント増の90.1%だった。 学科別にみると、「工業」が96.9%ともっとも高く、「商業」94.9%、「水産」94.3%、「農業」94.0%、「福祉」92.6%、「情報」92.0%、「家庭」91.9%、「総合学科」90.5%、「看護」88.3%、「普通」85.3%が続いた。なお、「看護」に関する学科は看護師5年一貫課程が主となるため、集計からは除いている。 都道府県別にみると、「富山県」が98.2%ともっとも高く、「島根県」96.8%、「秋田県」96.7%、「佐賀県」96.6%、「福島県」96.4%が続いた。一方、「沖縄...more
カテゴリー:

【経済】客数減が止まらない、「モスバーガー」の苦境★7 - 02月19日(月)06:55  newsplus

ハンバーガーチェーンで国内店舗数2位のモスバーガーが苦しんでいる。 モスバーガーを運営するモスフードサービスは2月9日、2017年度第3四半期(2017年4~12月期)決算を発表した。 売上高は544億円(前年同期比0.8%増)と横ばいながら、本業の儲けを示す営業利益は33億円(同19.6%減)と減益で着地した。 減益の主な要因は、牛肉など食材の価格高騰や、システム関連投資に伴う償却負担がかさんだことだ。 一見すると、一時的な要因による業績低迷にも思えるが、モスバーガーの苦戦は今に始まったことではない。 モスバーガーの既存店客...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「前年同期比」の画像

もっと見る

「前年同期比」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる