「制裁決議」とは?

関連ニュース

琉球ちんぽう「北朝鮮テロ支援国家再指定、レッテル貼りが目的化していないか?圧力一辺倒は危険だ」 - 11月22日(水)09:11  news

北朝鮮の挑発行動が先鋭化し、暴発することを強く危惧せざるを得ない。 トランプ米大統領が核・ミサイル開発を続ける北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定すると表明した。 トランプ政権は既に北朝鮮への金融制裁などを拡大している。 再指定で、事態が大きく進展することは期待できない。 それどころか、再指定によって北朝鮮が対話に応じる可能性はさらに低くなったと言えまいか。 北朝鮮の強い反発を招き、核・ミサイル開発の凍結や拉致問題の解決が遠のく恐れがある。 この間、米朝の交渉入りを期待させる局面があった。トラ...
»続きを読む
カテゴリー:

【中朝】中国特使が北朝鮮へ到着 核・ミサイル開発で意見交換か - 11月18日(土)02:33  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171117/k10011226861000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019 11月17日 20時27分 中国の習近平国家主席の特使が17日、ピョンヤンに到着し、先月開かれた共産党大会の結果を北朝鮮側に伝えるとともに、核・ミサイル開発について意見を交わすと見られます。 中国共産党で対外交流を担当する中央対外連絡部トップの宋涛部長は、習近平国家主席の特使として北朝鮮に派遣され、17日、北京からピョンヤンの空港に到着しました。 中国は、5年に1度の共産党大会のあと、ほかの社会主...
»続きを読む
カテゴリー:

【外交】安倍首相、トランプ米大統領とターンブル豪首相と会談 北朝鮮情勢などで意見交換 - 11月13日(月)13:09  newsplus

東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席するため、 フィリピンの首都マニラを訪問中の安倍晋三首相は13日午前(日本時間同)、 トランプ米大統領とターンブル豪首相と首脳会談を行い、北朝鮮情勢などについて意見交換した。  午後には中国の李克強首相、フィリピンのドゥテルテ大統領などとそれぞれ会談するほか、 日ASEAN首脳会議や日メコン首脳会議に臨む。  安倍首相は13日午前、ASEAN首脳会議の開会式に出席した。 日本はASEAN加盟国10カ国すべてが北朝鮮と外交関係を持っていることか...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相 対北朝鮮でASEAN諸国に緊密連携呼びかけへ - 11月13日(月)06:00 

フィリピンを訪れている安倍総理大臣は、13日、ASEAN=東南アジア諸国連合関連の首脳会議に出席し、北朝鮮と外交関係があるASEAN諸国に対し、圧力の強化や国連安保理の制裁決議の完全な履行など、緊密な連携を呼びかけることにしています。
カテゴリー:

【日中】「関係改善を力強く進めたい」 安倍首相が中国・習国家主席と会談 習氏「前向きな発展を推進したい」 APECで - 11月11日(土)22:35  newsplus

【ダナン=田北真樹子】アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するため、ベトナム中部ダナンを訪問中の安倍晋三首相は11日夕(日本時間同日夜)、中国の習近平国家主席と会談し、両国関係をさらに改善させることで一致した。首相は核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に最大限の圧力をかけるため、影響力を持つ中国が大きな役割を果たすよう求めた。  習氏は会談で、日中関係について「改善のプロセスはまだまだやるべきことがたくさんある。時流に乗って努力し前向きな発展を推進したい」と呼びかけた。  首相も両国...
»続きを読む
カテゴリー:

【DIAMOND】北朝鮮の自制はなぜか、孤立するトランプと「完全に一致」した安倍の危うさ[11/19] - 11月19日(日)13:18  seijinewsplus

2017.11.16 DIAMOND http://diamond.jp/articles/-/149090  北朝鮮は9月15日の「火星12」の発射後2ヵ月間、弾道ミサイル発射を行っていない。従来、北朝鮮は米軍・韓国軍の共同演習を威嚇と見て、それに対抗しミサイルを発射、また国連の制裁決議に屈しない姿勢を示すためにもそうした行動を取ってきた。だが、トランプ大統領の11月5日からの日本、韓国、中国などの歴訪や日本海での日米、米韓海軍共同演習に対し、報道では口を極めた反発を示しつつ、軍事力の誇示を控えている。それはなぜかを考えてみた。 ■「核戦力の建設達成...
»続きを読む
カテゴリー:

中朝関係改善を模索=核・ミサイルで圧力も-習氏特使、17日訪問 - 11月16日(木)17:24 

 【北京時事】中国共産党の宋濤中央対外連絡部長は17日、習近平総書記(国家主席)の特使として北朝鮮を訪問する。10月の共産党大会の結果を朝鮮労働党に伝えるのが表向きの目的で、冷え込んだ両国関係改善を模索する。中国高官の訪朝が明らかになるのは2016年10月の劉振民外務次官(当時)以来。 ただ宋部長は北朝鮮要人との会談で、核・ミサイル開発停止を求める中国側の立場や、北朝鮮への圧力強化で一致した先の米中首脳会談の内容を説明する可能性も指摘されており、中朝間の溝をむしろ深めることもあり得る。 北朝鮮による相次ぐ核実験や弾道ミサイル発射に関し、最大の貿易相手国である中国は国連安保理の北朝鮮制裁決議に賛同。石炭、水産物、繊維製品などの輸入を止め、制裁履行をアピールしており、中朝間には険悪なムードが漂う。中国国内では、特に核実験による放射性物質の拡散に懸念があり、対北朝鮮感情が悪化している。 【時事通信社】
カテゴリー:

【安倍首相】 マレーシア「日本のリーダーシップに感謝する」とインドネシア首脳と相次ぎ会談 ASEAN会議に出席予定 - 11月13日(月)12:25  newsplus

安倍晋三首相は12日午後(日本時間同)、政府専用機でベトナム・ダナンを出発し、フィリピン・マニラに到着した。 13日からの東アジアサミット(EAS)を含む東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席する。  関連首脳会議に先立ち、安倍首相は12日午後、マレーシアのナジブ首相とインドネシアのジョコ大統領と相次いで会談した。 マレーシア首脳会談では、ナジブ氏が、11日にベトナムで開かれた太平洋戦略的経済連携協定(TPP)閣僚会合で 参加11カ国が新協定の大筋合意に至ったことについて「日本の...
»続きを読む
カテゴリー:

【愛媛新聞】軍事力の誇示は、北朝鮮に「自衛」と称して核・ミサイル開発や実験を正当化する口実を与えかねない - 11月12日(日)13:26  seijinewsplus

https://www.ehime-np.co.jp/article/news201711125173  トランプ米大統領が日本、韓国、中国の東アジア訪問を終えた。最大の焦点は、北朝鮮の核・ミサイル開発断念へ、各国と協調関係を築けるかどうかだった。しかし、トランプ氏は「力による平和」を掲げ、軍事力行使の可能性にも言及。朝鮮半島周辺に空母3隻や原子力潜水艦を展開させ、危機を利用して、日韓に兵器を売り込んだ。武力衝突は絶対に避けねばならず、冷静な話し合いによる解決の道筋を探るべきだ。  軍事力の誇示は、問題解決にとって障害でしかない。北朝鮮に「自...
»続きを読む
カテゴリー:

【外交】安倍首相、プーチン大統領と20回目の会談 平和条約締結問題を中心に議論 - 11月11日(土)18:42  newsplus

安倍晋三首相は10日午後(日本時間同)、ベトナム中部ダナン市内のホテルでロシアのプーチン大統領と会談した。 両首脳は核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に関し、国連安全保障理事会の対北制裁決議を厳格に履行することを確認し、緊密に連携していくことで一致した。  首相は会談で「日露共通の目標である北朝鮮の非核化のためには安保理決議の完全な履行が不可欠だ」と強調した。 その上で「ロシアにさらに大きな役割を果たしてもらいたい」と協力を求めた。 会談後、首相は記者団に「北朝鮮については相当突っ込んだ議論をした...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「制裁決議」の画像

もっと見る

「制裁決議」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる