「前回掲載」とは?

関連ニュース

北朝鮮大使を追放する意外な国々。なぜ国際社会は再び米の味方に? - 09月15日(金)04:45 

先日、国連安保理が全会一致で採択した新たな対北制裁決議に関して、「日本列島を核爆弾で海に沈める」との報道官声明を出した北朝鮮。前回掲載の記事「北朝鮮への『制裁強化』。なぜ中露は賛成せざるを得なかったのか」でもご紹介したとおり、金正恩政権はますます孤立を深めています。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係研究者の北野幸伯さんは今回、北朝鮮危機の当事国以外にも広がりを見せる「金正恩包囲網」について詳細に伝えています。 もはや北朝鮮は「世界の孤児」、を証明する二つのできごと 前号「北朝鮮への『制裁強化』。なぜ中露は賛成せざるを得なかったのか」でお伝えしたように、国連安保理は9月11日、新たな北朝鮮制裁決議を、全会一致で採択しました。当初反対していた中国とロシアも賛成にまわった。これは、アメリカが、「石油全面禁輸」と「金正恩の資産凍結」を引っ込めたからです。つまり、アメリカが妥協したので、中ロも支持せざるを得なくなった。 これも前号で書いたように、アメリカは、外交、国連安保理を重視することで、支持をひろげています。逆に北朝鮮は、安保理を完全無視することで、「世界の孤児」になっている。今回は、そのことを証拠づける二つの事実に触れましょう。 北朝鮮大使を追放する意外な国々 「北朝鮮核問題」は、つい最近まで「東アジア限定の問題」と思われていました。なぜか? たとえば欧州や南...more
カテゴリー:

秋の味覚「栗」は果物という衝撃の事実。それ以上に驚きの真実も - 09月14日(木)20:00 

前回掲載の記事「秋刀魚くちばし、梨は色。美味しい『秋の味覚』の見分け方とは」では、美味しい秋刀魚(さんま)と梨を見抜く方法を伝えてくれた、無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』著者の須田將昭さん。今回はもう一つの秋の味覚、栗の知る人ぞ知る「真実」を記しています。 味覚の秋 栗の巻 栗はその実のなり方が不思議な果物です。 果物? そうです。栗は果物です。農林水産省が作物を分類する時に、樹木になるのを果物としているので、栗は果物っぽくないように思いますが果物です。イチゴなどは逆に草花ですから、野菜に分類されます(これまたびっくり?)。 閑話休題。栗は秋に実が成熟するとイガが自然に割れて、中から堅い殻に覆われた果実が現れます。 果実? 皮じゃないの? そうですね。堅い方を鬼皮、その下の薄い方を渋皮と呼んでいますよね。でも、実はその「皮」だと思っていたところが「果実」なんです。 じゃああの食べている「実」はなんなの? というと、あれは「種子」です。 なんともややこしいのですが、 堅い皮・薄い皮 → 果実 食べている実  → 種子 ということで、「秋刀魚くちばし、梨は色。美味しい『秋の味覚』の見分け方とは」でとりあげた梨とはえらい違いですね。梨は果実を食べて種子を捨てますが、栗は果実を捨てて種子を食べます。 じゃあ皮は? そう。あのイガが皮だったのです。面白いですね。 さて、栗は、いわゆる...more
カテゴリー:

「前回掲載」の画像

もっと見る

「前回掲載」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる