「初公判」とは?

関連ニュース

愛知製鋼:元専務、無罪主張 情報漏えい名古屋地裁初公判 - 06月27日(火)22:44 

 トヨタ自動車グループの特殊鋼メーカー「愛知製鋼」の営業秘密を漏らしたとして、不正競争防止法違反(営業秘密開示)に問われた元同社専務、本蔵(ほんくら)義信被告(67)は27日、名古屋地裁(奥山豪裁判長)の初公判で無罪を主張した。起訴内容について「否認します。私は無罪だと思っています」と述べた。
カテゴリー:

旭川飲酒運転初公判「危険運転」を否認 - 06月27日(火)20:14 

去年5月、旭川で飲酒運転で事故を起こし、小学校教諭の女性を死亡させたとして危険運転致死などの罪に問われている男が26日の初公判で起訴内容を一部否認しました。HBC昼ニュースで放送 2017年06月26日(月) 12時00分 更新
カテゴリー:

旭川飲酒運転初公判「危険運転」を否認 - 06月27日(火)12:34 

去年5月、旭川で飲酒運転で事故を起こし、小学校教諭の女性を死亡させたとして危険運転致死などの罪に問われている男が26日の初公判で起訴内容を一部否認しました。HBC昼ニュースで放送 2017年06月26日(月) 12時00分 更新
カテゴリー:

埼玉・16歳傷害致死:18歳、起訴内容認める 初公判 - 06月26日(月)21:04 

 埼玉県東松山市の都幾川(ときがわ)河川敷で昨年8月、同県吉見町の井上翼さん(当時16歳)が遺体で見つかった事件で、傷害致死罪に問われたリーダー格とされる無職少年(18)の裁判員裁判の初公判が26日、さいたま地裁であり、少年は「間違いありません」と起訴内容を認めた。判決は7月11日の予定。
カテゴリー:

【裁判】飲酒運転で時速119キロ超 事故を起こし女性を死亡させた被告、「危険運転」否認…旭川地裁で初公判 - 06月26日(月)19:42 

飲酒運転で"時速119キロ超 被告は危険運転"否認" 遺族「妻の無念話したい」 旭川地裁 2017年6月26日19:08 北海道旭川市の国道で2016年5月、飲酒運転で事故を起こし、 女性を死亡させたとして危険運転致死の罪に問われている男の裁判員裁判。 6月26日、旭川地方裁判所で初公判が開かれ、男は起訴内容を一部否認しました。 亡くなった朱希さんの夫 中島康博さん:「飲酒運転や危険な運転が無くなって欲しいという願いを持って、 6月26日、来ました。(被告は)人ひとりの命を奪ったし、 (裁判員には)加害者の...
»続きを読む
カテゴリー:

愛知製鋼元専務が無罪主張=技術情報漏えい事件-名古屋地裁 - 06月27日(火)21:30 

 トヨタ自動車グループ「愛知製鋼」(愛知県東海市)のセンサー技術の営業秘密を他社に漏らしたとして、不正競争防止法違反罪に問われた元専務本蔵義信被告(67)の初公判が27日、名古屋地裁(奥山豪裁判長)であった。本蔵被告は「一般的に知られた設計情報で、営業秘密に当たらない」と述べ、無罪を主張した。 起訴状によると、本蔵被告は同社元社員=同法違反罪で起訴=と共謀し、不正に利益を得る目的で2013年4月、岐阜県の同社工場で、スマートフォンの位置情報認識などに使われる高感度磁気センサー製造の情報をホワイトボードに図で示し、大阪市の電子部品会社の社員に説明したとされる。 検察側は冒頭陳述で、この際の説明内容について、「愛知製鋼が非公開で管理していた営業秘密」と主張。弁護側は「精緻な技術情報ではなく、技術者の構想にとどまる」と反論した。 【時事通信社】
カテゴリー:

旭川飲酒運転初公判「危険運転」を否認 - 06月27日(火)19:48 

去年5月、旭川で飲酒運転で事故を起こし、小学校教諭の女性を死亡させたとして危険運転致死などの罪に問われている男が26日の初公判で起訴内容を一部否認しました。HBC昼ニュースで放送 2017年06月26日(月) 12時00分 更新
カテゴリー:

「全て争う」初公判で無罪主張 - 06月27日(火)00:24 

「全て争う」初公判で無罪主張:京都地方裁判所には、筧 千佐子被告(70)の裁判の傍聴券を求めて、長い列ができた。...
カテゴリー:

旭川飲酒運転初公判「危険運転」を否認 - 06月26日(月)20:24 

去年5月、旭川で飲酒運転で事故を起こし、小学校教諭の女性を死亡させたとして危険運転致死などの罪に問われている男が26日の初公判で起訴内容を一部否認しました。HBC昼ニュースで放送 2017年06月26日(月) 12時00分 更新
カテゴリー:

「犯行、筧被告だけ可能」=夫と二人きり、カプセル購入-青酸殺人で検察・京都地裁 - 06月26日(月)19:19 

 京都や大阪、兵庫で起きた男性らの連続不審死事件で、3人の殺人罪と1人の強盗殺人未遂罪に問われた筧千佐子被告(70)の初公判は26日午後も京都地裁(中川綾子裁判長)で続いた。夫の筧勇夫さん=当時(75)=の事件に関する検察、弁護側双方の冒頭陳述が行われ、検察側は勇夫さん死亡時の状況などから「犯行は被告にのみ可能」と述べた。 勇夫さんは2013年12月28日に京都府向日市の自宅で死亡。検察側は冒頭陳述で、勇夫さんはカプセル入りの青酸化合物を服用させられたと主張した。隣人1人と話したことを除けば、自宅には同日、筧被告と勇夫さんの2人しかおらず、同被告が通信販売でカプセル型健康食品を事前に購入していたと指摘。青酸を飲ませることができたのは被告だけで、このカプセルに青酸を入れたとした。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「初公判」の画像

もっと見る

「初公判」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 公判...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる