「切り札」とは?

関連ニュース

【山口】海外留学が卒業条件 下関・東亜大、今年度入学から全員 - 04月26日(木)16:55  newsplus

 下関市の東亜大は、今年度入学の学生から海外での研修・留学を卒業の条件とする新制度を開始した。制度の愛称は、幕末、長州藩から欧州に藩士が派遣された史実にちなみ「次世代長州ファイブプロジェクト」。学部に関係なく全員を海外に送り出すのは珍しく、同大は「海外に興味が持てない学生にも、一歩を踏み出すきっかけとしてほしい」としている。  同大は、人間科学部、医療学部、芸術学部の3学部。アジアを中心に協定校・提携校が45校ほどあり、もともと一部の学科では留学が必須だったが、今春から全学部に広げることにした...
»続きを読む
カテゴリー:

【京都】人もネコも一緒に食べられる缶詰/京丹後市峰山町の町おこし - 04月25日(水)11:09  newsplus

◆人もネコも食べられる缶詰!? 京都府の京丹後市峰山町は、町の歴史と関わりの深い「ネコ」に着目した町の活性化に取り組んでいます。 その切り札が何ともユニーク。ネコと心が通っちゃうかも? かつて養蚕業で栄えた京丹後市峰山町。 織物と養蚕の神様をまつる地元の神社には「こまいぬ」ならぬ「こまねこ」がおよそ200年にわたって鎮座しています。 なぜネコなのか。 神社の宮司さんによると、ネコは蚕や織物の天敵であるネズミを退治してくれることから、地元の人々にとって神様のような存在だったのだそうです。 この「...
»続きを読む
カテゴリー:

大麻合法化加速の米国、ボブ・マーリー息子が殺虫剤使用の危険性を訴える - 04月24日(火)17:00 

ボブ・マーリーの息子であり、レゲエ・シンガーのジギー・マーリーは、大麻合法化が進む米国において、殺虫剤成分を含むマリファナ使用の危険性をローリングストーン誌に語った。何十年にも渡る議論の末、現在世界各地でマリファナの合法化が進んでいる。大麻が一般的なものになりつつある今だからこそ、人体に悪影響を及ぼす安価で粗悪なものが出回らないよう、消費者も提供する側も意識を高めていく必要がある。大麻産業においては、消費者の健康が最優先されるべきだ。生産者、調剤師、そしてメーカーはその消費形態にかかわらず、マリファナが消費者の健康に害を及ぼすことがないよう、モラルとビジネスの両面において高い基準を設けるべきだ。大麻産業が拡大し続ける現在、利益を優先しようとする企業が人体に有害な殺虫剤成分を含むマリファナを流通させないよう、我々消費者は常に目を光らせていなければならない。ある産業の市場が拡大し、企業が手にする利益が増えるにつれて、消費者の健康が軽視されるようになるというケースは後を絶たない。同じことがマリファナ産業に起きた場合、大麻のスピリットそのものが破壊され、粗悪な大量生産品ばかりが出回るようになってしまうだろう。農薬に含まれる殺虫剤成分は、人体に悪影響を及ぼすことが既に立証されている。消費者は口にする食べ物に有害物質が含まれていないかどうかを、極めて慎重に見極める必要がある。大麻の摂取において...more
カテゴリー:

【日米】トランプ大統領「交渉ごとでタフなシンゾーがゴルフまでタフになったら困るじゃないか!」 新通商協議、首相の切り札は… - 04月23日(月)12:34  newsplus

安倍晋三首相とトランプ米大統領の6回目となる日米首脳会談は、ゴルフ会談を含めると2日間で延べ10時間に及んだ。米朝首脳会談を控え、日米同盟の強固さをまたもや国際社会に示したが、通商問題では激しい応酬も繰り広げられた。首相は「トランプ大統領とならばどんな困難も乗り越えられる」と自信を見せるが、会談の舞台裏では一体何があったのか-。 ■ハンバーガーもどうだ?  米フロリダ州パームビーチは雲ひとつない夏空が広がっていた。首相、安倍晋三と米大統領、ドナルド・トランプの3度目の日米ゴルフ対決は18日午前...
»続きを読む
カテゴリー:

【女子サッカー】二条市場カニ販売店勤務“仕事人”FW最上愛里が決めた…ノルディーア北海道が史上初の開幕2連勝 - 04月23日(月)08:12  mnewsplus

カニ販売店勤務“仕事人”最上愛里が決めた…ノルディーア北海道が史上初の開幕2連勝 4/23(月) 7:23配信 スポーツ報知 後半ロスタイムに最上(右から2人目〈22〉)のゴールで勝ち越し、喜ぶノルディーア北海道イレブン ノルディーア北海道が、ホーム開幕戦で常盤木学園高を2―1で下した。 試合終了間際に途中出場のFW最上愛里(25)が決勝ゴール。 クラブ史上初の開幕2連勝とし、チームは単独首位に浮上した。 体が瞬時に反応した。後半ロスタイム。 右CKからFW丸形梨恵(26)が頭で落としたこぼれ球を、最上...
»続きを読む
カテゴリー:

麻生久美子&神木隆之介が漫画名シーン熱演 「Renta!」web動画&新CM - 04月25日(水)17:44 

俳優の麻生久美子と神木隆之介が出演する、電子書籍レンタルサイト「Renta!」の第4弾CMが放映されることが25日、わかった。新CM「Renta! 姉の切り札」編が、27日よりOAされる。
カテゴリー:

W杯メンバー入りを目指す井手口陽介をスペインで直撃!「刺激も感じなくなったら早く海外に行くしかない」 - 04月25日(水)11:00 

ロシアW杯出場を決めたオーストラリア戦でのミドルシュートは鮮烈だった。ハリルジャパンを象徴する存在だったはずの井手口陽介が、新天地で思わぬ苦戦を強いられている。 3月の欧州遠征メンバーからも外れ、井手口を抜擢したハリルホジッチも解任の憂き目に遭った。一時はW杯行きが約束されたかに見えた“日本のダイナモ”は今、何を思っているのか――。 * * * W杯イヤーの今年1月にイングランド2部のリーズ・ユナイテッドに完全移籍。ビザ発給の問題や出場機会確保を理由に、すぐにスペイン2部リーグのクルトゥラル・レオネサに期限つき移籍した。 1月21日(現地時間、以下同)のオサスナ戦で途中出場し、レオネサでのデビューを飾った井手口は2月18日にはラージョ・バジェカーノ戦で初先発。だが、この試合の前半で退くと、以降は8試合も出番を失っている。レオネサ移籍後は出場5試合、わずか109分しかピッチに立っていない(第35節終了時点)。W杯に向け、その状態は気になる。 ―22チーム中18位とレオネサが低迷するなか、なかなか出場機会を得られていないようですね。 井手口 先発で使ってもらったラージョ戦が、単純に全然あかんかったんでしょうね。だから使われていないだ...more
カテゴリー:

【フジテレビ】「月9ドラマ」長澤まさみで失敗のあとは上戸彩で最後の勝負? - 04月23日(月)13:49  mnewsplus

「月9ドラマ」長澤まさみで失敗のあとは上戸彩で最後の勝負? 2018年04月23日 11時50分 https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-49360/ 先ごろ一部のスポーツ新聞が、今年の7~9月期のフジテレビ“月9”ドラマに、女優の上戸彩の出演が内定したと報じた。 フジテレビの連続ドラマを代表する放送枠である“月9”は現在、長澤まさみが主演する『コンフィデンスマンJP』を放映中だが、初回の平均視聴率は9.4%と最初からふた桁を割り込んだ。 4月16日放送の第2回では、いきなり1.7%もダウンして7.7%と、早くも“放映回...
»続きを読む
カテゴリー:

【今週の視点】小売業 飲食店 社労士が災害減の切り札 中小経営者に助言 - 04月23日(月)10:01 

労働局と連携協定結ぶ 第三次産業で労働災害が多発するなか、東京労働局が、社会保険労務士の協力を得て新たな災害防止対策を開始する。講習を受けた社労士などが、小売業や飲食店などの経営者に対して意識喚起を行うもの。労働行政だけでは第三次産業事業場すべてに安全対策を浸透させるのは困難で、中小企業経営者と直接対話できる社労士の協力は、災害減少の切り札となり得る。……[続きを読む]
カテゴリー:

政治記者が明かす、安倍政権「激ヤバ未来予想図」 - 04月22日(日)06:30 

 大手メディアの調査で、不支持率が支持率を大きく上回った安倍政権。森友問題に関する財務省の文書改ざん問題で、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を見た国民が、安倍首相にNOを突きつけた形だ。そんな世論の一方で、政界付近で取材を続ける大マスコミの記者たちは政権をどう見ているのだろうか。テレビや全国紙の政治記者に、匿名を条件に話を聞くと、意外な答えが出た。 ■新聞やテレビの政治記者が暴露  まず、支持率の下落がはなはだしい安倍政権だが、記者のほとんどが「すぐには倒れない」といった趣旨の回答だった(以下、カッコ内に、記者の所属をテレビ局か全国紙かだけ示す)。「証人喚問直前の佐川さんは、前川さん(喜平前文科次官)のように、裏側すべてを暴露する“反乱”を起こすのではと注目されていました。だが、結果は逆。“知らぬ存ぜぬ”を繰り返す姿を見て、安倍政権の恐ろしさを再認識した官僚や関係者は多く、取材を重ねても口を塞ぐ人ばかり。森友問題で倒れる現実味は薄いと感じました」(テレビ局)  とはいえ、安倍政権が安泰というわけではない。「様子見の人は多い。“すぐに倒れることはないけど、ずっと続くわけではなさそう”と」(全国紙)  なぜなら、自民党内には“不満”が燻っており、「手厳しい意見を繰り返す石破茂元幹事長は言うに及ばず、首相批判を公の場で行うと決意した若手議員もいるそうです」(全国紙)  ...more
カテゴリー:

もっと見る

「切り札」の画像

もっと見る

「切り札」の動画

Wikipedia

切り札(きりふだ)は、トランプなどのカードゲーム、主にトリックテイキングゲームにおいて、最も強い札のことである。転じて、物事の帰趨を決する局面などで、その行方を左右する人物や物に対して使われるようになった。

歴史

知られるかぎり切り札が最初に使われたのは「トリオンフィ(trionfi)」というゲームで、タロットは本来はこのゲームを遊ぶ目的で作られた。「トリオンフィ」という言葉は、フィレンツェの1440年の文献に記載されておりSTUDIES ON GIUSTO GIUSTI by Franco Pratesi, 09.07.2012 (trionfi.com)、初期にはタロット自身を指していたようだが、後にタロットを使ったゲームの名称になった。

トリオンフィと同時期かやや早くからあったゲームに Imperatori(1423初出)や Karnöffel(1426初出)などがあった。後者は特定のスートの一部のカードに悪魔・法王・皇帝などの絵が描かれていて、それらのカードが切り札として働くものだったらしいImperatori, Karnöffel and others (trionfi.com)。

タロットでは専用の切り札21枚および愚者という特殊なカードが付け加えられた(オカルトの世界では大アルカナと...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる