「刑事裁判」とは?

関連ニュース

「帰還事業は人道に対する罪」 脱北女性がICCに捜査申し立て - 02月21日(水)05:38 

 戦後の在日朝鮮人の帰還事業で北朝鮮に渡り、その後、脱北して日本に戻った川崎栄子さん(75)が「帰還事業は人道に対する罪だ」として、20日、オランダ・ハーグのICC=国際刑事裁判所に対し、捜査するよう申し立てを行いました。
カテゴリー:

北朝鮮帰還事業「法律で裁きを」 国際刑事裁判所で申し入れへ - 02月16日(金)19:43 

戦後の帰還事業で北朝鮮に渡り、その後脱北して日本に戻った川崎栄子さん(75)が16日、東京都内で記者会見し、事業が...
カテゴリー:

松本潤『99.9』第5話は清原果耶、アキラ100%、大原優乃がゲスト! - 02月11日(日)06:00 

嵐の松本潤が主演を務める連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系、毎週日曜21:00~)第5話が、2月11日に放送。今回は、清原果耶、アキラ100%、大原優乃らがゲスト出演する。個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑む姿を描く本ドラマ。松本は、主人公の弁護士・深山大翔を、木村文乃が元裁判官の尾崎舞子を演じている。今回は、清原が強制わいせつ事件の被害者である女子高生を、アキラが焼肉屋の店員を、大原がダンサー役で出演。そのほか、藤本隆宏、渡辺真起子、市川理矩、福山翔大、吉沢梨絵、矢柴俊博、榎木孝明といった面々もゲスト出演する。ある日、大怪我をした志賀(藤本)と奈津子(渡辺)が相談にやってきた。志賀が怪我して動けないので、請け負った刑事裁判の弁護を協力してほしいという。その刑事事件とは、女子高生・工藤久美子(清原)に対する強制わいせつ事件。17歳の山崎大輝(市川)とその友人・大江徳弘(福山)が、久美子の証言により、容疑者として起訴されていたのだ。さらに、調書によると山崎は一度自白をしてしまっていた。さっそく山崎の元へ接見に行った深山と舞子は、山崎が警察に脅されて自白したということを知る。さらに、「事件当日は焼肉屋にいた」と証言が飛び出す。しかし、焼肉屋の店員(アキラ)は、客を一人一人覚えておらず、アリバイが取れない。そこで...more
カテゴリー:

国際刑事裁判所、フィリピン大統領の麻薬戦争巡り予備調査 - 02月09日(金)11:59 

強硬な麻薬撲滅政策を進めるフィリピンのドゥテルテ大統領に対し、国際刑事裁判所(ICC)が捜査の必要性について判断するための予備調査に着手した。ロケ大統領報道官が8日、ICC検察局から通告があったことを記者団に明らかにした。 ロケ報道官は、「人道に対する罪を犯したとして非難されることに大統領はうんざりしているので、今回の予備調査も歓迎すると述べていた」と話し、ICCの予備調査は反論の好機と受け止...
カテゴリー:

【憲法9条】自衛官の安保出動拒否、東京高裁が審理差し戻し 「安保関連法、司法の黙認が許されないことを示した」 - 02月04日(日)15:12  newsplus

安全保障関連法に基づく防衛出動は憲法9条違反だとして、茨城県の陸上自衛官の男性が国を相手取って、「存立危機事態」での命令に従う義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は1月31日、訴えを却下した東京地裁判決を取り消し、審理を東京地裁に差し戻した。 報道によると、杉原則彦裁判長は、「出動命令に従わない場合、刑事罰の懲戒処分を受ける可能性があり、訴えの利益はある」と述べた。安保関連法をめぐる現役自衛官の「訴えの利益」を認めて、裁判で争えるとした判断は初めてだという。 自衛官の男性は、...
»続きを読む
カテゴリー:

レイプ処罰の条件厳しく…セクハラ裁判判例に見る司法の限界 - 02月17日(土)16:00 

'17年10月、米国ハリウッドの大物映画プロデューサー・ワインスタイン氏によるセクハラ疑惑が報じられたのを受け、女優のアリッサ・ミラノが、同様の被害を受けたことの女性たちに向けて、「#MeToo(私も)」を合言葉に名乗りを上げるようツイッターで呼びかけた。 これに応え、有名スターたちだけでなく一般人も続々と行動を起こし、やがて世界的なムーブメントになった。 日本にも瞬時に波及。「#MeToo」運動をきっかけに、政界、教育界、スポーツ界から元NHKの看板アナウンサーの事件まで、押さえ込まれていたセクハラ告発が噴出。長らくセクハラ後進国に甘んじていた社会が、「絶対にNO」と認識を変えた。 「日本では、性暴力被害に遭っても、被害者が警察に相談したり、裁判で加害者を訴えたりということは、とても少ないのが現状です。加害者側が、職場の上司や取引先、師弟といった上下関係を利用したケースが多いので、訴えることで報復を受けたり、職を失ったりすることを怖れて、我慢せざるをえないことがあるからです」 そう語るのは、弁護士の太田啓子さん。太田さんはセクハラ裁判における「日本の司法」に限界を感じている。 「勇気を出して警察に相談しても、性犯罪の捜査の過程で「どこをどう触られたのか」「そのとき、どのような体勢だったのか」など詳細に説明させられ、精神的に耐えられなくなってしまうことも。そのうえ、刑事事...more
カテゴリー:

堀潤が問いかける 「核兵器」なき世界の抑止力は何か? - 02月12日(月)07:00 

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「ICAN」です。 昨年、ノーベル平和賞に輝いた「ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)」とは、101か国468団体が参加している国際NGO。「核兵器禁止条約」が国連で採択されるよう働きかけた功績が認められ受賞に至りました。ICANは、核戦争防止国際医師会議という組織を母体とし、2007年にオーストラリアで発足し、2011年からジュネーブに国際事務所を置いています。日本からはNGO「ピースボート」が参加し、幹部を担っています。ピースボートは被爆者の方々とともに船で世界中を回り、各国で核廃絶を訴えてきたんですね。 国際条約では、地雷や毒ガス、化学兵器などが使用を禁止されており、違反すれば国際刑事裁判所で処罰されます。核兵器もそれらに加え、開発や保有も禁止しようというのが、核兵器禁止条約。昨年7月の国連で122か国の賛成を得て採択されました。ところが、肝心の常任理事国やNATOに加盟するヨーロッパの国々、インド、パキスタン、イスラエルら核保有国、そして日本もこの条約の交渉会議に参加しなかったのです。日本はアメリカの核の傘に守られているため、核兵器保有も禁止する条約には反対の立場。より現実的な対策として「核兵器廃絶決議」を24年間連続して国連総会に提出しています。この決議案は、核の...more
カテゴリー:

松本潤『99.9』第5話は清原果耶、アキラ100%、大原優乃がゲスト! - 02月09日(金)16:14 

嵐の松本潤が主演を務める連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系、毎週日曜21:00~)第5話が、2月11日に放送。今回は、清原果耶、アキラ100%、大原優乃らがゲスト出演する。個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑む姿を描く本ドラマ。松本は、主人公の弁護士・深山大翔を、木村文乃が元裁判官の尾崎舞子を演じている。今回は、清原が強制わいせつ事件の被害者である女子高生を、アキラが焼肉屋の店員を、大原がダンサー役で出演。そのほか、藤本隆宏、渡辺真起子、市川理矩、福山翔大、吉沢梨絵、矢柴俊博、榎木孝明といった面々もゲスト出演する。ある日、大怪我をした志賀(藤本)と奈津子(渡辺)が相談にやってきた。志賀が怪我して動けないので、請け負った刑事裁判の弁護を協力してほしいという。その刑事事件とは、女子高生・工藤久美子(清原)に対する強制わいせつ事件。17歳の山崎大輝(市川)とその友人・大江徳弘(福山)が、久美子の証言により、容疑者として起訴されていたのだ。さらに、調書によると山崎は一度自白をしてしまっていた。さっそく山崎の元へ接見に行った深山と舞子は、山崎が警察に脅されて自白したということを知る。さらに、「事件当日は焼肉屋にいた」と証言が飛び出す。しかし、焼肉屋の店員(アキラ)は、客を一人一人覚えておらず、アリバイが取れない。そこで...more
カテゴリー:

【岩手】保育園で1歳児に塩飲ませ死亡 遺族が提訴/盛岡 - 02月08日(木)15:40  newsplus

盛岡市の認可外保育園で、1歳の女の子に食塩を入れた液体を飲ませて死亡させたとして起訴されている34歳の元園長に対し、女の子の遺族は7日、6000万円あまりの賠償を求める訴えを裁判所に起こしました。 盛岡市菜園にあった認可外保育園の元園長、吉田直子被告(34)は、平成27年8月、施設で預かっていた当時1歳の下坂彩心ちゃんに食塩を入れた乳児用の液体を飲ませて塩化ナトリウム中毒で死亡させたとして業務上過失致死の罪に問われています。 これについて、彩心ちゃんの両親の代理人は7日、盛岡地方裁判所を訪れ、...
»続きを読む
カテゴリー:

【最高裁】オウム裁判、完全に終結=高橋被告の異議棄却―最高裁 - 01月26日(金)22:00  newsplus

オウム裁判、完全に終結=高橋被告の異議棄却―最高裁 1/26(金) 18:49配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000142-jij-soci  オウム真理教による地下鉄サリン事件で、散布役を送迎したとして殺人などの罪に問われた元信者高橋克也被告(59)について、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は25日付で、上告棄却に対する異議申し立てを退ける決定をした。  無期懲役とした一、二審判決が確定し、192人が起訴された一連のオウム関係者の刑事裁判は、教団への強制捜査から約23年を経て完全に終結した。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「刑事裁判」の画像

もっと見る

「刑事裁判」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 裁判...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる