「初飛行」とは?

関連ニュース

“空飛ぶ原付”開発に密着! 5/21 17:13更新 - 05月21日(月)17:13 

いま世界中で「次世代の乗り物」の開発競争が熱を帯びる中、神戸市でパイロットがいなくても自動運転で飛ぶ個人用の飛行機開発が始まった。2022年の完成が目標で、試行錯誤の末、先日ついに試作機第一号が初飛行の日を迎えた。果たして、結果は…。
カテゴリー:

唯一の国産旅客機「YS11」、3年ぶりに離陸! 民営化でお荷物になり、追い出される - 05月11日(金)19:31  news

YS11 3年ぶり離陸へ 高松空港から能登空港に 高松市の高松空港に2015年から駐機されている、戦後唯一の国産旅客機「YS11」が11日、 同空港を3年ぶりに離陸し、能登空港(石川県輪島市)へ移る。高松空港ではイベントで地上走行を 披露するなどファンに親しまれてきたが、今年4月の民営化に伴って駐機場の拡充も計画されており、 従来通りに駐機し続けることが難しくなっていた。【植松晃一】 YS11を所有する航空機整備会社「エアロラボインターナショナル」(大阪府八尾市)によると、 機体は国土交通...
»続きを読む
カテゴリー:

【航空機】「エアフォース・ウン」の実力は? 平壌からシンガポールまで4800km 北朝鮮・金正恩委員長の乗機に“つっかえ棒” - 05月11日(金)11:21  newsplus

■米中朝の間で慌ただしく動く要人たち 7日に金正恩委員長が、北朝鮮の要人輸送機である旧ソ連のイリューシン62M(IL-62M)型機で、中国・大連に乗り込み、中国の習近平主席との会談に臨んだ。 北朝鮮のトップが搭乗していたということで、米大統領の搭乗機、エアフォースワンになぞらえ、同機を米ワシントンポストや英デイリーメールは「エアフォースウン」と呼んだ。イリューシン62Mは、1963年に初飛行を行った旧ソ連を代表する旅客機のひとつ。 T字尾翼、機体後部に4発のジェットエンジンという構成で、テイルヘビーなのか、機...
»続きを読む
カテゴリー:

超音速ジェット、開発加速 ロッキードは21年初飛行、ベンチャーも続々 - 05月09日(水)06:01 

 米国で超音速旅客機の開発に向けた動きが本格化してきた。航空宇宙大手ロッキード・マーチンが4月はじめ、航空宇宙局(NASA)から超音速ジェット機の実験機開発を受注したのをはじめ、新興企業による開発も進んでいる。低騒音化の技術が成功の鍵を握る。
カテゴリー:

【戦闘機】F35、開発試験終了 最新鋭機が極東に集中する可能性も - 04月24日(火)07:18  newsplus

 レーダーに映りにくい「ステルス機」のなかで最新鋭のF-35ライトニングIIを製造する米国ロッキード・マーティン社は13日、2006年から実施してきたF-35の開発飛行試験(SSD)を終了し「システム開発と実証の段階をクリアした」と発表した。今後は初期運用テストと評価(IOT&E)に進み、大量生産が加速するとともに段階的な能力向上にも着手される。同時に部隊配備や他国への供与も加速するとみられ、特に極東では日本と韓国への配備が軌道に乗ると共に、台湾への供与の可能性も高まっている。(岡田敏彦)  ...
»続きを読む
カテゴリー:

TAPポルトガル航空のエアバスA330neoが初飛行--2018年夏に納入へ - 05月16日(水)12:23 

エアバスは現地時間の5月15日、ローンチオペレーターであるTAPポルトガル航空のA330neo(MSN1819)が初飛行を実施したと発表した。飛行時間は4時間32分におよんだ。MSN1819はエアバスキャビンを搭載した最初の飛行機であり、テスト飛行中に空調や乗員のレストルームなどキャビンシステムをチェックするために、機内には飛行試験計器を装備している。
カテゴリー:

YS11、3年ぶり飛行=能登空港で保管へ-高松 - 05月11日(金)16:12 

 民間企業が所有し、高松空港(高松市)で保管されていた戦後初の国産プロペラ旅客機「YS11」が11日、新たな保管場所となる能登空港(石川県輪島市)に向け離陸した。同機の飛行は3年ぶりで、高松空港にはカメラを手にした大勢の航空ファンが集まった。 同機を所有する航空関連会社「エアロラボ・インターナショナル」(大阪府八尾市)によると、国内で飛行可能なYS11型機は他にないという。高松空港での保管が難しくなり、能登空港にキャンパスを置く日本航空学園が今月、場所の無償提供を申し出た。 YS11は初の国産旅客機として開発され、1962年初飛行。しかし、輸出が思うように伸びず、73年に生産中止となり、民間機や自衛隊機も全て退役した。この日飛んだのは、国土交通省が電波施設の点検に使用していた機体で、エアロ社が落札し、高松空港に移動させた15年5月以来の飛行となった。 【時事通信社】
カテゴリー:

ロシアの戦勝記念パレード、登場する最新兵器は - 05月09日(水)14:49 

ロシアは9日、第2次世界大戦での対ドイツ戦勝を祝う恒例の式典をモスクワにある「赤の広場」で実施する。リハーサルの様子から、パレードに登場するとみられるロシア軍の最新兵器の概要が明らかになった。 ◇ スホーイ57型戦闘機 スホーイ57型戦闘機は、ロシア初の国産第5世代ステルス戦闘機。初飛行は2010年に実施済みだが、空軍への正式な編入はまだ行われていない。 国営メディアによると、国防相は今年2月、...
カテゴリー:

【自動車】「空飛ぶクルマ」、12日にも愛知で初の実用試験飛行実施・・・トヨタやパナソニックなどが協力、東京五輪開会式でお披露目か? - 05月04日(金)11:22  newsplus

産経新聞 2018.5.4 05:00 2020年東京五輪の開会式での飛行を目指して「空飛ぶクルマ」の開発を進めている民間の有志団体が、原型となる実用サイズの無人機を12日にも初めて飛ばすことが3日、分かった。 愛知県内で数カ月かけて飛行試験を実施し、来年初めに飛ばす有人機の開発につなげる。 有志団体は自動車や航空業界の若手技術者らで構成する「カーティベーター」。初飛行は同県豊田市内の廃校で行う。 校庭跡地に高さ約5メートルの覆いを設け、その中で数メートルの高さに無人機を飛ばして飛行の安定性などを確認する。...
»続きを読む
カテゴリー:

「初飛行」の画像

もっと見る

「初飛行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる