「初等教育」とは?

関連ニュース

「留学したい」我が子の決断、保護者がおさえたい3つのポイント - 05月25日(木)07:45 

 空の便や情報網、都市環境の整備により、保護者の学生時代よりはるかに身近になった「留学」という選択。興味のある分野をより深く学び、異国の地で研鑽を積もうとする子どもには、将来の可能性を拡げる一つの道として有効だろう。 しかし、数十年の人生経験しかない我が子を海外へ送り出すには、保護者自身の知識や心構えも必須だ。焦燥感やその場の勢いだけで留学可否を判断しないためには、一体どんな点を考慮すればよいだろうか。エデュケーション・ニュージーランド 国際戦略部門代表のClive Jones氏に話を聞いた。◆我が子の留学、保護者が気をつける3つのポイント ニュージーランドの留学戦略を主導する“仕事人”としての顔を持つ反面、四姉妹の父親としての顔も持つJones氏。長女はイギリス・ロンドンへ留学中のため(2017年3月時点)、送り出す保護者の気持ちも、迎える国側の気持ちも理解している。 Jones氏によると、子どもが留学を考えた際、特に保護者が考慮すべき点は「安全性」と「学費」、そして「教育の質」にある。1、留学先の安全性 子どもを海外へ送り出すうえでもっとも大切なことはやはり、留学先の安全性だろう。国全体だけでなく、滞在する学校や居住区のあるエリアがどのような場所であるか、必ず事前にチェックしておこう。 留学先の安全性を確かめる具体的な指標の一つには、イギリスの経済誌「Economist(エコノ...more
カテゴリー:

レノボジャパン、10.1型2in1タブレットPCのコンシューマーモデル(ニュース) - 05月16日(火)17:25 

 レノボ・ジャパンは2017年5月16日、10.1型2in1タブレットPC「Lenovo ideapad Miix 320」のコンシューマー向けモデルを5月26日から販売開始すると発表した。主に初等教育向けを想定したコマーシャルモデルとして3月28日に発表した製品で、今回廉価なコンシューマーモデルを追加発売する。
カテゴリー:

「初等教育」の画像

もっと見る

「初等教育」の動画

Wikipedia

初等教育(しょとうきょういく, Primary education)は、通常5-7歳から開始される段階の教育であり、ISCEDではレベル1に分類され、大抵6年間である。

これはISCEDレベル0の就学前教育幼稚園認定こども園など)の後に続く過程であり、言語の読解・綴字(識字)、基礎計算などの人間の社会生活能力の育成が重要視され、大部分の義務教育無償教育となっている。

国際連合のミレニアム開発目標においては、「(2A) 2015年までに、全ての子どもが男女の区別なく初等教育の全課程を修了できるようにする」と合意されている。

ヨーロッパ
  • フランス - エコール・プリメール(ecole primaire)。5年間。
  • オランダ - basisschool(英:Basic school)。5歳から開始される8年間の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる