「前川清」とは?

関連ニュース

【音楽】加山雄三、80歳記念ライブを開催 さんま、タモリらも祝福 - 04月22日(土)05:05 

2017-04-21 23:14  今月11日に80歳の傘寿を迎えた加山雄三が21日、東京・東京国際フォーラム ホールAで『加山雄三80歳!若大将一夜限りのスペシャルライブ~君といる時が一番しあわせなんだ~』を開催した。  ライブでは、5000人を前に「お嫁においで」「サライ」など年齢を感じさせないパワーで熱唱。その後も、いつものようにエレキギターをかき鳴らし「蒼い星くず」、「海 その愛」をはじめとする自身の大ヒット曲全30曲を2時間半にわたって披露し「こんな素敵な誕生日なら毎日迎えても良いね。80歳を迎えられたのは、これもひ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

1年前を忘れない復興祈念植樹、選手有志のじゃんけん大会も実施 - 04月13日(木)17:29 

<KKT杯バンテリンレディスオープン 事前情報◇13日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード・パー72)> 熊本地震発生による大会中止から1年。「KKT杯バンテリンレディスオープン」の開幕前日の13日(木)、会場となる熊本空港CC18番ホールのグリーンサイドで、熊本地震復興祈念植樹が行われた。 地震発生後、コースに姿を見せて沈痛な表情を浮かべる有村智恵 今年の同大会のテーマは、「みんなde熊本! みんなのクマモト!」。「みんなde熊本!」は被災者と非被災者の温度差をなくし、みんなが無関心にならず心が一つになるという願いを込め、「みんなのクマモト!」はAll togetherの力を込めたという。 そんな思いが込められた復興祈念植樹の出席者は小林浩美LPGA(日本女子プロゴルフ協会)会長、選手代表として一ノ瀬優希、若林舞衣子、横山倫子の3人。そして山口恭廣熊本空港CC代表取締役社長、前川清継熊本空港CC理事長、深浦修熊本空港CC代表取締役常務。 昨年の4月14日、最初に大きな揺れがあったのは、同大会プロアマ大会が終わった日の夜だった。あれから1年。復興は着々と進行しているが、まだまだ時間がかかると聞く。 「家からゴルフ場に来る道は、まだぼこぼこしています。ビニールシートがかかっているところもたくさんある。心のケアも含めて、いろいろな支援が必要なんだと思います」と一ノ瀬。...more
in English
カテゴリー:

【芸能】前川清、元妻・藤圭子と宇多田ヒカルの“声”について語る - 03月13日(月)06:43 

http://tver.jp/episode/27296925/ 阿川佐和子が、毎回各界で活躍する著名人とトークを展開する『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)。3月11日は、歌手の前川清が前妻の故・藤圭子との結婚&離婚の真相と、藤の娘である宇多田ヒカルについて語った。 高校を中退し、バンド活動を始めた前川清は、20歳のときに“内山田洋とクール・ファイブ”にスカウトされ、ボーカルとして参加。メジャーデビュー曲「長崎は今日も雨だった」がミリオンセラーを記録し、昭和歌謡を代表する歌手となった。22歳の時には「噂の女」が大ヒッ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

加山雄三、80歳記念ライブを開催 さんま、タモリらも祝福 - 04月21日(金)23:14 

 今月11日に80歳の傘寿を迎えた加山雄三が21日、東京・東京国際フォーラム ホールAで『加山雄三80歳!若大将一夜限りのスペシャルライブ~君といる時が一番しあわせなんだ~』を開催した。 【ライブ写真】ファンと記念撮影も  ライブでは、5000人を前に「お嫁においで」「サライ」など年齢を感じさせないパワーで熱唱。その後も、いつものようにエレキギターをかき鳴らし「蒼い星くず」、「海 その愛」をはじめとする自身の大ヒット曲全30曲を2時間半にわたって披露し「こんな素敵な誕生日なら毎日迎えても良いね。80歳を迎えられたのは、これもひとえに皆さんの応援のおかげです」と感謝した。  曲間では、サプライズで、水谷豊、三浦雄一郎、湯川れい子、桂文枝、黒柳徹子、明石家さんま、タモリといった“超豪華”なメンバーからもお祝いのビデオメッセージ。さらに、アンコールでは、竹中直人、前川清、高橋真梨子、森山良子、谷村新司、ひめ風(南 こうせつ&伊勢 正三)、ザ・ワイルドワンズ、さだまさし、THE ALFEE、鈴木雅之、和田アキ子が映像によるサプライズで順番に歌う「君といつまでも」が流れると、加山もそれぞれに感謝の言葉を伝えた。  また、この日のステージ上では、来年1月から全国16ヶ所で、全公演に1アーティストずつ、スペシャルなシークレットゲストが出演するライブを開催することが発表された。 【関連...more
in English
カテゴリー:

競馬界席巻の北島三郎vs大魔神・佐々木 対象的な馬主哲学 - 04月11日(火)07:00 

 日本競馬界を有名人馬主が席巻している。今年から新設されたGI・大阪杯で初代王者に輝いたのは歌手・北島三郎所有のキタサンブラックだった。昨年のJRA年度代表馬は、今回の勝利でGI4勝目、生涯獲得賞金は歴代8位の11億9048万5000円となった。 「キタサンブラックの購入価格は800万円前後と言われています。そんな馬が10億円以上稼いだわけです。まさに“ジャパニーズドリーム”を体現する存在です」(競馬専門紙記者)  競馬界を代表する馬主となったサブちゃんがライバル視するのが、元メジャーリーガーの大魔神・佐々木主浩だ。大阪杯後、北島はこう漏らしていた。 「今週、テレビを見ていたら佐々木さんがよく出ている。オレもこうなんねえかなあって思っていました」  大阪杯の直前、佐々木の所有するヴィブロスがUAEで開催された海外GI・ドバイターフで優勝し、約4億円の賞金を手にしたことが報じられた。歓喜する佐々木の姿は北島の闘志に火をつけたようだ。  年内引退を表明していたキタサンブラックの引退を白紙撤回。10月に行なわれる競馬界の最高峰・凱旋門賞(フランス)を目指し、“大魔神超え”を狙っている。  歌手・前川清や風水で有名なDr.コパなども有名人馬主として名を馳せているが、北島と佐々木の愛馬の活躍と注目度は、その比ではない。だが、この2人の馬主としての哲学は180度異なる。前出の競馬専門紙記者はこ...more
in English
カテゴリー:

「前川清」の画像

もっと見る

「前川清」の動画

Wikipedia

前川 清(まえかわ きよし、本名同じ、1948年8月19日 - )は歌手タレントである。長崎県佐世保市松山町出身。血液型はO型。長崎南山高等学校中退。長男は歌手の前川紘毅で、姪の義弟に元俳優の加勢大周がいる。

来歴・人物 若き日

1948年、長崎県北松浦郡(現・佐世保市)鹿町町大加勢の生まれ週刊朝日1982年4月9日号99頁。。生後まもなく同県佐世保市に移る。父は佐世保の米軍基地に船大工として勤務していたという。少年時代の前川清は野球が好きで、米軍基地で働く日本人職員の子弟を集めてチームを作っていたことがある。高校時代にも野球部に在籍しており、ポジションは投手。

米軍の佐世保基地の兵舎から流れてきたジャズに衝撃を受け、中学、高校とジャズに熱中する。ジャズ好きが高じて歌手への夢を抱くようになる。

歌手として

1968年、高校を2年で中退後、セールスマンなどを経て、長崎市内のキャバレーで歌っていたところを小林正樹に見出され2009年12月6日、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」出演時の本...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる