「初飛行」とは?

関連ニュース

【カザフスタン】忘れ去られたソ連版「スペースシャトル」、カザフの草原に眠る - 02月17日(土)18:46  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35112387.html 2018.02.17 Sat posted at 11:30 JST (CNN) 冷戦時代にソビエト連邦が米国のスペースシャトルに対抗して製造した宇宙船「ブラン」は、わずか1度飛行した後に使用停止となった。当時、ソ連が進めていたブラン計画の遺物が、今もカザフスタンの草原に放置されている。 現在、シャトル2機とロケット1機が使用されなくなった格納庫に保管されているが、一般公開はされていない。この格納庫はモスクワの南東約2400キロに位置するバイコヌール宇宙基地内にあり、近くにはブラン...
»続きを読む
カテゴリー:

SpaceX、次期Falcon 9で自社の衛星ブロードバンドサービスをテスト - 02月15日(木)09:11 

SpaceXは次期Falcon 9の打ち上げを2月17日に予定している。主要な貨物はスペインの地球観測衛星、Pazだが同乗するもうひとつの積荷の方が興味深い。SpaceX自身は衛星を利用したブロードバンドインターネット通信サービスをテストするために、自社の通信衛星2基を軌道に送り込む。 ロケットに載せられるのはMicrosat-2AおよびMicrosat-2B(via TheNextWeb)という小型の衛星で、稼働期間はわずか20カ月だ。いずれもKu帯ブロードバンド無線送受信機を備え、低地球軌道から地球上に通信環境を提供する能力をテストする。 SpaceXは長期利用可能な本格的ブロードバンド通信衛星を打ち上げる前にこのテストを行う。同社はロケット発射事業に加えて、宇宙ベースの安価なブロードバンドを地上に提供することを新たな収入源として考えている。衛星インターネットサービスが利益を生めば、同社が構想する野心的火星ミッションなどのプロジェクトを賄うことができる、とSpaceX CEO Elon Muskが同社の長期計画の概説で語っていた。 Microsatを軌道に打ち上げることは、同社のブロードバンド事業を現実にする最初の一歩にすぎないが、SpaceXの壮大なビジョンが進展していることを示す良い兆候だ。SpaceXは、今月始めにFalcon Heavyの初飛行に成功し、今年中に有人宇宙...more
カテゴリー:

【軍事】中国空軍、殲20戦闘機の実戦配備を発表 - 02月09日(金)23:51  newsplus

2/9(金) 23:27配信 産経新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000602-san-cn  【北京=藤本欣也】中国空軍は9日、国産の次世代ステルス戦闘機「殲(J)20」を実戦配備したと発表した。 レーダーに捕捉されにくい同機の配備を受け、東シナ海や南シナ海の海洋権益拡大に向けた軍の動きが活発化する恐れがある。  米軍のステルス戦闘機、F22を意識して開発された殲20は2011年に試作機が初飛行。 16年に広東省珠海で開かれた航空ショーで初公開された後、昨年7月の中国人民解放軍建軍90周年の軍事...
»続きを読む
カテゴリー:

【航空】エアバス 長距離用新型機A321LR、初飛行に成功 - 02月02日(金)00:19  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/business/35114072.html 2018.02.01 Thu posted at 20:00 JST シアトル(CNNMoney) 欧州の航空機メーカー大手エアバスは1月31日、新型の旅客機「A321LR」の初飛行を行った。客室内に1本の通路を持つナローボディー機としては現時点で世界最長の航続距離を誇る機体で、新たな路線の開拓を目指す航空各社から導入を待ち望む声が上がっていた。 大西洋を横断するルートを想定して設計されたA321LRは、1度の給油で4000海里(約7400キロ)の距離を飛行可能。時間にすればおよ...
»続きを読む
カテゴリー:

忘れ去られたソ連版スペースシャトル「ブラン」カザフの草原に眠る。これ日本に来てなかったっけ? - 02月17日(土)17:42  news

冷戦時代にソビエト連邦が米国のスペースシャトルに対抗して製造した宇宙船「ブラン」は、わずか1度飛行した後に使用停止となった。 当時、ソ連が進めていたブラン計画の遺物が、今もカザフスタンの草原に放置されている。 現在、シャトル2機とロケット1機が使用されなくなった格納庫に保管されているが、一般公開はされていない。 この格納庫はモスクワの南東約2400キロに位置するバイコヌール宇宙基地内にあり、近くにはブランの初飛行時に使用された発射台もある。 ロシア語で「吹雪」を意味するブランのデザインは、米...
»続きを読む
カテゴリー:

エイ・キューブド、自動操縦の垂直離着陸機の初飛行に成功 - 02月14日(水)20:42 

A³ by Airbus(エイ・キューブド)が開発を勧めている自動操縦の垂直離着陸機「Vahana(バハナ)」が、現地時間1月31日、アメリカ・オレゴン州のペンドルトンにあるペンドルトンUAS試験場で初飛行に成功した。 実物大の機体が完全自動操縦で高さ約5メートルまで上昇し、53秒間飛行した。翌2月1日にも飛行し、成功した。 プロジェクト・エグゼクティブのザック・ラバリング氏は、「本日、私たちは航空宇宙のイノベーションにおいて偉業を達成しました。ナプキンに描いたコンセプトスケッチから2年足らずで、バハナは実物大の自動操縦航空機へと進化し、初飛行を成功させました。私たちのチームはA³とエアバスのファミリー企業、MTSIやペンドルトンUAS試験場などのパートナーから受けたサポートに、心から感謝しています。」とコメントした。 エイ・キューブドは2015年5月に設立した、エアバスのプロジェクト組織でアメリカのシリコンバレーに拠点を置いている。スピード、透明性、献身という3つの特質を中心にプロジェクトに取り組み、製品化が可能なデモンストレーション機や説得力のあるサイズのデモンストレーション機の制作を行っている。
カテゴリー:

【空飛ぶタクシー🚁】エアバスの「ヴァーハナ」初飛行に成功! 自動操縦の1人乗り機体 - 02月06日(火)00:30  newsplus

エアバスの空飛ぶタクシー「ヴァーハナ」初飛行に成功 自動操縦の1人乗り機体 2018/02/05 http://sorae.info/030201/2018_02_05_vahana.html エアバスは現在空飛ぶタクシー計画「ヴァーハナ(Vahana)」を進めていますが、2018年1月31日にオレゴン州ペンドルトンにてそのプロトタイプ機「Alpha One」が53秒の初飛行に成功しました。   発表によれば、31日の午前中にAlpha Oneは高度5メートルまでの浮上と、着陸に成功。これらはすべて自動操縦にて実施されました。 機体は電動マルチローターを搭載したVTOL機となっており、離...
»続きを読む
カテゴリー:

「初飛行」の画像

もっと見る

「初飛行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる