「刈屋富士雄」とは?

「刈屋富士雄」の画像

もっと見る

「刈屋富士雄」の動画

Wikipedia

刈屋 富士雄(かりや ふじお、1960年4月3日 - )は、NHKのシニアアナウンサー兼解説委員。

人物

静岡県立御殿場南高等学校を経て早稲田大学を卒業後、1983年入局。大学では北欧の政治・社会制度研究の第一人者である比較政治学者・岡沢憲芙教授のゼミで学んだほか、漕艇部に所属し、対校8+(エイト)で当時の日本新記録を樹立した時のメンバーでもある。

主に大相撲やオリンピック中継などスポーツ中継を担当し、NHKの看板スポーツアナの一人であるが、2005年以前には、教育、教養番組、健康情報番組のキャスターを担当していたこともある。他、ディープインパクトの三冠達成時の菊花賞レース実況も担当。

2004年、アテネオリンピックにおいて、体操男子団体決勝の実況を担当し、28年ぶりの金メダルを目前にした日本チームの冨田洋之が最後の鉄棒に臨み、数々の技が決まり、フィニッシュの伸身の新月面宙返りの場面で刈屋は「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」と叫んだ。それと同時に富田は着地に成功し、日本は金メダルを獲得。表彰式では「オリンピック発祥の地アテネ、その真ん中に日の丸が上がりました」と実況した。この実況は日本に...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる